海外移住

40代の元サラリーマンが海外セミリタイア実践中:質問に答えます!

40代の元サラリーマンが海外セミリタイア実践中:質問に答えます!

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

先日Youtuberをされているまるみさん(@maru_mmmr)から、下記の様なツイートを頂きました。

このツイートの直後に具体的な質問も頂き、なんと今回頂いた質問やそれらの回答をYoutubeでライブ配信することになりました!

 

【YouTubeライブ開催】5000万で家族と海外移住&セミリタイアinフィリピン

そこで今回は当日のYoutubeライブ当時で話題に上がる質問及びそれらの回答について、事前に記事にして情報を共有します。

特に9月6日(日)のYoutubeライブに参加される方は、この記事を事前に読んで頂くと当日話がより分かりやすくなりますのでご活用ください。

なお今回頂いた質問は下記の4点です。

・生活費収入源について
・他のアジア移住先候補地
・海外移住した子供の感想
・メリットとデメリット

実際に海外で家族4人とセミリタイア生活を送っている、40代元サラリーマンのリアルな実情についてお話しします。

それでは早速始めましょう!

40代元サラリーマンが海外セミリタイア:生活費の現実

40代元サラリーマンが海外セミリタイア:生活費の現実

まず初めにご質問頂いたのは、我が家(家族4人)の生活費収入源についてです。

・生活費の詳細
・生活費の収入源

上記の2点についてこれから説明します。

40代元サラリーマンのセミリタイア暮らし:生活費の詳細

基本的な生活費は月20万円です。

毎月20万円あればフィリピン我が地方都市で家族4人、「楽しく」「苦しまず」「快適に」暮らせます。

内訳などの具体的な内容については、【体験談】フィリピンの生活費はいくら?独身や家族持ち向け現地情報をご覧下さい。

そして移住後1年もすれば、節約出来るコツが分かってくるので、更なる生活費の削減も可能になります。

我が家の場合は1年目は月20万円の生活費でしたが、海外生活2年目に突入した現在は月17万円弱で暮らしています。

海外移住後の生活費は本当に安いの?暮らして分かった費用と内訳

但し多少の余裕も見ておきたいので、我が家では資産計画上は毎月の生活費を月20万円として計算するようにしています。

生活費20万円に入っているものいないもの

項目〇/✖
1家賃
2食費/消耗品
3携帯/ネット
4電気/ガス/水道
5移動費
6学費(子供2人分)
7外食/遊興費
8税金/インフレ
9医療費/医療保険

〇=入っている
✖=入っていない

40代元サラリーマンのセミリタイア暮らし:生活費の収入源

私は5000万円を貯めてからセミリタイア生活を始めました。

そして我が家の現在の生活費は、5000万円の一部を取り崩して捻出しています。

我が家の具体的な生活費の捻出先(予定)は下記の通りです。

・45歳からセミリタイア生活を開始

・5000万円の貯金を分散投資

1)現金1300万円
2)インデックス投資信託:1900万円
3)個人年金:1200万円
4)生命保険:600万円
※1)以外は年利4%目標で運用中


・そのうち現金として1300万円を保有

・48歳までには現金が無くなる

・それ以降は1900万円分の投資信託から

・59歳までには投資信託が無くなる

・60歳からは個人年金からの受給で暮らす
・私が死んだら5000万の保険金が家族へ

40代元サラリーマンのセミリタイア暮らし:仕事について

上記でお話しした計画では、48歳で現金がなくなり59歳時点でインデックス投資している投資信託も無くなります。

しかしこの試算には、働いたりして収入を得ることが含まれていません

先日もうどうしても働きたくない!5000万円で家族とリタイアはアリ?で試算した通り、5000万円の貯金だけで毎月20万円の生活費で暮らした場合、働いたりせずに収入が全く無い状態だと、70歳前後でお金が無くなり生活が破綻するでしょう。

よって我が家の当面の目標は、現金が減るスピードを出来るだけ遅らせるべく、いかに収入を確保するかとなります。

詳細は現在アーリーリタイア中:セミリタイア後の生活費はどうしているの?で詳しくお話ししており重複するのでここでは避けます(詳しく知りたい方はご覧下さい)が、もし夫婦で毎月各3万円とか5万円の収入があれば、48歳で無くなってしまう現金が52歳の途中まで持つ計算になります。

毎年具体的な目標を数値で用意することが大切です
我が家の目標
・45歳スタート時点⇒0円(準備期間)
・46歳時点⇒夫婦で各々3万円/月
・47歳以降⇒夫婦で各々5万円/月
・50歳以降⇒夫婦合わせて月20万円/月

私の今後の収入源としては、下記のようなものを考えています。

・ブログ
・現実的なセミリタイア計画作成
・現実的な海外移住計画作成
・海外移住予定先の現地調査

40代元サラリーマンが海外セミリタイア:移住先候補地

40代元サラリーマンが海外セミリタイア:移住先候補地

現在私はフィリピンの中堅地方都市(人口10万人強)に住んでいます。

しかし正直言えばどうしても海外移住したい理由も無いですし、日本で暮らしたくない訳でも決してありません

私がこのフィリピンの地方都市に住んでいる理由は

1.毎月20万円の生活費で
2.家族4人が楽しく暮らせ
3.移住ビザも他国より安く&取得しやすく
4.子供がそれなりの教育を格安で受けられ
5.英語圏の様な環境で
6.不便やガマンの少ない生活を

送ることが出来る場所だからです。

詳細については早期リタイア後は海外移住してセミリタイア生活!初めての国と都市でお話ししているのでここでは割愛しますが、私が調べた限りではこのような場所はフィリピン我が地方都市だけでした。

例えば私が移住を検討したタイやマレーシアでは、上記6項目をクリアできません。

 項目マレーシアタイフィリピン
地方都市
1生活費2
2楽しく
3ビザ費用
4教育&学費
5英語圏
6不便や我慢

※評価
〇=良い/安い
△=まあまあ
✖=良くない/高い

海外に移住したいなら移住ビザが必要:人気3ヵ国のビザを徹底比較

この他にもアメリカやシンガポール、も少し検討しましたが、高額な生活費や移住ビザの取得などの費用面で断念しました。

【体験談】海外移住後の生活費:日本アメリカフィリピンを徹底比較

また同じフィリピンでも大都市で暮らすとなれば、月の生活費が20万円では足りなさそうなので、我が家は特に学業にも力を入れていると言われている地方都市を選びました。

40代元サラリーマンが海外セミリタイア:子供の感想

40代元サラリーマンが海外セミリタイア:子供の感想

我が家は2里の子供(移住当初は幼稚園と中学生)がいますが、それぞれ移住前と移住1年後の感想は下記の通りです。

幼稚園児の感想
※移住前
・海が近くにあって嬉しい
・山も近くにあり楽しみ
※移住後
・プールや海で遊べるのが嬉しい
・イオンに行きたい(ゲームセンター)

中学生の感想
※移住前
・友達と離れるのは寂しい
・出来れば行きたくない
※移住後
・思ったより友達と連絡を取り合える
・食べ物が思ったよりおいしい
・個性が重視される教育が好き
・イオンに行きたい(UFOキャッチャー)

またフィリピン我が地方都市には、日本から母子で親子留学されている方々がたくさんいらっしゃいます。

それらの方々と交流する機会も多く、我が子以外のお子さん(7歳以下が多い)を見ていても、外国暮らしがイヤで日本に帰りたいと言っている子は、私が知る限り見たことがありません

それどころかお母さんとの海外生活を楽しみ、週末はプールや海、または近くの島に遊びに行ったりと思いっきり楽しんでる方も多々います。

学校も英語が苦手な子供用の学校(インターナショナルスクール)もあり、学費も月7千円前後と格安で通うことが出来るので、初めての海外移住先としてはハードルがかなり低いでしょう。

40代元サラリーマンが海外セミリタイア:良い点悪い点

40代元サラリーマンが海外セミリタイア:良い点悪い点

私は40代でサラリーマン生活を終わらせ、海外で家族とセミリタイア生活をしている訳ですが、もちろん日々の生活で良いこともあれば悪いこともあります

以前セミリタイアするメリットやデメリットについては、【体験談】サラリーマンがセミリタイアするデメリットで詳しくお話ししたので興味がある方は読んで頂きたいのですが、概要をまとめると下記の通りとなります。

セミリタイアするメリットは、多くの皆さんが想像される通りです。

例えば「嫌な仕事をしなくて良い」とか、「嫌な環境で長時間働かなくて良い」とか。

そしてセミリタイアする主なデメリットは

・日々の孤独と
・収入確保のプレッシャーと
・夫婦ケンカが増える

ことです。

しかしこれらのデメリットはセミリタイア開始直後に起こることですので、その後の努力次第で少しづつ改善されます。

40代元サラリーマンが海外セミリタイア:伝えたいこと

40代元サラリーマンが海外セミリタイア:伝えたいこと

最後に私が40代でサラリーマンを辞め、海外でセミリタイア生活を送って初めて分かった、大切なことを3つお話しします。

既に知っている方もいるかもしれませんが、その場合は読み飛ばしてください。

私がこれからセミリタイアや海外移住を目指す方に、伝えたい大切なことは下記の3点です。

セミリタイアを目指す方へ

1.成功の秘訣は一番身近な人
2.転職活動で決断する練習を
3.セミリタイアは十人十色

海外移住を目指す方へ

1.成功の秘訣は一番身近な人
2.転職活動で決断する練習を
3.海外勤務で予行練習

40代元サラリーマンのセミリタイア暮らし:身近な人が重要

セミリタイアにせよ海外移住にせよ、1番と2番は同じ内容です。

まずは1番の「成功の秘訣は一番身近な人」についてお話しします。

一番身近な人といえば、独身の方であれば両親や親友。

既婚者であれば通常は奥様か旦那様でしょう。

もしセミリタイヤ海外移住を成功させたいなら、まずは全力で自分に一番身近な人を仲間に取り入れましょう!

これが出来れば成功の90%は約束されたも同然です。

具体的な理由や詳細について知りたい方は、早期退職してブログで情報発信:セミリタイア生活成功のコツと注意点をご覧下さい。

上記の記事を読むと分かりますが、我が家もそうでしたが一番身近な人に「セミリタイアや海外移住したい」といえば、おそらく初めは100%反対されます。

そんな時は奥様や彼女に「セミリタイアや海外移住もアリかも…」と思ってもらえる情報を提供しましょう。

例えばフィリピン我が地方都市の場合は、下記の様なメリットがあります。

メリット価格/情報
1自宅でヨガの先生とレッスン2500円/月
2近くの公園でズンバレッスン40円/回
3顔や首のシミ取りやいぼ取り10000円/回
4家政婦さんを雇い家事を委託15000円/月
5自宅で英語家庭教師レッスン300円/1時間
6スタバもありド田舎ではない人口10万人以上
7リタイア後に住みたい都市
世界第5位
アメリカ経済誌
フォーブス
8アメリカ人や西洋人も多いリタイア組
9インターナショナルスクールもある英語初心者OK
10SNSで日本人と情報交換が出来るコミュニティー
有り
11設定すれば日本のテレビも見れるスリングボックス

奥様などを説得する際に、ご活用ください。

40代元サラリーマンのセミリタイア暮らし:転職活動の効果

セミリタイアや海外移住には大金が必要です。

例えば家族4人でセミリタイアした私の場合は5000万円でしたが、これほどの貯金を出来るだけ早くする為には、自分の収入を上げることが効果的です。

つまり給与が高い仕事への転職です。

ここで大切なのは、転職活動をする意味が単なる「高い給与をもらう為」だけではないという点です。

私が転職活動をおススメする本当の目的は

・自分の知らない世界に目を向け
・自分の市場価値を冷静に把握し
・自分を売り込み
・自分にもっとあった仕事が無いか分析し
・本当に転職するのかしないのか決断して
自分や家族が幸せになれる選択肢を増やす

為です。

今より高給の仕事に転職したければすれば良し。

自分で新しい世界に踏み込み、自分で行動して経験を積み、転職するのか自分で決断する。

セミリタイアや海外移住では、自分で決断することが多々ありますので良い練習になります。

製造業専門のメイテックネクストで転職活動:給与や職場環境を改善!


海外でフルリモート在宅勤務!移住前に日本で転職して一番得する方法

※エンジニア技術を勉強して将来フルリモートで働く

※ITエンジニアやWebデザイナー向け

40代元サラリーマンのセミリタイア暮らしは十人十色

セミリタイアで求める暮らしは人それぞれです。

10人いれば10通りのセミリタイアがあります。

3種類のセミリタイアとは?プチセミリタイアや隠れセミリタイアとは

よってあまりセミリタイアという言葉にとらわれすぎず、自分にとってのセミリタイアとは何か、会社を辞めてどんな暮らしをしたいのかをまずイメージしてみましょう。

そしてイメージした暮らしを達成する為の作戦を立て、あとはコツコツと実行するだけです!

40代元サラリーマンの海外移住は海外勤務で予行練習!?

もし本気で将来海外移住を検討しているのならば、海外で働ける海外駐在員などへの転職活動を始めましょう。

海外駐在員は給与も増え、海外での生活も経験出来るので、海外移住を狙う方には特におすすめの職業です。

最近では海外勤務専門の転職サイトもありますので、上手に活用して海外の暮らしを体験しましょう。

※年収400万円以上の方
(手取りではなく総支給額)
海外求人採用:転職エージェントJACリクルートメントで海外移住!

※年収600万円以上
(手取りではなく総支給額)
海外駐在帰りの転職はサムライジョブ!活用すべき理由と登録方法

今回は私の実体験談「40代の元サラリーマンが海外セミリタイアして分かったリアルな実情」についてお話ししました。

しかし結局のところこれはあくまで私専用のプランであって、皆さんにはそれぞれ違った計画があるべきです。

そこでまずは自分自身でセミリタイアや海外移住に向けた、計画や作戦を作ってみましょう。

もし作り方が分からなければ、セミリタイアして後悔しない為に大切な「全体計画」と「失敗の定義」をご覧いただくか、ネット無料相談:セミリタイアや海外移住の体験談や情報を聞く方法でお話しすることも可能ですので記事を読んでご連絡下さい。

ネット無料相談:セミリタイアや海外移住の体験談や情報を聞く方法
ネット無料相談:セミリタイアや海外移住の体験談や情報を聞く方法セミリタイアや海外移住の体験談や情報を聞きたい方向けに、ネットで無料相談を受け付けています。現時点では完全無料ですが、将来的には有料化するかもしれませんのでお早めにどうぞ。...

最後にもう一度宣伝を。

今週の日曜日9月6日夜10時から、Youtuberまるみさんのライブ配信に出演します。

今回の記事に書いた内容についても深掘りしますので、ご興味がある方は参加いただければと思います。

当日はその場でチャットで質問も受け付けていますので、不明点はお気軽に聞いて下さい!

ご清聴ありがとうございました(^^)/

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。