フィリピン生活

フィリピンでやってはいけないことを全部まとめて徹底解説!

フィリピンでやってはいけないことを全部まとめて徹底解説!

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

私は2019年からフィリピンに家族と住んでいますが、やはり日本とは文化も国民性も大きく違うので、日本の常識が通用せず大変なこともたくさん経験しました。

海外移住するなら知っておきたい「日本の常識と世界の常識」の差

海外移住するなら知っておきたい「日本の常識と世界の常識」の差
海外移住するなら知っておきたい「日本の常識と世界の常識」の差海外移住するなら知っておきたい「日本の常識と世界の常識」の差についてまとめました。具体的には日本の常識を押し付けない事と海外の常識を受け入れる事が、海外移住するなら知っておくべき事です。海外で暮らすなら他文化を受け入れ、取り入れないと海外移住しても苦しみます。...

もちろん「郷に入っては郷に従え」の精神で、フィリピンで暮らすと決めたならば、フィリピンの常識や習慣を学ぶ必要が外国人の我々にはあります。

そこで今回の記事では、実際に私が海外移住して分かったフィリピンでやってはいけないことについてお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の2点について分かります。

・フィリピンで絶対やってはいけないこと
・フィリピンでやってはいけないこと

1番目の「フィリピンで絶対やってはいけないこと」は、命の危険や取り返しがつかない状況になる場合があるので絶対やめましょう。

2番目の「フィリピンでやってはいけないこと」は、相手に不快な思いをさせたり、多額の費用が発生する可能性があるので気をつけましょう。

それでは早速始めます!

フィリピンで絶対やってはいけないこと

下記の3点については、フィリピンでは絶対にやってはいけません。

・人前で怒る
・宗教や家族批判
・簡単に信用する

これらをフィリピンでやってしまうと、恨まれてる可能性が出てくるので、ケガをさせられたり最悪の場合は殺されかねません。

フィリピンで絶対にやってはいけないこと:人前で怒る

フィリピンで暮らしていると、日本では考えられないことを多々経験します。

店の店員の態度は悪いですし、レストランで注文しても長く待たされたりするのは当たり前です。

日本であればクレーマーでなくとも、「どうしてそうなるんだ!」「責任者を読んで下さい!」と言いたくなってしまう場面が多々あります。

しかし

フィリピンでは絶対に相手を人前で感情のまま怒ってはいけません

何故ならフィリピン人は日本人と比べ、怒られることに慣れていません。

よって人に怒られることを非常に恥ずかしいと思う傾向が強く、ましてや人前で叱られたりすれば屈辱的に感じてしまう為、後日暴力的な仕返しをされる可能性も出てきます。

フィリピンでは残念ながら信じられないくらいの安いお金で、殺人などの犯罪行為を引き受けてくれる人がいます。

よって一度恨みを買ってしまったら、いつ誰に何をされてもおかしくないので、いかなる理由があっても人前でフィリピン人を怒鳴りつけるようなことは絶対にやめましょう

【体験談】若者から高齢者まで:海外への移住に向いている人いない人

【体験談】若者から高齢者まで:海外への移住に向いている人いない人人いない人
【体験談】若者から高齢者まで:海外への移住に向いている人いない人海外への移住に向いている人、向いていない人について。自主的に行動出来、ネットなどで情報収集できる人は向いています。日本の風習や文化、考え方を海外移住先に求める方は向かないのでやめましょう。海外への移住を検討する若者から高齢者シニアの方に読んでもらいたい記事です。...

フィリピンで絶対にやってはいけないこと:宗教や家族批判

フィリピンで暮らしていると、毎週決まった曜日に教会でお祈りをしたり、家族や親せきが全員一致団結して暮らす様子を良く目にします。

普段は賑やかで明るいフィリピン人の方々も、教会では静かで敬虔なクリスチャンになります。

家族が困っている時は自分の財産をなげうってでも助けるといった、熱い心意気を持ったフィリピン人の方はたくさんいます。

よってフィリピンでは

宗教や家族を批判するようなことは絶対してはいけません

もしキリスト教批判や家族の悪口を言ってしまい、恨まれたりでもしたら最悪命を狙われる可能性もあるので絶対にやめましょう。

大げさに聞こえるかもしれませんが、フィリピンでは人に恨まれて命を狙われることは決して珍しいことではありません。

フィリピンの宗教観や家族愛の詳細について知りたい方は、フィリピン人にやってはいけない事はこの2つ「宗教批判と家族批判」も併せてご覧下さい。

フィリピン人にやってはいけない事はこの2つ「宗教批判と家族批判」
フィリピン人にやってはいけない事はこの2つ「宗教批判と家族批判」フィリピン人にやってはいけない事は大きく2つあります。1つ目は宗教に関する冒とく。2つ目は家族に対する冒とくです。フィリピン人の方は熱心なキリスト教徒が多く、宗教は日本人が考える以上にフィリピンでは大切なことです。また家族や仲間への愛も我々が考える以上に深く、絶対に冒とくはフィリピン人にやってはいけない事です。...

フィリピンで絶対にやってはいけないこと:簡単に信用する

フィリピンではすべてのことに対して、簡単に信用してはいけません。

大切なことなのでもう一度書きます。

フィリピンではすべてのことに対して簡単に信用してはいけません

誤解の無いようにしたいのでまず初めに説明しますが、これは別にフィリピン人の方がウソつきとかいう訳では決してありません

フィリピンでは簡単に信用するな:文化の違い

日本では「有言実行」や「自分が言ったことに責任を持つ」文化がありますが、フィリピンではほぼ皆無(ゼロ)です。

・今日中に終わると言ったが終わらない
・明日までにやると言ったがやらない

フィリピンでは何か人に頼めば、予定通りに終わることなどほぼ無いでしょう。

私はフィリピンで携帯を修理に出しましたが、当初3日で直ると言われたところ1ヶ月以上かかり、肝心の携帯は直ることも無く変わり果てた姿で戻ってきました

※変わり果てた姿を見たい方はフィリピンではiPhoneを修理するな!更に壊されバラバラにをご覧下さい。

フィリピンでは簡単に信用するな:やさしさの向こう側

フィリピンで暮らしていると、ものすごく優しく接してくれたり、もてなしてくれる場面が多々あります。

そしてそれらのほとんどが、本当に好意的で優しさを表したものでしょう。

しかし時としてそれらのやさしさの先にあった犯罪に巻き込まれたり、最悪殺されてしまう可能性もあるので、よほど信用出来る人以外の誘いなどは絶対に受けないようにしましょう。

・誘拐や拉致⇒親族へ身代金要求
・こん睡強盗⇒金品強奪される
・ギャンブル⇒カモにされ高額支払い

フィリピンでは決して珍しくない犯罪です。

バーで出会った優しい人や旅先で出会った親切な人。

フィリピンで疑うことなく簡単にすべてを信用してしまう」のは、時として命を落としかねないので絶対にやってはいけないことです。

フィリピンでやってはいけないこと

次に命を落としたりする可能性まではありませんが、周りに不快な思いをさせない為に、フィリピンでやってはいけないことについてお話しします。

フィリピンでやってはいけないことは下記の3点です。

・どこでも喫煙する
・仲良くなりすぎる
・一度に複数のお願い

フィリピンでやってはいけないこと:どこでも喫煙する

フィリピンでは特に2000年以降、たばこに対して規制や値上げが頻繁に行われています。

2000年前半はたばこ1本1ペソ(約2円)で売っていたそうですが、2020年現在は1本7ペソ(約14円)と実に7倍に値上げされています。

そして喫煙できる場所も日本同様に減ってきており、2020年時点では多くの都市が公共の場所での喫煙を禁止しており、タバコを吸えるのはごく一部の決められた場所だけです。

守らなければ罰金を取られたり、警察に連行されることもあります。
よって歩きタバコとか、レストランやバーでの喫煙は、認められているのか吸う前に確認しましょう。

フィリピンでやってはいけないこと:仲良くなりすぎる

フィリピン人の方は良い人も多く、何か困っている時は助けてくれたりもするステキな方々がたくさんいます。

しかしだからと言ってあまりに仲良くなりすぎると、後々困ったと後悔することもあるので気をつけましょう。

例えばフィリピン人と深い仲になるということは、お互い困ったときには自分の私財をなげうってでも助けるという関係になるということです。

そして一度そういった関係になると、解消するのも難しいです。
よって下記の様なお願いごとを受け入れ、逃げずに正面から対応する覚悟が必要です。

・弟が事故にあって入院費用が…
・お父さんが体調不良で薬代が…
・親戚のおじさんが…
・いとこの学費が…
・お母さんのお店の準備資金で…

もしも覚悟が無ければ、フィリピン人と仲良くなりすぎることはやめておきましょう。

またフィリピン人は大変おしゃべりな方も多いので、「ここだけの話」というものが日本以上に全く通用しません。
よって相手を信用して他の人に知られたくない秘密を話すことは、絶対にやってはいけません

もちろん友人としてフィリピンの方と仲良くするのは全く問題ありません。

フィリピンでやってはいけないこと:一度に複数のお願い

フィリピン人の人に何かお願いをする場合、一度に複数の依頼をしてはいけません。

何故ならかなりの確率で、全てやってくれないからです。
分かりやすく簡単に言うならば、忘れられてしまいます。

・仕事で部下や取引先に指示や依頼を出す
・レストランで水と追加のデザートを頼む
・雑貨屋であの人形とバックの値段を聞く
・明日会う時にAとBを持って来て欲しい
・明後日は午前と午後に面接が入っている

これらはかなりの確率で、どちらか1つが忘れられるでしょう。

忘れられない対策は簡単です。
1つずつ頼めば良いのです。

相手側に要望するのではなく、我々がやってもらえる方法でお願いしましょう。

これくらいの気遣いと心配りが無いと、フィリピンではやっていけません!

フィリピンではこのほかにも、いくつか細かなやってはいけないこともあります

1,マスクをしないで外に出る
2,電気に依存しすぎた生活
3,道路の側道を走る
4,治安のよくないところに行く
5,野良犬にちょっかいを出す
6,確認せずにトイレットペーパーを流す

フィリピンで快適に暮らす為には、これらについてもやってはいけないことですので注意しましょう。

上記6項目の詳細説明については、フィリピンの問題点を徹底検証!海外移住して分かったデメリット6点【徹底解説】フィリピンのトイレ攻略10か条と綺麗なトイレの探し方を参照下さい。

フィリピンの問題点を徹底検証!海外移住して分かったデメリット6点
フィリピンの問題点を徹底検証!海外移住して分かったデメリット6点海外移住して初めて分かったフィリピンの問題点は6点あり、その中でも排気ガスの問題点が一番大きいデメリットです。このデメリットが受け入れられないと、フィリピンへの海外移住は難しいでしょう。これからフィリピンへ海外移住する方、問題点やデメリット、課題を事前に知りたい方向けの記事です。...
【徹底解説】フィリピンのトイレ攻略10か条と綺麗なトイレの探し方
【徹底解説】フィリピンのトイレ攻略10か条と綺麗なトイレの探し方フィリピンのトイレを快適に使う為の10か条と、綺麗なトイレの探し方について説明しています。基本フィリピンには外国人向けのキレイなトイレと、現地人のそうではないトイレの2つに分かれます。現地人向けのトイレは日本人にとって厳しい内容になるので、事前に覚悟をもって使いましょう。...

また最後になりましたが、フィリピンでやってはいけないことは、アメリカのそれにも非常に似ています。

下記の記事もフィリピンで働いたり生活する上でやってはいけないことなので、興味のある方は参照下さい。

パワハラやセクハラには要注意!アメリカ駐在員向けハラスメント講座

パワハラやセクハラには要注意!アメリカ駐在員向けハラスメント講座
パワハラやセクハラには要注意!アメリカ駐在員向けハラスメント講座アメリカ駐在員は要注意するべき、パワハラやセクハラなどのハラスメントについて説明しています。ハラスメントと言えばパワハラなどが有名ですが、アメリカでは人種や年齢などの差別にも注意が必要です。アメリカにはハラスメントに関する法律も整備されているので、簡単に会社側が訴えられるので注意しましょう。...

ご清聴ありがとうございました(^^)/

最後にフィリピンで快適に暮らすには、最低限の英会話力が必要になります。

もちろん日々のフィリピン生活で徐々に身に付けても良いのですが、オンライン英会話を使えばフィリピン移住前に英語力を身に付けることが出来ます。

もし海外で生活する為の英語力を身に付けたい方は、下記のサイトで無料レッスンを試してみましょう。

なお私がこれらのオンライン英会話教室を選んだ理由は下記の5点です。

・無料のお試しレッスンが2回以上ある
・レッスンを受けた人からの評価が高い
・ネットで受講するので教室に行く必要無し
・海外移住生活で必要な英語力が身につく
・無料レッスン後にしつこく勧誘されない

海外移住者向けおすすめ英会話学習サイト5選
無料お試しレッスン2回以上(最大14日)付き
1)DMM英会話
初心者向け日常会話学習候補その1
2)レアジョブ英会話
初心者向け日常会話学習候補その2
3)ネイティブキャンプ
とにかく空いた時間で猛特訓!
4)クラウティ
1日1回のレッスンを家族でシェア
5)EFイングリッシュライブ

中級者向けグループレッスン有り各教室の詳細については、英語出来ない海外赴任者向け英会話スクール【海外生活16年で判明】をご覧下さい。

【旅行やビジネスでも使える英語力】海外移住おすすめ英会話スクール
英語出来ない海外赴任者向け英会話スクール【海外生活16年で判明】こんにちは、アキラです。 海外赴任になって海外で生活をすれば、どうしても英語力が必要になってきます。 そして最低限の英会話は仕事...
ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。