海外移住

海外移住後の仕事について:事前に知っておきたい仕事の種類と注意点

海外移住後の仕事について:事前に知っておきたい仕事の種類と注意点

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

将来の海外移住計画の中で、現地で何らかの仕事をして収入を得たい方は多いのではないでしょうか。

実際私も2019年に20年務めた会社を早期リタイアし、海外でセミリタイア生活を始めていますが、海外移住前から現地で仕事をして収入を得る方法を考えていました。

そして実際に海外移住して仕事を探してみると、いろいろな失敗をしたり分かったり・・・。

例えば海外移住後に出来る仕事はどんな種類があるのか、どんな準備や対策を事前にしておかないと時間を無駄にしたり損をするので注意すべきなのか。

そこで今回の記事ではこれから海外移住先で仕事をしたい方に向け、事前に知っておきたい仕事の種類や注意点などについてお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の4点について分かります。

・海外移住後の仕事:種類と働き方
・海外移住後の仕事:大変さ
・海外移住後の仕事:ネット速度の重要性
・海外移住後の仕事:選び方と基準

それでは早速始めましょう!

海外移住後の仕事:種類と働き方について

海外移住後の仕事:種類と働き方について

海外移住しながら外国で仕事をするには、主に2つの働き方があります。

・海外移住先にある企業で社員として働く
・好きな場所でノマドワーカーとして働く

ノマドワーカーとは社員として出社する必要が無く、好きな場所でネット環境などを駆使しつつ収入を得る働き方です。

海外移住後の仕事:現地企業で社員として働く

海外移住してから仕事をする1つ目の働き方は、現地にある会社で社員として勤務する方法です。

これは日系企業などが進出している国や、都市に移住する方のみ可能な方法です。

地方都市に海外移住する場合「後から現地で仕事を見つけて再就職しよう」とすると、希望するような仕事が見つからず後悔する確率が非常に高いので要注意!

日系企業などが進出していない国や地方都市への海外移住を予定しているのであれば、現地企業への再就職ではなくノマドワーカー(在宅ワーク)で仕事をしましょう。

海外の地方都市で現地人が働いているような仕事は賃金が安く割に合わないので、日本人である我々がやろうと思わないほうが賢明です。

大学を卒業した新入社員や、ショッピングモールなどで働く従業員の方々は、月1万円ほどの給与で働いています。

会社員になれば拘束時間は増えますが、安定した固定給をもらえるので安心でしょう。

ただし仕事をする上で英語力が必要になる場合もありますので、海外移住前に英語力を身に付ける努力を始めましょう。

海外移住しながら仕事をする際に必要な英語力については、海外で働くには英語は絶対必要か?必要な英語力と外国で就職する方法をご覧下さい。

海外で働くには英語は絶対必要か?必要な英語力と外国で就職する方法
海外で働くには英語は絶対必要か?必要な英語力と外国で就職する方法海外で働くには英語は絶対必要か?必要な英語力と外国で就職する方法について説明しています。残念ながらやはり海外で仕事をする上で、英語は必要ですが高度なレベルは不要です。しかし自分で勉強して英語力を上げる努力は必ず行いましょう。効率的な英語学習方法についても紹介しています。...

また海外にある企業への就職活動をしたい方は、人間に戻れてセミリタイアも目指しやすい!おススメの仕事は海外勤務に具体的な方法をまとめましたので参照下さい。

人間に戻れてセミリタイアも目指しやすい!おススメの仕事は海外勤務
人間に戻れてセミリタイアも目指しやすい!おススメの仕事は海外勤務人間に戻れてセミリタイアも目指しやすい、おススメの仕事は海外勤務です。海外での仕事は残業や休日出勤が少なかったり、給与が著しく高かったりするため、セミリタイアを目指す方には有利な条件です。もし今後本気でセミリタイアすることを狙うのならば、海外の仕事をしつつ副業に取り組むことをおススメします。...

独身の方で今後早期リタイアを真剣に目指すのであれば、海外の企業に就職しながらセミリタイア生活に取り組むのは大変アリだと私は思います。

私がもし20代や30代の独身者なら、今の時点で英語が話せなくても100%海外で就職しながらセミリタイアを目指します!

海外移住後の仕事:ノマドワーカーとして在宅勤務

海外移住してから仕事をする2つ目の働き方は、ノマドワーカーとして在宅勤務する方法です。

例えばノマドワーク(在宅ワーク)なら、自宅にいながら毎月収入を得ることが出来ます。

やり方は簡単で

・ネット上で雇用主を探し
・パソコンでの作業

するだけです。

ネット上で稼げるクラウドワークスとクラウドテック

まずは在宅ワークの仕事をする為に、仕事を紹介してくれるサイトに登録しましょう。
すでに使ってみたいサイトがある方は、そちらで構わないと思います。

もし特になければ、我が家が使っている「クラウドテック」と「クラウドワークス」で良いと思います。特に問題はありませんので、両方に登録してお得な仕事を探しましょう。
もちろん登録は無料です。

そして様々な仕事の中から、自分が得意なものであったり好きなものを選びます。

・WEB記事作成
・データ入力
・執筆内容修正
・校閲業務
・プログラミング
・イラストレーターなど

仕事の内容にもよりますが、クラウドテックなら月数十万円の収入が多いです。
クラウドワークスであれば月数万円の仕事が多いです。

ちなみに現在我が家の奥様も在宅ワークで仕事をしてくれています。
内容は主に
・元データ(文章)のまとめ作業
・表から読み取れる内容を文章にする作業

で、月3万円前後の収入が多いです。

ノマド在宅ワークに必要なものや環境

自宅で仕事をする上で、必要なものや環境は下記の通りです。

・パソコン
・インターネット環境
・自分自身のスキル(得意分野)
※資格は無くてもOK。初心者でも問題無し

やろうとする強い気持ちがあれば、基本誰でも出来ます。
初心者でも全く問題ありません。
パソコンとネット環境を準備して臨みましょう。

なお海外で外で働く場合は、出社の必要がない「フルリモート」で検索すると良いでしょう。

クラウドテックではデータ入力などの少額案件は比較的見つかりにくいことがあるので、定期的に検索して条件の良いものをタイムリーに狙うかクラウドワークスを活用しましょう。

海外移住後の仕事:大変さについて

海外移住後の仕事:大変さについて
海外移住後に自分でノマド(在宅)の仕事を始める場合、中にはデータ入力などの軽作業ではなく、ブログやアフェリエイトを選ぶ方もいるでしょう。

私もそのうちの1人です

ブログやアフェリエイトだけに限ったことではありませんが、素人が1から何かを始めて収益を得ようとする場合、通常数万円稼げるまで早くても1年前後はかかる覚悟が必要ですので注意しましょう。

私は月1万円の収益を得るまでに約1年かかりました。

有名な塾講師の方の言葉を借りれば、海外移住後の仕事としてブログやアフェリエイトに取り組むのならば

・正しい方向を向いて
・正しい努力をすれば

長く続けて育てるうちに、手に入る金額が上がります。

よって

もしコンスタントに数十万円以上本気で稼ぎたいのであれば、クラウドテックやクラウドワークスのような仕事はあまりおススメしません。

雇われて仕事をするのではなく、人に仕事を提供出来る自営業者として働きましょう。

逆に

・言われたことをやる方が楽
・月に数万円稼げれば十分

であれば、無理にブログやアフェリエイトなどをやらず、クラウドテッククラウドワークスを活用して気楽に働き収入を得ましょう。

海外移住後の仕事:ネット速度の重要性

海外移住後の仕事:ネット速度の重要性
海外で働く際、ネット速度は超重要です!

特に自宅などで働く場合、速度が遅いとデーターのやり取りなどで時間がかかったり、時には送受信出来ないといったトラブルが発生します。

海外のネットスピードの遅さを甘く見ると大変なことになります。
1Mなんて全然出ない場所が多々あります。

よってネット速度については、海外移住先を検討する際に必ず事前確認する項目の1つに挙げておきましょう。

もしインターネットなどで調べても移住先のネット環境が分からない場合は、現地に住んでいる先輩日本人の方などに調べてもらいましょう。

後々「こんなネットもまともにつながらないところに来るんじゃなかった!」とならない為に、多少お金を払ってでも必ず事前に調査をしましょう。

フィリピン我が地方都市の場合、我が家のネットスピードは平均30Mは出ています。
しかしプランや地域によっては1Mも出ない場合も多々あります。
費用は月額2500円前後です。

フィリピン現地調査サービス:親子留学や母子留学&海外移住者向け

海外移住後の仕事:選び方と基準について

海外移住後の仕事:選び方と基準について
海外移住して仕事を探す際、現地での仕事の選び方と基準は「欲しい金額」によって決めましょう。

もっと正確に言えば将来稼ぎたい金額によって、選ぶべき仕事は

・雇われる仕事
・雇う仕事(自営業)

の2つに分かれます。

海外移住後の仕事選び:月10万円前後で十分な場合

海外移住やセミリタイア生活を始めた後も

・毎月の希望収入が10万円前後で十分
・今後もこれ以上必要無い
・自分であれこれ考えるのはもうイヤ

であればクラウドテッククラウドワークスで仕事を探し、雇用される側になることで毎月10万円前後収入を得ることは可能です。

雇用される側ということで、煩わしい細かな気配りなどは必要無く気軽に働けます。

そして様々な仕事の中から、自分が得意なものであったり好きな仕事を選びましょう!

海外移住後の仕事選び:月20万円以上を狙う場合

また海外移住しながら毎月の収入を出来るだけ多く、例えば月20万円以上欲しいのであれば、自分で起業してノマド自営業者になることをおススメします。

起業と言っても会社を作り、登記する必要はこの段階ではありません。

収入が増えて節税対策の一環として将来行えば十分ですので、後の楽しみに取っておきましょう。

自営業の一例
・せどり → 安く買って高く売る
・ブログ → 広告収入&有料教材
・アフェリエイト→商品販売

上記のようなことを実践し、海外に住みながら収入を得ている人はいます。

もちろん上記3点の中から必ず選ばなければいけないという訳ではありませんが、自分で何かを初めて商売を育てましょう

ご清聴ありがとうございました(^^)/

※2020年8月追記

日本で暮らしている今のうちから将来フルリモートで働ける可能性がある会社へ転職して、将来の海外移住に向けスキルを身に付ける方法もあります。

そうすれば現地で仕事が見つかるのかといった不安も無くなり、給与も現地採用社員よりも高額になることが多いのでおススメです。

これからフリーランスなエンジニアライフを送りたいなら、転職支援サービス「Midworks」をおススメします。

フリーランスエンジニアに安心保証と豊富な案件紹介を【Midworks】

Midworksをおススメする理由は、下記5項目の様な正社員並みの補償が受けられる点です。

・福利厚生制度がある
(年間30万円相当)
・給与保証制度がある
・必要経費支援
(勉強代月1万円、交通費月3万円)
・保険の半額負担がある
・将来の独立に向けた支援がある

日本からフルリモートの仕事を持ってくれば、出社する必要も無く、比較的高い給与がもらえるので非常におススメです。

Midworksに登録する為には、ある程度のスキルが無いと厳しいです。

よって超初心者の方には向きませんので、面接を受ける際には自分の強みや出来る事を明確に説明できる様、必ず事前に準備しておきましょう。

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。