海外移住の目指し方

アメリカに海外赴任!駐在の生活費は?移動費と教育費や学費の補助

アメリカに海外赴任!駐在の生活費は?移動費と教育費や学費の補助

こんにちは。現在家族4人と海外移住しながら、セミリタイア生活中のアキラといいます!

アメリカ駐在員として赴任した場合の生活費について具体的にお話ししました。

今回はアメリカ生活費紹介の最後となる、アメリカ駐在員として赴任した場合の移動費や、教育費などの学費補助について説明します。

【体験談】アメリカ駐在の生活費は?家賃や電気ガス水道代
【体験談】アメリカ駐在の生活費は?家賃や電気ガス水道代アメリカ駐在の生活費「住宅と電気・ガス・水道」について具体的に説明しています。日本と比べるとアメリカでの生活はお金が掛かります。しかしアメリカ駐在員になると給与や手当が増えますので、貯金出来るお金は増えます。これからアメリカ駐在員を目指したり、赴任する予定の方に向けた記事です。...
【徹底解説】アメリカ駐在の生活費:食費や外食遊興費はいくら?
【徹底解説】アメリカ駐在の生活費:食費や外食遊興費はいくら?アメリカ生活15年の筆者が、食費などの生活費について徹底解説しています。アメリカなどの海外で暮らすと、食費や消耗品や遊興費などが、具体的にいくらになるのか知りたい方向けの内容です。...
【徹底解説】アメリカ駐在の生活費:「携帯やネットケーブルTV」編
アメリカ赴任後のインターネットや携帯電話やケーブルテレビは?アメリカ赴任後のインターネットや、携帯電話やケーブルテレビの詳細について説明しています。海外駐在員としてアメリカに10年以上暮らしていた筆者が、アメリカの携帯電話やインターネットやケーブルテレビのリアルな実業について徹底解説します。...

具体的にはこの記事を読むことで、下記の2点について分かります。

・アメリカに海外赴任!駐在の移動費
・アメリカに海外赴任!教育費補助や学費

我が家の海外駐在で体験したことや、アメリカ生活15年で分かったことを中心にお話しします。

それでは早速始めましょう!

アメリカに海外赴任!駐在の移動費補助について

アメリカに海外赴任!駐在の移動費補助について

アメリカでの移動手段としては、都会であればバスや電車、そして地方であればほぼ間違いなく車が主役です。

そして海外駐在員としてアメリカに赴任すると、都会で暮らす場合は別でしょうが、地方であれば会社から1台社有車を提供される場合が殆どです。

そしてこの社有車を使って通勤したり出張したりするのですが、多くの企業では休日も使うことを許可しています。

アメリカ駐在の移動費補助:社有車の維持費は無料

社用車として会社から支給された場合は、車を1台無料で手に入れたことと同じです。税金や保険などの費用も基本会社負担となるでしょうから、単身で海外赴任する場合は個人負担ゼロでかなりオトクです。

また家族で赴任する場合は奥様用の車が必要になりますが、その際に補助がある会社と無い会社で大きく分かれます。

そして残念ながら補助が無い企業が殆どですが、トヨタ自動車などの車関係の大企業では、格安で奥様や子供用の車を手に入れることが出来たりもします。

アメリカで自己負担で車を購入する場合、中古車であろうと新車であろうと下記の2つの方法があります。

  • 個人から買う
  • 店(ディーラー)で買う

どちらの場合も店にある在庫(車)から選んで買い、仮ナンバーをつけてその日に乗って帰ることも可能です。

値段はもちろんピンキリですが、通常中古車で80万円前後から、新車であれば200万円前後となります。

また新車であればリース契約という方法もあり、この場合は例えば月々3万円前後の支払いと頭金で数十万円の支払えば、新車に乗ることが出来ます。

アメリカ駐在の移動費補助:ガソリン代について

アメリカ駐在で社有車を支給された場合でも、仕事以外で使ったガソリン代は自己負担という会社が多いです。

とはいえ通勤や出張で使ったガソリンと、プライベートで使ったガソリン代を明確に分けることは難しく、多くの駐在員は臨機応変(適当)に対応していると思われます。

小型車を満タンにすれば約30ドル前後、カムリやレガシーなどのミドルサイズ車であれば約40ドル前後は必要です。

アメリカのガソリンは、日本と比べて割安です。週によっても違いますが、2020年時点でリッター100円弱の場所が多いです。

そして日本の場合はリッター100円強なので、1.5倍弱ほどの違いかと思います。

しかしアメリカは広いので、日本より走る距離は数倍になります。

よって日本のガソリン代が1.5倍としても、走る距離がアメリカの方が2倍であればアメリカの方がガソリン代が高くなります

アメリカに海外赴任!教育費補助や学費について

アメリカに海外赴任!教育費補助や学費について

アメリカの学校は高校まで義務教育なので、私立などに行かない限り学費やそれほど高くありません。

教科書代や部活の活動費は必要ですが、年間数百ドルもあれば十分でしょう。

また学校で食べるランチ(昼食)代も必要ですが、我が家(娘/小食)の場合で約3ドル前後/回でした。

子供から見た海外移住生活は?家族と海外で暮らして良かった?
子供から見た海外移住生活は?家族と海外で暮らして良かった?海外移住歴17年以上の筆者が子供に聞いた、海外移住生活のリアルな感想について徹底解説しています。結局子供たちからすると、海外移住生活についてどう思っているのか?具体的なメリットとデメリットもご紹介しています。子供との海外移住を検討されている方向けの内容です。...

アメリカ駐在の学費:私立校の授業料について

もしアメリカで私立の学校に行く場合、授業料がかなり高額になる場合があるので注意が必要です。

例えば我が家の息子は私立の幼稚園に行っていましたが、毎月の授業料は500ドル前後でした。

アメリカの幼稚園はあまり教育に力を入れていないところが多いので、どうしても日本人が好きそうな遊びだけではなく教育に力を入れてくれる幼稚園となると、公立より私立となってしまいます。

アメリカ駐在の学費:日本人補習校の授業料について

そして現地校以外に毎週土曜日に行われる日本人補習校に通うのであれば、更に毎月数百ドルの出費は覚悟しましょう。

日本人補習校では基本的な日本語教育を受けられますが、その他子供達が日本語で同い年の子供達と話し、日頃のストレスを解消する大切な場所でもあります。

よって安くはない授業料ですが、アメリカ駐在員でもらえる給与や手当を考えれば十分支払える額なので、お子さんと相談の上積極的に通うことを私はおススメします。

【体験談】海外赴任の給与はいくら?アメリカ駐在の給料を大公開!
【体験談】海外赴任の給与はいくら?アメリカ駐在の給料を大公開!海外赴任の給与はいくらなのか?筆者が海外駐在員としてアメリカで働いていた時の給料と、日本でもらっていた給料を大公開しています。海外赴任すると給与が上がるイメージはありますが、具体的にいくらなのか徹底解説します。...

我が家の場合は子供2人(中学生と幼稚園)の教育費として、毎月500ドルほど支払っていました。

しかし会社から別途手当が出ていたので、実質は200ドルほどの負担でした。

アメリカ駐在の生活費を出来るだけ抑えたいなら、単身で赴任して仕事に打ち込み、週末は更なる仕事プラス疲れて家で寝る日々がベストです。

体調が悪くなるかもしれませんが、医療費は会社が出してくれますし、お金を使うところが無いのでどんどん貯金出来ます。

というのは極端な例で冗談ですが、それでもお金が貯まるというのは間違いではありません

アメリカ駐在員の生活費は決して安くはありません。それでも高い給与や手当、そして効率的でオトクな方法で資産運用を活用すれば、日本にいるよりも資産を順調に増やすことが可能です。

【体験談】アメリカ駐在中に資産運用するとほったらかしでお金持ち!
【体験談】アメリカ駐在中に資産運用するとほったらかしでお金持ち!アメリカ駐在中に資産運用をした筆者が、実際にほったらかしで5000万円を貯めた方法について徹底解説しています。海外駐在員としてアメリカに赴任すると、日本の投資商品と比べてお得なファンドが多く魅力的です。アメリカ駐在の方に向けて、お金持ちになる為の資産運用についてまとめています。...

アメリカで英語がメインとなる生活を続けると、精神的にも負担が多く大変だと思います。

しかしこの環境を乗り越えて仕事や家庭内で成果を出すと、明るい将来が見えてきます。

折角のアメリカ駐在生活なので、早めに必要最低限の英語力を身に付けて、遊びや仕事にまじめに取り組みましょう!

インターネットを使って効率的に英語力を身に付ける方法はこちらから。

【英語できない大人専用】海外移住に必要な英語力を勉強する方法は?
【英語できない大人専用】海外移住に必要な英語力を勉強する方法は?英語できない大人向け、海外移住に必要な英語力を勉強する方法について徹底解説しています。海外生活17年の筆者が実際に体験して分かった、海外移住生活に最低限必要な英語力を身につける方法とは?英語ができないけど勉強して海外移住したい人向けの記事です。...

アメリカ駐在中に是非やってみたい遊びの一覧についてはこちら。

駐在歴12年:アメリカ駐在中におススメの旅行や観戦先について
駐在歴12年:アメリカ駐在中におススメの旅行や観戦先について駐在歴12年で分かったアメリカ駐在中におススメの旅行や観戦先について説明しています。アメリカ駐在員になると、有名な観光地やスポーツ観戦を気軽に行うことが出来ます。日本から行くよりは費用も安いので、アメリカ駐在員の間にトライすることをおススメします。...
ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。