フィリピン生活

フィリピン人にやってはいけない事はこの2つ「宗教批判と家族批判」

フィリピン人にやってはいけない事はこの2つ「宗教批判と家族批判」

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

外国人の方と話していると、たまに「あれ!?」と思う事がありませんか?

違和感と言うかしっくりこないというか・・・おそらく文化や風習、考え方の違いから来ていることが多いと思います。

私自身アメリカとフィリピンに合わせて15年以上暮らしていますが、やはり異文化の方と接する際は気をつけるべき事や、やってはいけない事がいくつかあります。

そこで今回は実際にフィリピンに移住して分かった、「フィリピン人にやってはいけない事」についてお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の2点について分かります。

・フィリピン人にやってはいけない宗教批判
・フィリピン人にやってはいけない家族批判

下記のような方に向けた記事です
・フィリピン人とトラブル無く共存したい
・フィリピン生活でイライラしたくない
・何でフィリピン人は…理解出来ない
・日本人と異国人の違いを知りたい

今回の記事内容は私がフィリピンに移住して感じたことを書いています。
もちろんフィリピン人と言ってもいろいろな性格の方がいますので、すべての人に100%当てはまることではありませんのでご了承下さい。

それでは早速始めましょう!

フィリピン人にやってはいけない事は宗教批判

フィリピン人にやってはいけない事は宗教批判フィリピン人にやってはいけない事の1つ目は、宗教に関する否定や冒とくです。

フィリピン人の約93%はキリスト教徒(カトリックは約81%、プロテスタントは約11%)で信仰熱心(真剣)な方が多く、毎週日曜日は1日4回ほどに分けてお祈りをする為に教会に人々が集まっています。

・神なんていない
・聖書に書かれた話なんてすべて作り話
・全知全能の神なら全ての問題を解決して

世間には様々な考えを持っている方がいますが、上記のような事をフィリピン人に言えばお互い良い関係にはなれないでしょう。

ちなみに日本のキリスト教徒率は、約1.5%と非常に少ないです。

参考資料
・INQUIRER.NET
(Philippines still top Christian country in Asia, 5th in world)
・文部科学省宗教統計調査統計表一覧(令和元年度)
・総務省統計局人口推計(令和元年12月報)

フィリピン人にやってはいけない事の根源:宗教教育

フィリピンではキリスト教について、幼稚園のころから多くの学校で教育します。

実際に我が町にはおよそ幼稚園や小中学校が約5校ほどありますが、何らかのキリスト教の教育が行われています。

フィリピン人の宗教教育は、幼稚園の頃からすでに始まっています。

これはあくまで一例ですが、先日フィリピンの幼稚園に通う息子が「この世界は神様が作ったんだよ」と話してくれました。

根っからの無宗教である私はこれを聞いて少し驚きましたが、息子は幼稚園で聖書の話を聞き、そこから神様について先生から教えてもらっているようです。

幼稚園で歌う曲も、キリスト教の歌が多いです。

フィリピン人にやってはいけない事の根源:宗教行事

フィリピンでは(宗派にもよりますが)キリスト教活動の一環として、毎週日曜日の礼拝以外にもボランティアを定期的に行っています。

先日フィリピンにいらっしゃる日本人牧師さんの紹介で、わが町の近くにある青少年更生センターでボランティアをする機会がありました。

そこには

・両親が犯罪を犯して服役中
・本人が犯罪を犯して一般生活から隔離中
・本人周辺の環境が良くなく一時的に隔離中

などの理由がある少年たち、およそ15名ほどが共同生活を送っています。

この様な施設にキリスト教会の活動として、月に一度訪問して歌を一緒に歌ったり、一緒に遊んだり(今回は我々と一緒に折り紙をしました)、お菓子を寄付したりしています。

※とても多いマリアさん

フィリピンではよくある話ですが、この国の女性には「マリア」さんがものすごく多いです。
ちなみに私の息子が通う幼稚園には
・子供がマリアちゃん
・お母さんもマリアさん
・おばあちゃんもマリアさん
という3代マリアさんもいます。
これも聖母マリア様から名前を頂いているのでしょうね。

フィリピン人にやってはいけない事は家族批判

フィリピン人にやってはいけない事は家族批判フィリピン人にやってはいけない事の2つ目は、仕事や日常の会話などで家族に対する批判です。

特に家族や仲間への愛が深いフィリピン人に、深い理由もなく家族達を批判するようなことを言えば、10倍返しの反論が返ってくることは珍しくありませんので注意しましょう。

なおフィリピンに根付く基本的な考え方の一例は、下記のようなものです。

・家族第一主義
・女性の社会進出は当たり前

フィリピン人にやってはいけない事:身内の批判

フィリピン人の方は、基本「家族が一番大切」と考える方が非常に多いです。

日本では「仕事も家庭も両方大事」で、時には家族を犠牲にした残業も正当化されますが、フィリピンでは「そんな会社は辞めてしまえ」となるでしょう。

例えば会社の部下に家族を犠牲にして仕事をするように言うのは、フィリピンでは(フィリピン以外でも?)やってはいけない事です。

日本のパワハラ上司のように「この仕事を終わるまで帰るな!家庭より仕事だ!!」という事を部下に押し付ける上司は、フィリピンにはほぼいません。
そんなことしたら、現地人はほぼ全員辞めてしまうでしょう。

フィリピン人にやってはいけない事:女性の社会進出批判

日本では家族の稼ぎ頭と言えばご主人の場合は多いですが、フィリピンでは奥様のほうが稼ぎが良かったりすることが多々あります。

海外移住するなら知っておきたい「日本の常識と世界の常識」の差

海外移住するなら知っておきたい「日本の常識と世界の常識」の差
海外移住するなら知っておきたい「日本の常識と世界の常識」の差海外移住するなら知っておきたい「日本の常識と世界の常識」の差についてまとめました。具体的には日本の常識を押し付けない事と海外の常識を受け入れる事が、海外移住するなら知っておくべき事です。海外で暮らすなら他文化を受け入れ、取り入れないと海外移住しても苦しみます。...

もちろん「うちの愚妻(ぐさい)が・・・」といった古き日本の文化はフィリピンにはありませんので、女性蔑視のような発言には十分気をつけましょう。

フィリピン人にやってはいけない事は言葉の暴力

フィリピン人にやってはいけない事は言葉の暴力

これはフィリピン人の方だけに言えることではありませんが、今回お話しした2点(宗教批判と家族批判)つまり言葉の暴力に気をつければ、フィリピン人の方とは楽しく幸せに暮らせるでしょう。

フィリピン人の方と仲良くしたい場合は、宗教批判をせず家族を褒めれば効果絶大です。

やはり異国の方とのコミュニケーションにおいて、言葉は非常に大切です。

日本に住んでいるフィリピン人の方は日本語を話せる方も多いでしょうが、それでも日本に来たばかりであったりすれば英語とフィリピンの言語(その人の出身地にもよる)しか分かりません。

初歩的な英語でも全く構わないので、多少の英会話でお互いやり取り出来れば、例えば言葉の暴力と勘違いされることも無くなるでしょう。

そして私の為に英語を覚えてくれたと感謝もされるので、フィリピン人の方との交流もスムーズに進むでしょう。

簡単な英会話力を身に付けておけば、今より更にフィリピン人の方とコミュニケーションが取れ、仲良くなれるのでおススメです。

今ではインターネットでオンライン英会話教室を使い学習出来るので、自分が気に入った教室があればまずそこで始めて見るのも良いでしょう。

もし気になったオンライン英会話教室が無ければ、私がフィリピン人の方との基本的な英会話が出来るようになるおススメ教室を、いくつか選びましたので参考にして下さい。

私がこれらの教室を選んだ理由は、下記の5点です。

・無料で2回以上のお試し授業がある
・無料レッスン後にしつこく勧誘されない
・レッスンを受けた人からの評価が高い
・教室ではなく好きな場所でレッスン可能
・フィリピン人講師から格安で受講可能

ちなみに私ならまず1番から4番まで順番に、各英会話教室の無料レッスンを受けます。

そして気に入ったものがあれば、その中から1つ選んで有料でレッスンを継続します。

5番目のEFイングリッシュライブは中級者向けなので、英語が苦手な方はいくら無料でもレッスンを受ける必要は無いと思います。

おすすめ英会話学習サイトで無料体験レッスン
1)DMM英会話
初心者向け日常会話学習候補その1
2)レアジョブ英会話
初心者向け日常会話学習候補その2
3)ネイティブキャンプ
とにかく空いた時間で猛特訓!
4)クラウティ
1日1回のレッスンを家族でシェア
5)EFイングリッシュライブ
中級者向けグループレッスン有り

上記5社の詳細について知りたい方は、英語出来ない海外赴任者向け英会話スクール【海外生活16年で判明】をご覧下さい。

【旅行やビジネスでも使える英語力】海外移住おすすめ英会話スクール
英語出来ない海外赴任者向け英会話スクール【海外生活16年で判明】こんにちは、アキラです。 海外赴任になって海外で生活をすれば、どうしても英語力が必要になってきます。 そして最低限の英会話は仕事...

フィリピン人の方と仲良く付き合う為には、やってはいけない事の2つ「宗教批判と家族批判」を意識しましょう!

ご清聴ありがとうございました(^^)/

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。