セミリタイア

【体験談】フィリピンTIN取得方法完全マニュアル(前編)

【体験談】フィリピンTIN取得方法完全マニュアル(前編)

こんにちは、アキラです。

今回はフィリピンの地方都市で、フィリピンのTIN(納税者識別番号)を取得する方法をお話しします。

・日本人(外国人)でもTIN番号が必要なケース
・申請時に必要なもの
・当日の流れ
・入手した後にする事

上記のようなことを知りたい方は、5分ほどお付き合い下さい。

TIN番号とは
Tax Identification Numberの略で、納税者識別番号になります

その前に簡単な自己紹介を・・・。

改めまして、アキラと申します。

2019年の5月、45歳直前でサラリーマン生活を終わらせ(早期退職)、2019年6月から家族で海外移住しセミリタイア生活を送っています。

日本小中校卒→北米高卒→日本大卒→就職→北米駐在→退職→セミリタイア中

今思えば実現するために、いろいろな準備や調査等をしましたが、忘れてしまう前に今回「実録ドキュメント」として私が実際取った行動などを、ブログという形で公開することにしました。

「私も資産運用して、将来早期リタイアや自分がしたいこと(サラリーマンではない何か)で生きていきたい。その為には海外移住していいかも・・・」と考えている方へ、一つの実例として少しでも参考になれば幸いです。

セミリタイアする為の投資について:結局具体的に何をすれば良いの?
セミリタイアする為の投資について:結局具体的に何をすれば良いの?セミリタイアする為の投資について、結局具体的に何をすれば良いのかについて書いた記事です。どうしても日々の仕事が忙しいと、セミリタイアしたいと思っていても必要な事が何か分からず、結果行動出来ずに何年も時間だけが過ぎてしまいます。セミリタイアをしたい!だから投資を始めたいという方に向けた記事です。...
【体験談】サラリーマンがセミリタイアするデメリットとデメリット:サラリーマン向け
【体験談】サラリーマンがセミリタイアするデメリットサラリーマンが本気でセミリタイアを目指すと決めた時に、是非読んでもらいたいメリットとデメリットです。私が実際にセミリタイアして気づいた3つのポイントについてお話ししています。サラリーマンがセミリタイアするデメリットは確かにありますが、もし会社員でいる事が苦痛ならそんなデメリットは気にせずセミリタイアすれば幸せになれます。...
体験談:独身や家族が海外移住するには?初めからその後まで徹底解説
体験談:独身や家族が海外移住するには?初めからその後まで徹底解説家族で海外移住するには具体的にどうすれば良いか、準備や費用、具体的な方法について書いたまとめ記事です。 まず初めに家族で海外移住するには何をすべきか、知っておくべき事の説明と、その後に具体的な準備や方法、費用についても説明しています。これから家族で海外移住を検討する方に読んでもらいたい記事です。...

思ったより簡単に手に入るTIN

まずは結論から。

フィリピンの地方都市でも、TIN(納税者識別番号)は意外なほど簡単に手に入ります。

そして費用は無料です。

実際私の場合、午前8時15分に町にあるBIR(Bureau of Internal Revenue)へ行き、同日の午前9時30分に発行されました。

そして実際の手続きですがが、現地語や英語が全く喋れないと正直厳しいです。

係員に「取得理由は何ですか?」などと聞かれます。
不安な方は事前に理由を紙に書いて、準備しておきましょう。

ただし何とかなる可能性もありますので、まずは自分でトライしてみても良いと思います。

そしてうまくいかなかったり、初めから確実に取得したい場合は、現地語もしくは英語が得意な友人や、現地に日本人エージェントさんがいればお願いしましょう。
(私で良ければお手伝いしますので、下記ブログ記事を参照下さい)

フィリピン現地調査サービス:親子留学や母子留学&海外移住者向け留学や母子留学&海外移住者向け
フィリピン現地調査サービス:親子留学や母子留学&海外移住者向けこの記事は親子留学や母子留学、海外移住を検討されている方が、正確な情報を手に入れる方法について説明しています。フィリピン現地調査サービスを使うと、ネット上にある情報に惑わされることなく真実が分かります。親子留学や母子留学、海外移住する前に是非ご活用を検討下さい。...

TINが必要なケース

フィリピンで生活する我々外国人が、TINを必要とするケースは、主に下記のような場合です。

・起業する
・不動産投資する
・株式や投資信託で投資する

私の場合はアメリカで資産運用している証券会社(American Funds)へ、住所変更依頼(アメリカからフィリピン)をした際、フィリピンのTINを連絡するように指示されました。

申請時に必要なもの

今回私が申請した際、実際に必要だったものは下記の通りです。

必要なもの部数
1パスポートコピー(写真部分)1枚
2申請用紙(Application for Registration Form 19042枚

事前に用意したもの

事前にネットで諸先輩方の体験談等を拝見し、

・パスポート原本
・TINが必要な理由を書いた紙
・SRRVisaカード

も持って行きましたが、実際には使いませんでした。

ただしフィリピンは担当者によって、必要なものが変わります。
よって念のため(重いものでもありませんので)、必要になる可能性があるものは、すべて持って行きましょう。

また書類を記入するボールペンもお忘れなく・・・

当日用意したもの

私の場合、当日用意したものは、申請書(Application for Registration Form)のみです。

書類自体は、建物の入り口に置いてあります。

近くに係員がいますので、目的を伝えれば(私の場合はアメリカの証券会社からTINを連絡するように言われた)、それに合った申請用紙をくれます。

なお我々外国人がTIN番号を取得する際は、フィリピン人の方と違い「Form1904」になります。「Form1901」ではありませんのでご注意を・・・

申請書右端に番号が書いてありますので、入手したら確認しましょう。

この申請用紙は事前にインターネットから入手可能ですので、事前に用意しても良いでしょう。
ダウンロードはこちらからどうぞ。

申請書の書き方

ちなみに申請書の書き方ですが、一見いろいろな事を記入しないといけないように見えますが、実はそんなことありません。

実際私が記入したものは、下記の項目のみです。

書類に
ある番号
項目名説明
1Taxpayer Type1回のみでないので、「E.O.98」に×マーク
2Classification個人なので「Individual」に×マーク
3Date of Registration登録日なので「今日の日付」を記入
6Sex性別は(私の場合は男)Maleに×マーク
7Taxpayer’s Name納税者氏名なので自分の名前を記入
9BSpouse Name配偶者氏名なので奥様の名前を記入
10Date of Birth自分の誕生日を記入
13Local Addess現在住んでいるフィリピンの住所を記入
14Zip Codeフィリピンの郵便番号(通常4桁)を記入
20Tax Types投資信託運用なので「Capital Gains Tax」に×

これでTIN番号を発行してもらえました。

最後に

長くなりそうなので、今回はここまで。

続き(後編)は下記記事をクリック下さい。

【体験談】フィリピンTIN取得方法完全マニュアル(後編)
【体験談】フィリピンTIN取得方法完全マニュアル(後編)こんにちは、アキラです。 昨日下記のブログ記事で、フィリピンTIN(納税者識別番号)の取得方法についてお話ししました。 【体...

ご清聴ありがとうございました(^^)/

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。