海外移住

海外在住の子供に日本語教育を!海外移住者向け教材を徹底解説

海外在住の子供に日本語教育を!海外移住者向け教材を徹底解説

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

子供と一緒に海外移住する際、気になることの1つはやはり海外在住する子供の日本語教育についてではないでしょうか。

日本に住んでいれば様々な教育を選んで、日本語で受けることが出来ます。

・公立学校
・私立学校
・塾
・家庭教師

しかし海外移住ともなれば、暮らす場所によってはそう簡単にはいきません。

例えば私が現在家族(妻・16歳・6歳)と暮らしているフィリピンの地方都市にも公立や私立の学校はありますが、塾と呼べるものは日本式の公文のみですし、家庭教師に教えてもらえるのは英語だけです。

フィリピンの地方都市にはアメリカ駐在員時代に通っていたような、日本人補習校もありません。

【海外移住先の教育】フィリピンでも受講可能!日本発の公文式学習塾

よって基本的に海外で暮らしていると、日本語で教育を受ける機会が激減します。

そして海外移住して現地の学校に通えば、子供の英語(外国語)力は上がりますが、日本語力は間違いなく下がります

そこで今回の記事では、海外に在住している子供達が日本語教育を受けられる、海外移住者向けの教材についてお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の3点について分かります。

・海外移住者向け日本語教育教材:無料編
・海外移住者向け日本語教育教材:有料編

それでは早速始めましょう!

海外在住の子供に日本語教育:海外移住者向け教材

海外在住の子供に日本語教育:海外移住者向け教材

海外在住中の子供に日本語教育を受けさせる際、おすすめの海外移住者向け教材は、無料有料併せて下記の4点です。

海外在住の子供向け日本語教育教材
YouTube(無料)
スタディサプリ(無料体験⇒有料)
e点ネット塾(無料体験⇒有料)
ネッティー(無料体験⇒有料)

これら以外にもさまざまな海外在住の子供に向けた日本語教育教材はありますが、私がおススメなのは上記の4点です。

理由はこれから説明します。

海外在住の子供に日本語教育:海外移住者向け無料教材

海外在住の子供に日本語教育:海外移住者向け無料教材

まず我が子も現在愛用中で、確実に日本語を覚える効果が出ているのがYoutubeです。


ご存じの通りYoutubeには様々なチャンネルがありますが、子供達は自分が好きなジャンルの動画を通じて日本語を覚えることが可能です。

まだ子供が小さければ、対象年齢が2歳から10歳までのYouTube Kidsというサービスもありますので、 活用すれば大人向けの動画などが表示される心配もありません。

YouTube Kidsの詳細については、YouTube Kids保護者向けガイドにある説明を参照下さい。

ツイッターでも呟いた通り、我が子達(特に6歳児)はかなりYouTubeで日本語を覚えています。

この学習方法が一番良いとは思いませんが、少なくとも日本語の単語や文法の数を増やす方法の1つとして、我が家ではYouTubeが活躍しています。

海外在住の子供に日本語教育:海外移住者向け有料教材

海外在住の子供に日本語教育:海外移住者向け有料教材

確かにYouTubeである程度の日本語は覚えられますが、やはり子供向けの日本語教育教材としては不十分です。

私は海外移住歴15年以上になりますが、今まで長期間海外に在住している日本人のお子さんで、日本語があまり得意でない子供達を何人も見てきました。

・日本語を話せるけど書けない
・日本語を話せるけど読めない
・日本語を話すのも苦手

両親が日本人であれば家庭内の会話は日本語なので、日本語を話すことが出来る子供は結構多いです。

でも長期間海外移住している子供達の中には、日本語が書けなかったり読めない子供たちが結構います。

そしてそのうちに日本語が面倒になったり嫌いになり、親も教えるのが大変なので日本語教育をあきらめてしまい、日本人補習校が近くにあっても通わなくなったり・・・。

もちろん今後の人生を日本と距離を置いて過ごすのであれば、日本語を流ちょうに話せなくても良いかもしれません。

日本の文化もそれほど詳しくなくても良いでしょう。

しかし

・今後日本で暮らす可能性があったり
・日本人としての必要最低限の知識や
・ネイティブな日本語を身に付けたい

のであれば、海外在住の子供達に日本語教育を受けさせる必要があります。

数ある海外在住の子供向け日本語教育教材の中で、私がおススメする方法は下記の3点です。

海外在住の子供向け日本語教育教材
スタディサプリ(オンライン塾)
e点ネット塾 (オンライン塾)
ネッティー  (オンライン家庭教師)

そして私がおススメする理由は、下記の6点です。

1.海外在住者に向いている
2.費用
3.オンラインで受講可能
4.体験者の評価
5.無料体験がある
6.無料体験後にしつこくされない

海外在住の子供に日本語教育!移住者向け教材:スタディサプリ

海外在住の子供に日本語教育!移住者向け教材:スタディサプリ

まず初めに紹介したいのは、月々1980円で小学4年生から高校3年生までの勉強が出来てしまうスタディサプリです。

スタディサプリは人材派遣などでおなじみのリクルートが運営している、オンライン型の学習サービスです。

スタディサプリ小学・中学講座

対応している教科は下記の5項目になります。

・国語
・算数
・理科
・社会
・英語(中学生以上)

対応しているのが小学校4年生からなのが残念な点ですが、授業で使うテキストが郵送のみではなくダウンロード可能は良い点です。

ダウンロードしてそのまま画面に映して使い、メモは自分で用意したノートにする。

もしくはiPadなどのタブレットで、ダウンロードしたテキストに書き込みすることも可能です。

特に海外でプリンターが無い方には、印刷代も不要になるのでありがたいサービスです。

国語担当の山崎先生は、子供の頃我々と同じく海外に在住されており、日本語教育を受ける機会が少なかった(週末1回の日本人補習校のみ)そうです。

そんな海外移住者の気持ちが分かる先生がいるスタディアプリの授業なら、子達の日本語教育教材として活用しても良いのではと思ってしまうのは私だけでしょうか・・・。

※スタディアプリの山崎先生

またスタディサプリは好きな学年の授業を視聴出来るので、過去の学年の授業をさかのぼって勉強したり、少し先の授業を先行して勉強することも可能です。

特に海外在住期間が長い子供達にとっては、自分の学年より少し戻った(例えば小学5年生⇒4年生)授業を受けても良いかもしれませんね。

授業動画は小学4年生から高校3年生まですべて閲覧可能!

今なら14日無料でお試し体験出来ます。

スタディサプリ/今なら1週間お試し無料

この2週間しっかりスタディサプリを活用してみて、気に入ったら子供の日本語教育教材として活用しましょう。

もちろん我が家もお試し無料体験します!

スタディサプリ小学・中学講座

海外在住の子供に日本語教育!移住者向け教材:e点ネット塾

海外在住の子供に日本語教育!移住者向け教材:e点ネット塾

2つ目に紹介したいのは、月々2200円から始められるe点ネット塾です。

e点ネット塾は福岡にある日本学術講師会という会社が運営する、スタディサプリと同じ(=ライバル関係)オンライン型の学習サービスです。

対応している教科は下記の通りです。

小学生コース
・国語
・算数
中学生コース
・国語
・数学
・理科
・社会
・英語

スタディサプリと違い、対応しているのが小学校1年生からなのはメリットです。

しかし授業料が少し割高なのはデメリットです。

小学生中学生
スタディサプリ1980円1980円
e点ネット2600円2900円

しかしe点ネットでは同じコースなら、兄弟が何人いても1人分の料金で使えます

例えば小学2年生と4年生の兄弟ならスタディサプリと比べて割安になります。

授業で使うテキストは、ダウンロードしたもの使います。

海外在住の子供に日本語教育を受けさせたい親御さんの多くは、スタディサプリが授業を行う小学校4年生よりも学年が下の場合が多いです。
よってe点ネット塾の様に、小学校1年生から受講できる教材はありがたい存在です。

もちろんお試し体験も出来ますので、下記の広告から申し込み可能です。

e点ネット塾

この無料体験を利用して、初めのスタディサプリとどちらを使うのか決めましょう。

値段で決めるならスタディサプリですが

・小学校3年生以下のお子さんで
・出来るだけ安い月謝の日本語教育教材

を探しているのであればe点ネット塾で決まりです。

今回紹介しているスタディサプリとe点ネット以外にも、日本語教育を受けられるオンライン学習(まなびwith、進研ゼミ、z会等)はあります。

しかしこれらは月額料金が高く(月5000円前後)、日本から教材を受け取るとなればもっと高くなります。

内容も今回紹介しているスタディサプリe点ネット塾とほぼ同じです。

そもそも海外に教材を送ってもらっても、到着が遅くなったり受け取れないリスクも多いので海外在住者には不向きなサービスとなってしまいます。

海外在住の子供に日本語教育!移住者向け教材:ネッティー

海外在住の子供に日本語教育!移住者向け教材:ネッティー

最後に紹介したいのは、値段は月々8000円からと高額ですが、マンツーマン授業を受けられるオンライン家庭教師のネッティーです。

もしこの金額を子供の日本語教育教材に出せる方なら、私はこのネッティーをおススメします。

その理由は海外在住の子供向けの日本語学習は、特に個人差があるのでマンツーマンで教えてもらえる家庭教師型がやはり効果的だからです。

スタディサプリやe点ネット塾とは違い、1対1の家庭教師型の教育を受けられます。

対応している教科は下記の通りです。

海外子女向けコース
・国語
・数学
・理科
・社会
・英語

海外在住の子供達向けの日本語教育を目的とした「海外子女向けコース」があり、個人のレベルに合わせて分からないところを分かるまで優しく教えてくれます。

よって遅れている日本語力や算数/数学、社会や理科などもしっかりと勉強することが出来ます。

対象学年も小学校低学年からですが、1回50分の授業は個別にカスタマイズ可能なので、相談にのって調整してもらえます。

ネッティーなら始める際に必要なセット接続も、「無料スタートサービス」と称して専門スタッフが無料でサポートしてくれるので安心です!

例えば日本語基礎コースは、小さなお子さん向けに下記の様な授業も受けられます。

・本の読み聞かせ、音読
・ひらがら、カタカナ、簡単な漢字
・語彙(ごい)、文法
・絵描き歌
・お手紙、日記、作文

無料体験授業は下記の広告から申し込み可能です。

インターネット家庭教師Netty

今回は海外在住の子供向け日本語教育の、おすすめ教材を4つ紹介しました。

YouTube(無料)
スタディサプリ(オンライン塾)
e点ネット塾 (オンライン塾)
ネッティー  (オンライン家庭教師)

私のおススメは無料のYouTubeと有料の教材を組み合わせた教育法です。

・お金に余裕がある  ⇒ネッティー
・節約+子供が小4以上⇒スタディサプリ
・節約+子供が小4以下⇒e点ネット塾

海外移住している子供は、どうしても日本語教育がおろそかになってしまいます。

それを補う為にはやはり多少の月謝を払ってでも、プロが教える日本語教育を子供に受けさせた方が効果的です。

無料の教材もありますが、一度無料体験で有料の教材も使ってみて、効果を感じられたら始めても良いのではないでしょうか。

ご清聴ありがとうございました(^^)/

海外在住の子供向け日本語教育教材
スタディサプリ(オンライン塾)
e点ネット塾 (オンライン塾)
ネッティー  (オンライン家庭教師)

スタディサプリ小学・中学講座
ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。