海外移住の目指し方

【体験談】徹底解説!家族とフィリピンに海外移住して分かったこと

【体験談】徹底解説!家族とフィリピンに海外移住して分かったこと

こんにちは。現在家族4人と海外移住しながら、セミリタイア生活中のアキラといいます!

早速ですが皆さんは、暮らしてみたい海外の国や都市がありますか?

白サイくん
白サイくん
お前本当はどこに住みたかったんだ?
アキラ
アキラ
…ハワイです

しかし実際のところ私は2019年に約20年務めた会社を早期退職して、フィリピンの地方都市ドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)に海外移住して、月20万円以下という割安な生活費でセミリタイア生活を送っています。

白サイくん
白サイくん
ハワイもいいけどフィリピンも気に入ってるぜ!

実際私はハワイに海外移住できませんでしたが、そのことで不幸になったとは思っていません

海外移住を検討するとなれば、どんな場所に住もうか誰だって悩みます。

・理想と現実
・限られた予算
・言葉の問題
・家族や恋人の要望
・子供の将来
・親や親族との関係

みんな悩むことは大体同じだと思います。

そこでこれから現在家族4人とフィリピンの地方都市ドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)に海外移住中の私が、初めて海外移住する方で英語が苦手でも暮らしやすくて、生活費も安いおすすめの国と都市についてお話しします。

これを読めば皆さんが海外移住を検討する際、私が海外移住で安く暮らしつつ、実際にソンをしたりトクをしたことが分かるので、事前に情報として知っておくと便利で有利になるでしょう

具体的には

  1. ドゥマゲッティがおすすめな訳
  2. フィリピンドゥマゲッティのメリット
  3. フィリピンドゥマゲッティのデメリット

今回は早期リタイア後にセミリタイア生活を海外で行うことを想定していますが、もしも在宅勤務やフルリモートが可能な仕事ならば、アーリーリタイアする前に海外移住することも十分可能です。

実際に日本からフルリモートで仕事の依頼を受けて給与をもらい、生活されている方も我が街にはいらっしゃいます

【体験談】海外でフルリモート在宅勤務したい!どうすればいいの?
【体験談】海外でフルリモート在宅勤務したい!どうすればいいの?海外でフルリモート勤務したい方に向け、海外移住生活17年以上の筆者が、自分の体験談を基に徹底解説しています。具体的にやるべきことや、行動するとトクな裏技など、海外でフルリモート勤務する為の情報をまとめた記事です。...

フィリピンに海外移住中!おすすめな国や都市はどこ?

フィリピンに海外移住中!おすすめな国や都市はどこ?
私は実際に自分が住んでみて分かりましたが、皆さんにもおススメしたいのがフィリピンの地方都市でのお気楽のんびり生活です。

特に海外移住初心者の方には、2つの理由でフィリピンの地方都市をおススメします。

  1. 生活費が安い
  2. どこでも英語が通じる

フィリピンと言われてもマニラやセブは聞いたことがある方も多いと思いますが、私がおススメするのはそのような大都市ではなく、人口が10~50万人ほどの地方都市です。

フィリピンの地方都市一例
・イロイロ
・パコロド
・ドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)
・バギオ

なお生活費をできるだけ抑える必要のないお金持ちの方や、現地の言葉を学ぶ意欲の強い方フィリピンにこだわる必要は無いでしょう。

月30万円前後の生活費があれば、マレーシアなど他の東南アジアの国を。

月40万円前後の生活費があれば、東南アジア以外の国も検討すべきです。

フィリピンのドゥマゲッティに海外移住するメリットは?

フィリピンのドゥマゲッティに海外移住するメリットは?

いくら海外移住すれば生活費が安いとはいえ、英語が苦手なのに海外で暮らすことは不安でかもしれません。

そもそもフィリピンなどの外国で暮らすことを検討する際、デメリットよりメリットのほうが多くなければ海外移住などしたくないはずです。

フィリピンのドゥマゲッティで暮らすメリットは

  1. 物価が安い
  2. 英語が通じる

の2つです。

フィリピンに海外移住するメリット:物価が安い

日本を離れて東南アジアなどの国で暮らせば、物価が安いので格安で生活できます。

私は以前海外駐在員としてアメリカに約12年住んでいましたが、その際の生活費や日本での生活費と比べても、やはり東南アジア諸国の生活費は断トツに安いです。

東南アジアでも大都市は生活費が高い

ここで注意が必要ですが、東南アジアでも大都会で暮らせば生活費は高くなります。

例えば我がフィリピンの地方都市であれば、家族4人20万円前後で生活出来ます。

しかしマニラやセブで同水準の生活をすれば、30万円前後は必要でしょう。

フィリピン地方都市なら教育費も激安

例えばフィリピンの地方都市であれば、生活費だけではなく教育費も激安です。

我が家の場合、子供2人(幼稚園と中学校)の年間授業料は合計で約20万円です。

これに我が家の場合、英語の家庭教師や塾の費用が年間約4万円。

海外で家庭教師を雇おう!フィリピン人の時給や英語力などを徹底解説
海外で家庭教師を雇おう!フィリピン人の時給や英語力などを徹底解説海外で家庭教師を雇う際、フィリピンだったら時給や英語力はどうなのかについて説明しています。フィリピンの家庭教師は1時間300円前後の場合が多く、英語力も海外の国と比べると高いので優秀です。しかしフィリピンの家庭教師は、基本英語しか教えてくれません。また海外で家庭教師を雇う際は、なかなか良い先生に出会えないので根気が必要です。...

子供2人分の教育費は毎月約2万円弱です

フィリピンの学校は基本英語での授業となりますので、必然的に英語力も身に付き大変お得な環境です。

フィリピンの学費はいくら?幼稚園から大学まで入学手続きを徹底解説
フィリピンの学費はいくら?幼稚園から大学まで入学手続きを徹底解説フィリピンの学費はいくらか?実際に子供がフィリピンの学校で学んでいる筆者が、幼稚園から大学までの学費や入学手続きについて徹底解説しています。授業は全て英語が基本なので、フィリピンの学校に通うと基本的な英語力が身につきます。学費や入学手続きについて知りたい方向けの記事です。...

フィリピンに海外移住するメリット:英語が通じる

海外生活を行う上で、言葉は避けて通れない課題です。

もし海外で暮らすのならばその国の言葉を学び、最低限意思疎通できるくらいまで使えるようになることが絶対条件です。

ホンネを言えばフィリピンの地方都市だけが、特段物価が安いという訳ではありません。

別に物価が安い東南アジア近辺の国は、他にいくつもあります。

  • タイ
  • マレーシア
  • インドネシア
  • 台湾
  • ベトナムなど

しかしこれらの国の中で、英語が最も通じる国はフィリピンです。

私はフィリピンに海外移住してから英語が話せないフィリピン人の方に出会ったことがありません

フィリピンの国際的な英語力については、英語力を向上させたい!短期間で伸ばしたい人向けフィリピン語学留学をご覧ください

 

マレーシアも良いのですが、フィリピンに比べれば英語が通じる場所も少なく、また移住ビザの条件や申請費用を見ても割高なのがデメリットです。

【体験談】フィリピンの英語教育は実際どうなの?通学して分かったこと
【体験談】フィリピンの英語教育は実際どうなの?通学して分かったことフィリピンは英語圏と思えるほど、高い英語力を国民が持っています。その理由はフィリピンではアメリカ文化が多く入り込んでいて、それはまるで英語圏の国と同じです。フィリピンは英語圏と思えるほど、アメリカに大きく影響を受けています。フィリピン講師から格安で英語を学ぶのはおススメです。...
【体験談】フィリピンの学校生活はどんな感じ?ドゥマゲッティの場合
【体験談】フィリピンの学校生活はどんな感じ?ドゥマゲッティの場合フィリピンの学校生活はどんな感じなのか?現在子供たちがドゥマゲッティの学校に通っている筆者が、リアルな現実について徹底解説しています。学校の雰囲気や意外に重要な校長先生。フィリピンの学校生活について知りたい方向けの記事です。...
フィリピンのドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)での親子留学を徹底解説!
フィリピンのドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)での親子留学を徹底解説!現在フィリピンのドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)に家族と住んでいる筆者が、この街での親子留学について徹底解説しています。実際に親子留学中の方々のリアルな情報を基に、海外親子留学を検討している方が、フィリピンのドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)も検討すべきかが分かります。...

英語が通じる有難さ

海外生活初心者の方で「英語が出来ない」とか「英語が話せない」と自分でおっしゃる方は多いです。

※こんなカタカナ英語でも十分暮らせます

確かに日本語と比較すればそうかもしれませんが、もし「タイ語」や「マレー語」などと比べたらどうでしょうか。

我々は英語で数字を言えます。ワン、ツー、スリー・・・。
大きい(ビッグ)、小さい(スモール)、良い(グッド)、悪い(バッド)・・・知ってます。

皆さんはタイ語やマレー語で、上記の単語を何というかご存じですか?
私は残念ながら知りません。

ほぼ日本語しか知らない人が初めて海外移住するのであれば、フィリピンの様に国民のほとんどが英語が話せる英語圏の国を選びましょう。

海外生活15年で判明:これで解決!海外移住で困らない英会話学習法
海外移住17年で判明!海外生活で英語に困らない無料有料学習法5選海外移住17年の筆者が海外生活で英語に困らない為の英会話学習法5選をご紹介。4つが無料で1つのみ有料。無料で海外移住生活に役立つ英語力を身に着けたければ、周りの環境を利用することです。そして短期間で効率よく海外生活に役立つ英語を学ぶには、有料の方法も検討しましょう。...

フィリピンは東南アジアランキング第1位の英語圏

これは意外かもしれませんが、フィリピンは英語を話す人が本当に多い国です。

しかもこれはマニラやセブなどの大都市だけに限ったことではなく、地方都市でも同じです。

現在私は人口10万強のフィリピンにある地方都市に、家族4人で住んでいますが

  • 学校
  • 病院
  • スーパー
  • ピザ屋
  • レストラン
  • 小さな床屋
  • 小さなパン屋
  • 小さなパンク修理屋
  • 小さな個人商店

英語を話せない人に、出会ったことがありません。

1個4円のパンを売っているような小さな店の店員さんとも、英語で会話できますので大変助かっています。

フィリピンならまるで英語圏に住んでいるような感覚で、日々の生活をおくことが可能でしょう。

これは海外移住する上で、タイを始めとする他の東南アジアの国々や、その他物価が安い国には無い強みです。

既婚者と独身者では必要な語学力が違う

もし独身の方が海外生活しても、言葉で苦労する事は少ないです。

  • カフェやレストランで注文する
  • タクシーで目的地まで行く
  • スーパーで買い物する

これらは言語が分からなくても、指差しや建物の名前を伝えれば相手にわかってもらえます。

しかし既婚者の場合は、そう簡単には行きません。

例えば子連れで海外生活するとなれば、学校とのやり取りが発生します。

  • 長期休みのスケジュールについて
  • 成績について
  • 来週のイベント内容について
  • 友達の誕生日会について

自分のことであれば多少あいまいで済ませるような内容でも、子供の将来が関係しているのであれば、100%とは言いませんが理解する必要があります。

英語ならまだ努力次第で何とかなる可能性はありますが、タイ語やマレー語などこれから1から覚える言語では正直限界があります。

よくブログ等で「言葉は分からなくても、海外生活は出来る」と話されている方を見かけます。
おそらくそれは正しいのかもしれませんが、私の知る限りそれらは独身の方の場合で家族の場合ではありません

海外駐在17年:海外移住する子供が最低限の英語を勉強する方法は?
海外駐在17年:海外移住する子供が最低限の英語を勉強する方法は?海外駐在17年の筆者が、子供と一緒に海外移住する際に、最低限の英語を勉強する方法について徹底解説しています。基本的には子供が楽しんで学べる子供専用の英会話スクールがおすすめです。これから子供と海外移住を検討していて、英語を勉強したい方向けの記事です。...
【英語できない大人専用】海外移住に必要な英語力を勉強する方法は?
【英語できない大人専用】海外移住に必要な英語力を勉強する方法は?英語できない大人向け、海外移住に必要な英語力を勉強する方法について徹底解説しています。海外生活17年の筆者が実際に体験して分かった、海外移住生活に最低限必要な英語力を身につける方法とは?英語ができないけど勉強して海外移住したい人向けの記事です。...

フィリピンのドゥマゲッティに海外移住するメリットは?

フィリピンのドゥマゲッティに海外移住するメリットは?

もちろん安い海外移住先では、良いことばかりではなくデメリットもあります。

早期リタイア後のセミリタイア生活を海外で過ごすデメリットは、大きく下記の3つです。

  1. 英語を勉強する努力
  2. 移住費用が別途必要
  3. 異国で辛い思いをする

これらデメリットの詳細と解決策については、別記事にもまとめましたので参照下さい。

海外移住体験記:徐々に出てくる「焦りと欲」で生活費が足りない!?
【現在家族とセミリタイア中】フィリピン海外移住生活の真実とは?フィリピン海外移住生活の真実とは何か?現在家族とセミリタイア中の筆者が、フィリピンでくらして感じたリアルな現実について徹底解説しています。海外移住を検討したり、セミリタイア生活の真実を知りたい方向けの記事です。...
フィリピンのWiFi事情:遅いインターネットの改善方法と費用は?
フィリピンのWiFi事情:遅いインターネットの改善方法と費用は?フィリピンのWiFi事情は実際遅いのか?インターネット速度が遅い場合、具体的にどんな対応をすれば早くなるのか?実際にフィリピンの地方都市ドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)に暮らす筆者が、フィリピンのインターネットwifi事情について徹底解説します。...

まとめ:フィリピンでの海外移住生活は結構アリかも!?

まとめ:フィリピンでの海外移住生活は結構アリかも!?

セミリタイア後に安い生活費を求めて海外移住先で暮らし、セミリタイア生活を送るメリットやデメリットは各々ありますが、結局メリットの方が大きかったのが我が家の現実でした。

英語の問題は(もちろん努力は必要ですが)住んでいれば自然に身につきますし、残りの2つ(移住費用と寂しさ)もフィリピンなら他の国より費用が割安。

明るく優しい国民性の方々に助けられることも多いです。

よって

早期リタイアをした
英語が苦手な人が
安い生活費を求めて
海外移住してセミリタイアするなら
初めはフィリピンのドゥマゲッティ

をおススメします。

理由は上記で説明したい通り

  1. 生活費が安く
  2. 英語が通じる

為です。

白サイくん
白サイくん
既婚者なら学費が激安だぜ!

なお海外生活をするとなれば、最低限の英語力も必要になります。

よって各自で今のうちから勉強して、海外移住後に困らないようにしましょう。

具体的な勉強方法は、皆さんが興味のある方法で良いと思います。

もし具体的に思いつかなければ、わたしが海外移住する方におススメしている効率的な方法を参照下さい。

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。