海外移住

【体験談】若者から高齢者まで:海外への移住に向いている人いない人

【体験談】若者から高齢者まで:海外への移住に向いている人いない人人いない人

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

ネット上では海外移住をおススメする記事が結構あります。
そして中には語学留学学校やツアコンのような、いわゆる誘致して利益を得たい方々の情報もあり、それらはたいてい素晴らしい最高の海外生活について説明されています。

しかし本当にそうなのでしょうか?

私自身15年以上海外での移住生活を行っており、基本的には海外生活は人に進められるメリットの多いものだと思ってはいますが、それでもやはり海外生活に向かない方がいるのも事実だと思います。

そこで今回は私のような何も利害関係が無い一般人が、若者から高齢者の方に向け「海外への移住に向いている人と向いていない人」についてお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の2点について分かります。

・海外への移住に向いている人
・海外への移住に向いていない人

私はアメリカとフィリピンに合わせて15年以上住んでいますが、そんな私の実体験や経験した話を踏まえてお話しします。

それでは早速始めましょう!

若者から高齢者まで:海外への移住に向いている人

若者から高齢者まで:海外への移住に向いている人

まずは「海外移住に向いている人」について。
このような方は、海外での移住生活は楽しいものになる場合が多いです。

海外移住先で自分でやる事を見つけて行動出来る人

突然ですが私の父は酉(トリ)年です。
もうすでに会社を定年して悠々自適の身ですが、母親曰く一年中家の中をちょこちょこ動いているようです(笑)。
庭の手入れ、家の荷物を定期的に断捨離、ゴルフなど・・・日々忙しく活動しています。

この様に「自分で何かを見つけ行動に移せる人」は、基本どこで暮らしても楽しく生活されている方が多いです。

海外移住先でも探求心が強い人

新しい土地で暮らすという事は、当たり前ですが分からないことばかりです。
日本国内ですら、引っ越しすれば生活が落ち着くまで大変です。
それが異国の地であれば・・・なおさらだと思います。

・アパートの手配
・電気、ガス、水道の手配
・便利なスーパーの探索
・レートの良い両替所の探索
・大型家電や家具等の準備
・子供の学校入学手続き
・銀行口座開設
・病院の確認
・運転免許証取得
・おいしいレストランの探索
・手に入る日本食材の確認
・ビザの手配等・・・

これらを面倒くさがらずむしろ楽しみながら、自分が移住したかった町を自分の足で探索し、英語や現地語で対応することを苦に思わない方は海外への移住に向いています。

もちろん海外での生活ともなれば、大変なこともあるでしょう。
家賃の値上げ抑制交渉や自分の英語力の弱さによる課題、その他日本では想像していなかった家族間の問題が待ち構えています。

海外移住する人はそれにもめげることなく、また新たな気持ちで取り組む「折れない心」や「病まない心」があると有利です。

我が家が移住後に体験したトラブルの実例について興味がある方は、セミリタイアしたら夫婦仲が最悪に!?退職したら家族にやるべきことをご覧下さい。

セミリタイアしたら夫婦仲が最悪に!?退職したら家族にやるべきこと
セミリタイアしたら夫婦仲が最悪に!?退職したら家族にやるべきこと残念ながらセミリタイアしたら、夫婦仲が最悪になる可能性が非常に多いです。我が家もそうでしたが、その原因は今までいなかった人が家で行うパワハラやクレームです。 今まで何も文句を言われたい事について、急にいろいろ言われれば夫婦喧嘩の原因になり、家族仲も悪くなるので気をつけましょう。...

海外移住先でインターネットを活用できる人

インターネットのない生活は、不幸ではありませんが大変不便になる可能性が大きいです。

例えば現在我が家は海外で生活をしていますが、もし今インターネットがなくなったら、間違いなく生活が一気に不便になります。
もう日本のテレビ番組やニュースも見られません。日本に住んでいる両親にも、簡単に連絡が取れなくなったり、孫の顔を頻繁に見せることも出来ません。

また新しい土地で、いろいろな情報を見つける際にも、ネットがないと大変苦労します。
今の時代はグーグルマップに必要な場所を入力(例:レストラン)すれば、すぐに評価の高いレストラン情報や、時にはメニューまで入手出来ます。

絶対必要な能力ではありませんが、インターネットを活用出来る人は何倍も海外でラクで楽しい生活を送ることが出来ます。

海外移住先で細かいことを気にしない人

最終的には細かなことを都度気にしないことが、一番重要だと私は思います。
これから下記の「海外への移住に向いていない人」で説明しますが、あまり細かい人は正直海外移住に向きません。

命や大金に関わること以外、日々起こる信じられないようなトラブルなどは、深刻にとらえず受け流せる大きな気持ちを持ちましょう。そうしないと海外での移住生活が日々イライラする、辛く苦しいものになってしまいます。

若者から高齢者まで:海外への移住に向いていない人

若者から高齢者まで:海外への移住に向いていない人
次は海外への移住に向いていない人についてお話しします。

海外生活に向かない人は「リッチで優雅な海外生活と実際のギャップ」に悩み、結局日本に戻られる場合が多いです(実際私も若者から高齢者まで、帰国された方々を見ています)。

日本の常識を海外移住先で求める人

結局一番まずいのは海外移住先で、日本の常識を現地の方に求めてしまうことです。

あくまで私の私見ですが、このようなタイプはまじめな会社員や、社会的に地位がある(自営の社長さんや会社の部長さんとか)方によく見られます。

・自分もきちんとするから相手もするべきだ
・これくらいは当たり前だ。私ならやるぞ
・気が利かないな。まじめに働いているのか
・そっちのミスだろ。私は悪くない!!!

日本企業で約20年働いていた私は、これらのことを「ごもっともだ」と理解できます。
もしかすると私も初めは、このように考えていたのかもしれません。

しかし残念ながらこれらはすべて、海外ではほぼ通用しない考え方です。

実際海外への移住生活では

・日本人の様にきちんとしておらずいい加減
・日本人が求める様なことはしてもらえず
・気が利かずまじめに働かない
・相手がミスをしてもなぜか我々が損をする

と感じてしまうことが多いです。
実際にそしてそれが許せず、イライラして日本に帰られる方もいらっしゃいます。しかしこれらを許せないのならば、海外移住で暮らしていけないでしょう。

海外移住先では「日本の常識は世界の非常識」

移住される国にもよると思いますが、高級ホテルやリゾート地は別として、普段の生活をするような環境で、日本のような素晴らしいサービスや待遇を受けられる国は無いでしょう。そしてそれに慣れてしまっている我々日本人は、現地での「ひどい」待遇に我慢できず、また許せずに不満がたまります。

しかし日本人の我々がヒドイと思うことを「笑って流せるように」ならないと、海外への移住生活は難しいでしょう。
別にその国の人達は我々にだけイジワルしたり、そのようなひどい態度をとっている訳ではないはずです。それがその国では当たり前の対応なのです。

日本の常識と世界の常識の違いについては、海外移住するなら知っておきたい「日本の常識と世界の常識」の差をご覧下さい。

海外移住するなら知っておきたい「日本の常識と世界の常識」の差
海外移住するなら知っておきたい「日本の常識と世界の常識」の差海外移住するなら知っておきたい「日本の常識と世界の常識」の差についてまとめました。具体的には日本の常識を押し付けない事と海外の常識を受け入れる事が、海外移住するなら知っておくべき事です。海外で暮らすなら他文化を受け入れ、取り入れないと海外移住しても苦しみます。...

結局海外への移住に向いている人いない人とは

結局海外への移住に向いている人いない人とは

いろいろとお話ししましたが、若者から高齢者といった年齢は関係なく、特に大切なことは

・謙虚な気持ち
・外人としての自覚

を持っていれば海外への移住は向いているし、楽しいものになるということです。
逆に外国人として謙虚に生活することがが難しい方は、よほどの大金持ちで現地で大金を使える方でない限り、海外への移住は向いていないと私は思います。

ご清聴ありがとうございました(^^)/

私が実際に海外移住するまでに行った準備や行動、かかった費用やその他具体的な内容については、まとめ記事【実践済】家族で海外移住するには?準備や費用、具体的な方法とはをご覧下さい。

体験談:独身や家族が海外移住するには?初めからその後まで徹底解説
体験談:独身や家族が海外移住するには?初めからその後まで徹底解説家族で海外移住するには具体的にどうすれば良いか、準備や費用、具体的な方法について書いたまとめ記事です。 まず初めに家族で海外移住するには何をすべきか、知っておくべき事の説明と、その後に具体的な準備や方法、費用についても説明しています。これから家族で海外移住を検討する方に読んでもらいたい記事です。...
ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。