フィリピン生活

【体験談】フィリピンの生活費はいくら?独身や家族持ち向け現地情報

【体験談】フィリピンの生活費はいくら?独身や家族持ち向け現地情報

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

早速ですがフィリピンって、何となく生活費が安いイメージありませんか?

ちなみに私が移住前に持っていた勝手なイメージは

・毎日海辺のハンモックでゆったり
・1杯100円くらいのカクテルを飲み
・1食200円くらいのご飯を食べる

もちろんカクテルやご飯は貧しいものではなく、日本で頼めば500円以上は間違いなくするレベル。
毎月の生活費は独身であれば5万円くらい、家族持ちでも10万円くらい・・・。

私は2019年からフィリピンの地方都市に家族4人で生活していますので、これらのイメージと現実は大きく違うと移住してから分かりました。
詳細については後述しますが、1杯100円のカクテルはありませんし、1食200円の食事は存在しますが質素なものが殆どです。

そこで今回は私が昔の自分にも教えたい、現実的なフィリピン地方都市の生活費はいくらなのかについてお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の3つについて分かります。

・フィリピン地方都市の生活費:独身者編
・フィリピン地方都市の生活費:既婚者編
・フィリピン地方都市の生活費:生活レベル

我が家が実際にフィリピンで生活して分かった、経験や体験談も踏まえてお伝えします。

なお今回は私が現在住んでいる、フィリピン地方都市の生活費となります。
マニラやセブ等の都会であれば、生活費はもっと高くなるのでご注意ください。

それでは早速始めましょう!

フィリピン地方都市の生活費:独身者編

フィリピン地方都市の生活費:独身者編

独身の方がフィリピンの地方都市に海外移住された場合、生活費として必要な額はおおよそ月10万円です。
もちろん月7-8万円でも生活は出来ますが、現地の方よりの生活になるので不便&不快に思う事(食事の質や虫が多いアパート等)が増えるでしょう。

項目金額
(フィリピンペソ)
1住居関係
(家賃、公共料金)
20000
2食料品、外食費24000
3その他
(携帯/ネット/移動)
2000
合計46000

※1フィリピンペソ=2.1円として試算
46,000ペソ✖2.1円=96,600円

フィリピン地方都市の賃貸アパート:独身向け

今回の試算では家賃と公共料金込みで20000ペソ(約4万円)としています。
正直20000ペソは、他の賃貸と比べ大変高額です。
通常10000ペソ(約2万円)ほど出せば、1人向けの物件はたくさんあります。

しかし先ほども少しお話ししましたが

・虫や異臭に悩むことが少ない
・泥棒などが入りづらい安全な場所

を希望するなら、このくらいの予算で初めは考えておきましょう。
安くなる分には問題無いと思いますので、ここでは少し余裕を見た金額で試算します。

これだけの高給アパートに住めば、日々の生活も快適に暮らせます。

快適の定義
・家に虫(アリ、ゴキブリ等)が殆ど出ない
・ゴミ出しを好きな時に出来る
・草むしりもしなくて良い
・家の周りを掃除しなくて良い
・公共料金の手配を代行で行ってくれる
・スクーターや車を洗ってくれる
・不在時に荷物を受け取ってくれる
・きちんと教育されたスタッフが数名いる

ちなみにフィリピンの公共料金は、電気代以外は格安です。
独身であれば月2000ペソ(約4000円)前後だと思いますが、どれだけ電気を使う生活なのかによって金額は大きく変わってきます。
フィリピンの公共料金について詳しく知りたい方は、アメリカやフィリピンに海外移住するなら知るべき電気ガス水道代比較をご覧下さい。

独身のフィリピン自炊&外食&消耗品費用

次に独身者がフィリピン地方都市で生活する際の、自炊や外食及び消耗品費用についてお話しします。

費用面だけ考えれば、独身の方は外食の頻度を増やしたほうがお得です。
特にフィリピン地方都市を始めとする物価が安い都市に住めば、スーパーで1人分の材料を買って来て家で自炊するより、外で食べてしまった方が安いこともあるでしょう。

我が地方都市では1人500ペソもあれば、3食(朝・昼・晩)おいしいものが食べられます。よって1ヶ月30日とすれば、独身の場合の外食費自体は15,000ペソで十分です。

外食1外食2
外食3外食4
外食5外食6

今回の外食費の中には、酒代も5000ペソ(約1万円)ほど入れてあります。
ビールは1本50ペソ(約100円)前後ですので、1ヶ月100本ほど飲める予算を取りました。
飲みすぎにはご注意ください…(笑)
なおビール以外のワインなどは、おおよそビールの3倍前後の価格で割高です。

消耗品やたまに家で食べたいものがある場合の予算は、今回4000ペソ(約8000円)で考えました。

主な消耗品の一例

商品価格
(フィリピンペソ)
シャンプー
リンス
ボディーソープ
各200ペソ
(400円)
石鹸50ペソ
(約100円)
洗濯用洗剤
アリエール
1キロ
250ペソ
(約500円)
洋服
ズボン
ワンピース
各250ペソ
(約500円)

※価格は概算

独身のフィリピン携帯&ネット&移動費用

次に海外で生活する際の、自炊や外食及び消耗品費用についてお話しします。
フィリピンの場合、各費用の相場は下記の通りです。

フィリピンの携帯代は15日で60ペソ

フィリピンには2大キャリアのグローブとスマートがありますが、実際現地人が使っているのはそれらより安いキャリアのSMやTNTやSUNやチェリーモバイルです。

そして日本語のネット情報ではあまり見かけませんが、安いもので15日間約1G=50~60ペソのプランがあります。
グローブやスマートの約2分の1です。

これはデータのみの料金で、通話は別途1分7ペソくらい必要です。
海外移住の場合はそれほど電話は必要ないと思いますので、上記予算では300ペソで計算しましたが、実際はこの半分くらい(150ペソ前後)でも十分可能です。

フィリピンのインターネット代は平均1500ペソ

フィリピンにはPLDT(スマートの親会社)やグローブが提供している自宅用インターネットサービスや、電力会社などが提供しているGoogle Wifiなどがあります。

いずれも月999~1999ペソの価格帯が多く、今回は平均の1500ペソで試算しました。

私が実際契約しているアパートは、月1000ペソで契約可能です。
スピードも上下各20Mは出ており非常に快適です。
家賃の高いアパートは、こういったインフラメリットがある場合もあります。

フィリピン町内の移動費は平均300ペソで十分

フィリピンの街中を移動する際は、自分のバイクで移動する場合と、トライシクルというタクシーのような乗り物を使う場合が主流です。
通常それぞれ月300ペソ(約600円)もあれば、ガソリン代や運賃(トライシクルは1回10ペソ)は十分でしょう。

フィリピン地方都市の生活費:既婚者編

フィリピン地方都市の生活費:既婚者編

家族持ちや子連れの方が我がフィリピンの地方都市に海外移住された場合、生活費必要額はおおよそ20万円です。

独身との違いは大きく下記のような点です。
・広い家が必要=家賃が大きく上がる
・子供の養育費(学費、塾等)が必要
・人数分の食費や外食費が必要
・公共料金(電気、ガス、水道)はそれほど大差なし

家族持ち向けの生活費については、説明が重複してしまうので海外移住後の生活費は本当に安いの?暮らして分かった費用と内訳を参照下さい。

海外移住後の生活費は本当に安いの?暮らして分かった費用と内訳
海外移住後の生活費は本当に安いの?暮らして分かった費用と内訳海外移住後の生活費は本当に安いのか。実際にフィリピンの地方都市に海外移住して分かった費用と内訳について説明しています。海外の生活費は日本に比べて安いところが多いです。しかしサービスや安全面で不安だったり、英語で暮らす生活が心配だったりするので事前の準備が大切です。海外移住すれば生活費は安くなりますがデメリットも考えましょう。...

フィリピン地方都市の生活費:生活レベル

フィリピン地方都市の生活費:生活レベル

独身及び家族持ち子連れの方がフィリピンの地方都市に海外移住された場合、上記の生活費で下記のような暮らしをすることが可能です。

「毎日の暮らし」の一例
・泥棒の心配が少なく
・異臭に悩むことも少なく
・アリやゴキブリも少なく
・エアコンが完備された部屋で
・本を読んだりゆっくりしたり
・安全なアパート敷地内で子供と遊び
・海外移住も悪くないなと思える暮らし

贅沢は出来ませんがストレスの大変少ない、日々豊かでゆったりした生活を送ることが出来ます。

「贅沢」の一例
・家政婦さんに家の掃除や洗濯をしてもらう
・マッサージに週3回行く
・外食は基本1人300ペソ(約600円)以上
・予算を気にせずに暮らす

独身の方にせよ家族持ち子連れの方にせよ、事前に移住する国や都市を厳選すれば、日本で生活するよりも「ゆとりのある暮らしを送ることが出来ると私は思います。

もちろん移住に際して必要なビザ費用などの一時的出費はありますが、長期的に考えればそれでも海外での生活にもメリットはあると思います。

例えば下記の記事では海外移住に必要な一時出費について書いていますが、フィリピンの場合は480万円の費用のうち350万円は預託金です。
よってビザを返せば戻ってくるお金なので、実際の負担額は約130万円(家族4人の場合)になります。

【体験談】海外移住の費用について:必要なお金の総額と内訳を大公開

もし現在の生活に何らかの不満を持っているのであれば、独身の方であれば月10万円、既婚者であれば月20万円で、環境を大きく変えて

・気楽に
・人付き合いのわずらわしさもない
・人間関係に悩まずに済む
・日々の激務からを抜け出せる環境で

生活されるのも選択肢の1つだと私は思います。

最近ではネットでの仕事も可能ですので、我が家もそうですが海外移住後も収入を得続けることが可能です。

海外移住後の仕事について:事前に知っておきたい仕事の種類と注意点

年々身近になってきている海外移住生活、かなりオススメです!

ご清聴ありがとうございました(^^)/

海外移住に関するメリットやデメリット、治安や医療関係の不安、英語力や子供の教育に関する疑問や不明点については早期リタイア後は海外移住してセミリタイア生活!初めての国と都市を参照下さい。

早期リタイア後は安い海外移住先でセミリタイア!初めはこの国と都市
早期リタイア後は安い海外移住先でセミリタイア!初めはこの国と都市英語が苦手でも海外移住出来るのか。海外移住する上で生活費の安い、おすすめの国や都市について説明しています。英語なら我々はある程度話すことが出来ます。よっておススメの海外移住先は英語圏です。そして生活費の安い海外移住先となれば、フィリピンの地方都市を忘れずに選択肢に入れて検討しましょう。...
ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。