フィリピン生活

実際に通って分かったフィリピンの学校教育について【メジャー編】

海外移住先の学校教育は大丈夫?フィリピンの小中学校【メジャー編】

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

家族でフィリピンに移住してまず初めにやったことの1つが、子供達の学校への入学手続きです。
私自身当時は何をするのも初めてで、ネットなどで体験談やどうやって幼稚園や小学校/中学校に入学出来るのか、事前に情報を調べていました。
しかし詳しく書かれたものを、見つけることが出来ずとても苦労しました・・・。

よって今回はこれからフィリピンの学校に子供が入学する方に向け、我が家が実際に行った手続きや体験談を中心にお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の2点について分かります。

・フィリピン幼稚園と小学校や中学校の学校教育:基本編
・フィリピン幼稚園と小学校や中学校の学校教育:入学編

なお今回の情報は我が家の子供たちが通っている学校の情報ですので、すべての学校に同じことが当てはまる保証はありません。
あくまで1つの事例として、参考にしていただければ幸いです。

それでは早速始めましょう!

フィリピン幼稚園と小学校や中学校の学校教育:基本編

フィリピン幼稚園と小学校や中学校の学校教育:基本編
フィリピンの幼稚園と小学校や中学校の、メジャー(基本)情報は下記の通りです。

フィリピンの幼稚園と小学校や中学校の入学月と卒業月

これはフィリピンにある学校でもほぼ同じだと思いますが、我が家の子供たちが通う学校は

毎年6月初め前後から始まり、翌年の3月末前後に終わります。

ちなみに3月下旬から6月上旬までは夏休みです。

※2020年6月追記
ウィルスによる影響で、今年は8月ごろから学校が始まる可能性があります。

我が家としては当初「夏休みって7月とか8月じゃないの?」と思っていましたが、どうやらフィリピンではこの時期(4月5月)が一番熱いようです。

フィリピンの幼稚園や小中学校の授業料

2019年度の授業料は、下記の通りでした。

幼稚園
約45,000ペソ(約 9万円)/年
小学校
約50,000ペソ(約10万円)/年
中学校
約58,000ペソ(約12万円)/年

我が家は幼稚園と中学校なので、二人合わせて約21万円。
毎月に換算にすると(210,000÷12か月)約17,500円です。

ちなみにこの金額は外国人用で、フィリピン人の方と比べ、年間約4万円余計に徴収されています。

おまけ:大学の授業料について

ちなみに大学の授業料は、中学校の学費とほぼ同じ(少し高い)らしく、年間15万円で通えるらしいです。しかも4年大学ですよ。
日本の私立大学と比べると、10分の1以下でしょうか。
もし子供たちがフィリピンの大学に行ってくれたら、我が家としては大変親孝行です!

フィリピンの幼稚園と小中学校の登校&下校時間

幼稚園
・午前 7:00~10:30
・昼 10:45~13:45
・午後14:00~17:00
中学校
・7:30 ~ 17:00

幼稚園は午前、昼、午後のどれか1つを選択します。
よって基本学習(遊ぶ?)時間は3時間ですが、学校によっては2クラス(昼と午後)取ることも出来るようです。
もちろん授業料は高くなりますが、2倍になるという事では無い様です(学校による)。

中学校は結構長いですね。でもお昼休みが約2時間あり、一度家に戻ってくる生徒も多いとか。我が子は学校の近くにある安い食堂で、定食とかパンとかアイスとか買って食べているようです。

定食(白いご飯とおかず1品)は70円前後、パン(クロワッサンとか)は1個40円前後、アイスは2スクープで20円くらいです。

フィリピンの幼稚園と小学校や中学校の休日

幼稚園
・基本土日休み
小学校
中学校
・基本土日休み
・毎週月曜日は午前中のみ

幼稚園と小学校や中学校共に、基本土日が休みで基本日本と同じです。

しかし中学校はいまだ謎が多く、なぜか毎週月曜日は午前中のみ、そしてほぼ月一のペースで謎の休みがあります。

そしてこの謎の休みは、子供が学校の友達から聞かないと、まず入手出来ません。よって入学当初は、友達も少なく英語での会話も難しいので、

朝7時過ぎにいつもと同じく登校 → 誰もいない・・・

なんてことが起こります。

フィリピン幼稚園と小学校や中学校の学校教育:入学編

フィリピン幼稚園と小学校や中学校の学校教育:入学編
フィリピンの入学手続きは、我々の場合非常に大変でした。

いわゆる「お役所仕事&たらいまわし」というものを、久しぶりに体験しました。
昔日本の市役所で経験した、あの何というか・・・イライラ・・・とでも言いましょうか。

フィリピンのある幼稚園の一例

8:00 指定された時間に事務所に行く
8:30 30分遅れで担当者出勤
8:40 入学申込書を記入し管理事務所へ
9:30 管理事務所で新入生として登録完
10:30  外国人の生徒として登録完
13:30  授業料の支払いをする事務所へ
14:30  管理事務所で支払証明書を提出
15:00  幼稚園事務所でPTA費用の支払い
16:00  別事務所で学生証(ID)を作成

幼稚園はそれほど大きな問題もなく、何とか無事入学手続きが終わりました。

しかしながら実際手続きを終えてみると、

幼稚園事務所
・実際通う幼稚園にある教職員用事務所
管理事務所(Administration office)
・全生徒の登録を行っている事務所
外国人事務所(International office)
・外国人の管理を行っている事務所

上記3拠点を行ったり来たり、良く言えば「いい運動になった」し、悪く言えば「効率悪いな」と感じました。

提出書類のコピーは事前に用意しましょう

これはフィリピンでは当たり前なのか、それともこの学校だけなのか変わりませんが、学校に提出する書類のコピーは、基本我々が事前に用意する必要がありました。

例えば今まで通っていた学校の成績証明書以外にも、パスポートの写真や、ビザのコピーなども、自分で用意する必要があります。

ちなみに私たちはそのような事は知りませんでしたので、「近くの写真屋にいってコピー取ってきて」と言われました(コピー1枚 1ペソ=約2円)。

コピーの落とし穴

しかしここで思わぬ落とし穴がありました。
管理事務所からの指示で、パスポートのコピーを取り提出したのですが、そのあとにいった外国人事務所でも必要だと言われ、また写真やに行くハメになりました。

パスポートのコピーを取った時に、別にケチった訳ではありませんが、言われた1部しか取らなかったのが間違いでした。
皆さんもお気を付けください。

制服の準備

同じ日に制服も購入しました。

学校の購買部のようなところに行き、Tシャツと半ズボンのサイズを伝えましたが、売り切れの為、結局今はキツキツTシャツとキツキツ半ズボンで登校しています。

フィリピンのある小学校や中学校の場合

8:00 指定された時間に行き担当者を待つ
8:30 30分遅れで担当者登場
8:40 入学試験開始 11:30まで
11:20  すでに採点済。「合格」と言われる
11:30  近くのレストランで昼食
14:00  管理事務所、外国人事務所で手続き
17:30  学生証の手続きは遅すぎて不可

中学校での手続きは幼稚園の翌日でしたので、2回目という事もあり大きな問題はないと思われました。
事実今回はコピーもしっかり3部とり、準備万全です!

しかしながら結局はいくつかのトラブルが発生し、入学手続きが終わるまでオロオロでした。

学生証(ID)が作れなかった

書類の手続きが終わり、いよいよ学生証を発行してもらおうと事務所に向かいましたが午後5時で閉まるとのこと。
初めてのフィリピンである我々は、「明日から学校なのに、IDが無かったら学校いけない!」とプチパニック。
結局入り口のガードマンは真剣にIDチェックをしないので、難なく学校に入れましたがそれはそれで問題かと・・・。

制服はオーダーメード!

中学校の制服は幼稚園のようなTシャツ半ズボンではなく、白ブラウスとスカートでした。

そして幼稚部と同様に、制服を学校の購買部に頼みに行くと、昨日のようなS・M・Lではなく、ちょっと来いと別室に娘が連れていかれ採寸が始まりました。

その部屋には20名ほどの方々が、生地を裁断していたり縫製していたりしており、昔教科書でみたような懐かしい風景でした。

日本ではもう見ないと思いますが、フィリピンの田舎町ではこのような縫い子さんは、まだまだ現役で頑張っているようです。

ちなみにブラウス4枚とスカート3枚で、約2000円くらいでした。安い!

フィリピンの入学手続きは時間がかかる

これは入学手続きだけに言えることではないかもしれませんが、「日本だったらもっと効率よく・・・」などと考えるはイライラするだけなのでやめましょう。

効率の悪い入学手続きでも笑い飛ばし、いい運動になったと前向きに考えれば腹も立ちません。

【体験談】若者から高齢者まで:海外への移住に向いている人いない人

【体験談】若者から高齢者まで:海外への移住に向いている人いない人人いない人
【体験談】若者から高齢者まで:海外への移住に向いている人いない人海外への移住に向いている人、向いていない人について。自主的に行動出来、ネットなどで情報収集できる人は向いています。日本の風習や文化、考え方を海外移住先に求める方は向かないのでやめましょう。海外への移住を検討する若者から高齢者シニアの方に読んでもらいたい記事です。...

メジャー編はこれで終了です。

フィリピンの学校についてもっと知りたい方は、フィリピン幼稚園と小学校や中学校に通って分かった事【マイナー編】も参照下さい。

実際に通って分かったフィリピンの学校教育について【マイナー編】
実際に通って分かったフィリピンの学校教育について【マイナー編】実際に通って分かった、フィリピンの学校教育について説明しています。フィリピンの幼稚園や小学校及び中学校への通学方法や、学校の雰囲気について説明しています。厳しい部分と優しい分を兼ねそろえている校風ですが、英語以外のレベルは正直高くないので初めに了解しておきましょう。 ...

マイナー編では

・通学手段
・学校の雰囲気
・安全管理
・教科書

についてお話ししています。

ご清聴ありがとうございました(^^)/

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。