セミリタイア

【体験談】会社大嫌いな人専用:速攻セミリタイアやFIREする裏技

【体験談】会社大嫌いな人専用:速攻セミリタイアやFIREする裏技

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

アキラ
アキラ
会社員生活なんてもうムリムリムリ!!
白サイくん
白サイくん
おっ?いきなりどうした…

私の努めていた会社は決してブラックではありませんでした。

しかし私自身が会社員として務め続けることに限界を日々感じており、40代に入った頃には日々出社するのが苦痛に感じるようになっていました。

そこで今回は私のような

・会社員として働き続け
・日々出社するのもイヤになって
・一刻も早く早期退職したい人

に向けて、速攻セミリタイアやFIREする為の最低限必要な準備や方法についてお話します。

なお今回は下記の2点を中心に、詳しくお届けします。

・速攻セミリタイアする裏技:独身編
・速攻セミリタイアする裏技:既婚編

これらは私が実際にセミリタイアして分かった、これくらいは実際に会社を辞める前に準備したりクリアしておくべき内容です。

逆に言えばもし私がこれからセミリタイアを目指すなら、当面の目標は今回お話する内容になるでしょう。

それでは早速始めます!

速攻でセミリタイアする為には、転職して給与を増やすことも即効性があり非常に効果的です。

そして転職活動は無料(タダ)なので、本当にセミリタイアやFIREしたいなら積極的に行いましょう。

ただし次の仕事が確実に決まるまでは、絶対に今の仕事を辞めないようご注意下さい!

人間らしい暮らしをしつつセミリタイアを目指したい!

無料で人間らしい生活&セミリタイアを目指せる転職活動は主に下記の3つです。

1.日本国内でずっと働きたい場合

ものづくりエンジニア


製造業専門のメイテックネクストで転職活動:給与や職場環境を改善!

 

2.将来セミリタイアしたい場合

TECH::CAMP【エキスパートコース】 集客プロモーション

3.海外駐在員や年収の高い仕事を目指す場合
※現在の年収600万円以下の方向け

1)年収(手取りではなく支給額)が600万円以下の場合

英語・外資系に強い人材紹介会社JAC

2)年収(手取りではなく支給額)が600万円以上の場合

ハイクラスの転職支援サービス【Samurai Job】の非公開情報を確認

速攻セミリタイアやFIREする裏技:独身編

速攻セミリタイアやFIREする裏技:独身編

もし自分が独身で出来るだけ早くセミリタイアやFIREしたいなら、最低限準備もしくはクリアすべき項目は下記の2点です。

・2年分の生活費を貯金する
・毎月の生活費分を確実に稼ぐ

詳細についてはこれからお話しますね。

速攻セミリタイアやFIRE!2年分の生活費を貯金する

以前私は通常セミリタイアやサイドFIREする為に、独身の方が必要なお金は最低1000万円だとお話しています。

しかし今回は速攻セミリタイアしたい方向けなので、少し目標が下がっています。

もしも独身の方で、月10万円の生活費で暮らすならば、まずは2年分の生活費を貯めましょう。

つまり240万円(月10万円✕24ヶ月=)です。

切りよく300万円を目指しても良いかも…。

私は実際にセミリタイア生活を初めて分かりましたが、1年分の生活費しか手元にないと非常に不安です。

もちろん全てがうまく進んでいる時は問題ありませんが、例えば体調不良で入院すれば数ヶ月くらい働けずに収入がゼロになったり。

退院出来ても治療費や薬代で、また高額の出費が発生したりと大変です。

そんなことをしていれば、生活費1年分の貯金額(=120万円)があっという間に、半分以下になってしまってもおかしくはありません。

その点2年分(=240万円)の貯金があれば、突発的な出費が発生しても残りの貯金額が、いきなり残り半年しかないといったことはまず無いでしょう。

速攻セミリタイアやFIRE!毎月の生活費分を確実に稼ぐ

2年分の生活費を貯める他に、絶対必要なことはこの毎月の生活費分を、確実に稼げるようになっておくことです。

独身の場合は既婚者と比べて、誤解を恐れずに言えば気楽です。

失敗したり後悔しても家族がいる訳ではないので、結局困るのは自分ひとりで誰にも迷惑をかけることはありません。

なので毎月の生活費だけ確実に稼げる体制を作っておけば、たとえ会社を早期退職してもその後生きていけなくなるといったことは無いでしょう。

例えば独身が月10万円で暮らす場合、例えばアルバイトや派遣社員のような仕事をすれば、毎月稼ぎ続けることはそれほど難しく無いのかと…。

・コンビニや飲食店等でバイト
・プログラマー等のIT系フルリモート
・時給1000円級の在宅勤務

アルバイトでも派遣社員でもフルリモートの在宅勤務で良いのですが、お好きなもので毎月の生活費を稼げる仕事を準備しましょう。

そしてここで大切なのは

今回お話した2つの準備(2年分の生活費を貯金、毎月必要な生活費を確実に稼げる仕事の確保)が出来ないうちは、絶対に今の仕事を辞めないこと

ですので、是非ともご注意下さい。

もし今の仕事がどうしても辛ければ、この記事のはじめで紹介した転職サイトに登録して、新しい職場を早急に見つけましょう。

1.日本国内でずっと働きたい場合

ものづくりエンジニア


製造業専門のメイテックネクストで転職活動:給与や職場環境を改善!

 

2.将来セミリタイアしたい場合

TECH::CAMP【エキスパートコース】 集客プロモーション

3.海外駐在員や年収の高い仕事を目指す場合
※現在の年収600万円以下の方向け

1)年収(手取りではなく支給額)が600万円以下の場合

英語・外資系に強い人材紹介会社JAC

2)年収(手取りではなく支給額)が600万円以上の場合

ハイクラスの転職支援サービス【Samurai Job】の非公開情報を確認

速攻セミリタイアやFIREする裏技:既婚編

速攻セミリタイアやFIREする裏技:既婚編

既婚者の場合は5000万円貯めてからセミリタイアやFIREすべきだと、私は別のブログ記事やYouTube動画でお話しています。

とはいえそんな大金を貯めるには時間がかかりすぎるので、その前にとにかく速攻セミリタイアする為のお話をこれからします。

具体的にはクリアすべき項目は下記の2点です。

・5年分の生活費を貯金する
・毎月の生活費分を夫婦で確実に稼ぐ

速攻セミリタイアやFIRE!5年分の生活費を貯金する

独身の場合は2年分で良かったのですが、既婚者の場合は5年分の生活費をまずは貯めましょう

もし毎月20万円で暮らすならば、必要な金額は1200万(20万円✕12ヶ月✕5)です。

既婚者の場合は配偶者や子供がいる為、突発的な問題が発生した場合に出来るだけ迷惑をかけたくないでしょう。

よって5年分の生活費を確保しておけば、例えば1年まるまる収入ゼロになったとしても、まだ4年間分の生活費があるので安心です。

速攻セミリタイアやFIRE!月の生活費を夫婦で確実に稼ぐ

何かとデメリットが多い既婚者のセミリタイア活動ですが、独身の方と比べて良い点があります。

それは毎月の生活費を、夫婦で稼げばOKという点です。

例えば生活費が20万円の場合、夫が月2万円しか稼げなくても、妻が18万円稼げば目標クリアです。

独身なら自分が収入ゼロ=月の収入もゼロですが、既婚者なら配偶者の収入は確実に手に入るでしょう。

リスク管理の面からしても、1馬力で働く独身よりも、2馬力で働く既婚のほうが有利です。

会社大嫌いな人が速攻セミリタイアやFIREする裏技

会社大嫌いな人が速攻セミリタイアやFIREする裏技

今回お話した会社が大嫌いな人が、速攻セミリタイアやFIREする為に、最低限必要な準備や行動は下記の通りです。

独身なら
・2年分の生活費を貯金する
・毎月の生活費分を確実に稼ぐ

既婚なら
・5年分の生活費を貯金する
・毎月の生活費分を夫婦で確実に稼ぐ

もし私が本当に正社員勤務を辞めたければ、上記2点を目標にまずは取り組みます。

そして達成した時点で、まだ会社員生活を続けられる余裕があれば、引き続き会社から給与をもらいつつ、資産運用を活用して自分の資産を確実に増やします

そして会社員生活が耐えられなければ、少し早いですが早期退職してプチセミリタイア生活をスタートさせるでしょう。

いずれにせよセミリタイア生活を成功させるコツは、いかに大金を早く貯めるかにかかっていると思います。

私は海外でしか販売していない商品も活用し、自分の資産を出来るだけ安全に、冒険すること無く増やしました。

私が実際に行った、海外資産運用商品について興味がある方は、海外の資産運用商品は怪しい?初心者におススメ!後悔しない選び方をご覧ください。

海外の資産運用商品は怪しい?初心者におススメ!後悔しない選び方におススメ!後悔しない選び方
海外の資産運用商品は怪しい?初心者におススメ!後悔しない選び方海外の資産運用商品は怪しいのか?初心者におススメな後悔しない選び方について。アメリカ駐在時代に資産運用を始めて分かりましたが、海外には日本で購入出来ないオトクなおすすめ商品がいくつもあります。問題はそれらをどうやって購入するのか。オススメのエージェントさんや商品について説明しています。...
ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。