セミリタイア

独身が本気で早期リタイアとセミリタイア生活を目指す方法:準備編

独身が本気で早期リタイアとセミリタイア生活を目指す方法:準備編

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

日々終わる事のない激務と、一生取れないんじゃないかと思われる疲労感・・・会社員なら一度は

「早期リタイアしてセミリタイア生活したい!」

と考えた事がある方が多いのではないでしょうか。

私自身会社員として働くことが合わず、40代で早期リタイアしてセミリタイア生活を始めましたが、家族持ちである私は実現する為の資産運用を始めてから10年以上かかりました。

家族持ちは独身者より、セミリタイアする為のお金が必要なので時間がかかります。そして逆を言えば、独身は家族持ちよりハードル低くセミリタイア出来るので有利です!

そこで今回はそんな既婚者子連れの私が、独身の方(特に20代30代40代)におススメする、本気で効率よくセミリタイアを目指す方法についてお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、独身が本気で早期リタイアとセミリタイア生活を目指す際に必要な準備2点について分かります。

・独身が早期リタイア&セミリタイア:居住先
・独身が早期リタイア&セミリタイア:就職先

またこの方法は「社畜も同時に卒業」出来てしまうので大変おススメです。

現時点で会社からのパワハラなどに、悩んでいる方向けの記事でもあります。

この場合の社畜とは
・高圧的な上司や
・理解しがたい会社のルールのもとで
・時に長時間労働も強いられ
・精神崩壊の半歩手前で何とか踏ん張り
・生活する為に為にガマンしているが
・このままでは人としておかしくなりそう
な状況とします。

それでは早速始めましょう!

独身が早期リタイア&セミリタイア:居住先について

独身が早期リタイア&セミリタイア:居住先について

まずセミリタイアを真剣に目指すと決めれば、成功に向けて具体的な行動をしなければいけません。そしてその行動は、「通常の仕事を定時で終えてから」行います。

つまり毎晩残業で夜遅くまで会社に拘束されるような環境では、セミリタイアが成功する確率は著しく下がってしまいます。

よって今後はセミリタイアを本気で達成する為に、生活出来るだけの給与がもらえて、基本的に定時で帰れる仕事を探しましょう。
そして日本国内で見つけられなければ、海外での勤務と生活を真剣に検討しましょう。海外で現地採用社員として働けば、定時で帰宅できる仕事がいくつも見つかります。

例えば東南アジアで働けば、給与はそれほど高くないかもしれませんが生活費も下がりますので、貯金も多少しながらセミリタイアを目指すことが可能になります。

まずは自分が住みたい国内や海外の都市を、今日から1ヶ月間で探しましょう。
厳しいようですが本気で早期リタイアやセミリタイア生活したいなら、これくらいの行動力は絶対に必要です。

別に海外である必要はありませんが、おそらく日本国内では見つかりません。
理由は定時で帰れる仕事は給与が少なく、日本で暮らすには足りないからです。

例え日本で見つかったとしても、日本企業で働けばまた社畜生活になる可能性があるので気をつけましょう。

なお新生活する国や都市を見つける際の最低条件としては

・生活費が安い(10万円以下)
・最低限の治安
・最低限の清潔さ
・ネット速度は最低でも1M以上

の4点です。

独身の早期リタイア&セミリタイア準備:生活費は10万円

独身がセミリタイアを目指す場合、目標の生活費は10万円です!
これは私が実際に海外生活を15年以上体験した結果、「これなら不快な思いや極度のガマンをしない生活が出来る」と判断した金額です。

特に東南アジアの国ならば、10万円以下で生活出来る都市が多々あります。
ネット上のブログなどの情報も多々ありますので、それらを使い自分に合った場所を選びましょう。

現在私が住んでいるフィリピンの一例
・マニラ
・セブ

その他の一例
・バンコク(タイ)
・クアラルンプール(マレーシア)

独身の早期リタイア&セミリタイア準備:最低限の治安

海外の治安については、独身の場合それほど大げさに心配する必要はありません。
夜遅くに外出したり危ないと言われている地域に立ち入らなければ、特に問題ない場合がほとんどです。

それでもひったくりやスリなど、犯罪に合わないという心構えと注意は日々持つ必要があります。

独身の早期リタイア&セミリタイア準備:最低限の清潔さ

基本「生活費が安い=清潔さが下がる」場合がほとんどです。

例えば我がフィリピンの地方都市でも、やろうと思えば毎月3万円前後で生活出来ますが、虫と共存するようなアパートでの生活になります。

それでもいいとなれば別ですが、少なくとも病気や不快な思いをするような環境は避けましょう。

病気や不快な思いの一例
・マラリア
・デング熱
・コレラ
・赤痢
・腸チフス
・ダニ
・ノミ
・蚊

これらは普段に日本ではあまり関係のないものかもしれませんが、東南アジアで生活するうえでは結構感染します。
知り合いの日本人でも、実際デング熱で2度入院しました。

独身の早期リタイア&セミリタイア準備:ネット速度は大切!

ネット速度についても清潔さ同様、「生活費が安い=ネット速度下がる」場合が殆どです。

そして今後海外で移住生活&副業でネットビジネスをするならば、インターネット速度の遅さは致命的になります。
よってネット速度は、最低でも1Mは確保しましょう。

ちなみに私が生活しているフィリピンの地方都市は、移住当初ネット速度が1Mありません(0.2M) でした。
その後プロバイダを探したりして今では30Mほど出ていますが、地方都市によってはインフラ的に追いついておらず、1M以下のスピードしか出ない可能性もありますので注意が必要です。

独身が早期リタイア&セミリタイア:就職先について

独身が早期リタイア&セミリタイア:就職先について

独身者が早期リタイアとセミリタイア生活を目指す為に、自分が住みたい国や都市を決めたら次は仕事探しです。
そしてこれは朗報ですが、世の中には20代30代40代向けの海外求人が結構あります。
それらの多くは

・現地で日本人向けの仕事をしている会社
・日系企業の現地法人

からの求人です。

独身の早期リタイア&セミリタイア準備:20代30代向け求人

現地で日本人向けビジネスをしている会社の求人は、独身の20代30代向けの場合が多々あります。よって(企業にもよりますが)40代の方にとっては、少しハードルが高くなる可能性があります。

この場合求人を出している企業は

・語学学校の現地スタッフ募集
・日本人コールセンタースタッフの募集
・ダイビングショップスタッフ
・寿司職人
・レストランスタッフ

だったりします。

独身の早期リタイア&セミリタイア準備:30代40代向け求人

また日系企業が現地採用従業員を募集している場合は、30代や40代の方に有利な場合があります。
理由は今までの職歴や人生経験を考慮されるからです。

仕事内容としては現地人スタッフと一緒に働くか、英語が得意なら社内通訳として働く選択肢もあります。
30代40代の場合は管理職である日本人駐在員の元で、補助的な仕事を任されたりリーダー的なポジションになり、日本人と現地人の調整役のような仕事になるかもしれません。

いずれの場合も現地採用の場合は、日本から駐在員として来ている方に比べれば、責任や業務も少ない場合はほとんどです。
しかし念のために

・サービス残業ゼロ
・基本は定時帰宅
・週休2日

上記3点については契約前に確認しましょう。

無事現地での就職先が決まれば、独身者が本気でセミリタイアを目指す環境が整いましたので準備OKです!

自分が住む場所や仕事が決まったら、あとは現地に引っ越して本気で早期リタイアやセミリタイア生活を目指すだけです!

その際の具体的な方法については、独身が本気で早期リタイアとセミリタイア生活を目指す方法:実践編をご覧下さい。

独身が本気でセミリタイアを目指す方法:実践編
独身が本気で早期リタイアとセミリタイア生活を目指す方法:実践編独身が本気で早期リタイアやセミリタイア生活を目指す、実践的な方法についてお話ししています。具体的には本業や副業に対する考え方や注意点と、副業で結果を出す大切さについて書きました。 独身者は家族持ちと比べ、セミリタイアを目指しやすい環境です。人生一度きりですので、後悔しない行動をとりたいものです。...

なお「実践編」では下記の内容について、具体的な方法をお話しします。

・独身が早期リタイア&セミリタイア:注意点
・独身が早期リタイア&セミリタイア:副業

ご清聴ありがとうございました(^^)/

最後になりますが早期リタイアやセミリタイア生活をする為に、必要なお金を効率よく貯める為の方法について知りたい方は海外の資産運用商品は怪しい?初心者におススメ!後悔しない選び方をご覧下さい。

日本では簡単に購入出来ない海外で販売されている商品(個人年金、保険、投資信託等)を、日本語で商品検討&購入する方法が分かります。

海外の資産運用商品は怪しい?初心者におススメ!後悔しない選び方におススメ!後悔しない選び方
海外の資産運用商品は怪しい?初心者におススメ!後悔しない選び方海外の資産運用商品は怪しいのか?初心者におススメな後悔しない選び方について。アメリカ駐在時代に資産運用を始めて分かりましたが、海外には日本で購入出来ないオトクなおすすめ商品がいくつもあります。問題はそれらをどうやって購入するのか。オススメのエージェントさんや商品について説明しています。...
ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。