セミリタイア

2020年11月生活費:家族4人で海外移住してセミリタイア生活中

2020年11月生活費:家族4人で海外移住してセミリタイア生活中

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

海外移住すると生活費は、具体的にいくらくらい必要なのか。

特に生活費が安い海外の国や都市を探している方にとっては、非常に興味があるし知りたい情報ではないでしょうか。

もちろん昔の私も知りたかった情報です!

すでに海外移住の先輩方が情報発信している場合もありますが、多くは独身の場合であったり、比較的都会で暮らしている方の情報だったり…。

そこで今回は現在私が生活している、フィリピン地方都市で家族4人と暮らす際の生活費についてお話します。

※我が家の生活レベルについては、下記の動画で説明しています。

すでに過去の記事でも生活費についてはお話していますが、あれから変わっているところもあるので、今回2020年11月度の最新版として情報展開します。

それでは早速始めましょう!

もし本気で海外移住先での生活費を抑えたいなら、必要最低限の英語を身に着けることと、現地で自宅からフルリモートで働ける準備日本で確実に行いましょう。

必要最低限の英語とは?身につける方法は?
※自分向け
英語出来ない海外赴任者向け英会話スクール【海外生活16年で判明】
※家族向け
海外駐在する英語出来ない家族子供向け英会話スクール【移住歴16年】

海外移住先で高給の仕事を日本語でする方法
※海外で高給の仕事をする準備
海外でフルリモート在宅勤務!移住前に日本で転職して一番得する方法

2020年11月生活費:家族と海外移住セミリタイア生活

2020年11月生活費:家族と海外移住セミリタイア生活

まずは結論から。

我が家の最新生活費は、下記の通りです。

項目 2020年
11月度
金額
(ペソ)
1 賃貸アパート
2LDK
29,000
2 電気 2,500
3 ガス 150
4 水道 1,350
5 食材
消耗品
16,000
6 外食
遊興費
14,000
7 携帯3人分 500
8 インターネット 1,000
9 ガソリン 500
10 学費
・現地校
・習い事
15,000
合計(ペソ) 80,000
合計(円) 160,000

※前提条件
・家族4人分の生活費
・節約しすぎない心にゆとりある生活
・1フィリピンペソ=2円で計算

生活費については前回海外移住後の生活費は本当に安いの?暮らして分かった費用と内訳で説明していますが、試算上は毎月20万円つい先日までは約163,000円でした。

海外移住後の生活費は本当に安いの?暮らして分かった費用と内訳
海外移住後の生活費は本当に安いの?暮らして分かった費用と内訳海外移住後の生活費は本当に安いのか。実際にフィリピンの地方都市に海外移住して分かった費用と内訳について説明しています。海外の生活費は日本に比べて安いところが多いです。しかしサービスや安全面で不安だったり、英語で暮らす生活が心配だったりするので事前の準備が大切です。海外移住すれば生活費は安くなりますがデメリットも考えましょう。...

よって当初の試算と比べれば約4万円、つい最近の実績と比べると3000円ほど節約出来ていることになります。

仕事環境や給与を良くしたい人へ

いくら生活費が安い国で海外伊寿するとしても、日本人が望む生活レベルを実現するには、独身なら月10万円既婚なら月20万円は必要でしょう。

よって独身なら1000万円、既婚なら5000万円以上貯めてからセミリタイアしましょう。

少しでも早くお金を貯めるには、給与の良い仕事やセミリタイア後に役立つ仕事をしましょう。

1.日本国内でずっと働きたい場合

今までの仕事の経験や知識を生かして給与を上げたい方向け。

ものづくりエンジニア


製造業専門のメイテックネクストで転職活動:給与や職場環境を改善!

2.将来セミリタイアしたい場合

将来在宅フルリモート勤務して人付き合いを減らしたい方向け。

TECH::CAMP【エキスパートコース】 集客プロモーション

3.海外駐在員や年収の高い仕事を目指す場合

海外駐在員になって給与を爆上げして英語力も身につけたい方向け。

1)年収(手取りではなく支給額)が600万円以下の場合

英語・外資系に強い人材紹介会社JAC

2)年収(手取りではなく支給額)が600万円以上の場合

ハイクラスの転職支援サービス【Samurai Job】の非公開情報を確認

家族と海外移住セミリタイア:生活費のリアルな現実

家族と海外移住セミリタイア:生活費のリアルな現実

海外移住する際、生活費について注意すべきことがあります。

それは残念ながら海外移住(特に初心者)の多くは、当初予定していたより実際の生活費が高くなってしまいがちという事実です。

もちろん私もそうでした!

その理由は主に下記のようなものです。

・予想外の費用が必要だった
・欲が出てきた

家族と海外移住セミリタイア生活:予想外の費用

特に海外移住初心者の方が、実際に外国で暮らして「思ったよりお金かかるな…」と思うケースは、主に下記のようなものが多いです。

・日本のもの
・電化製品
・ガジェット関係
・公共料金

例えば日本食料品は、多くの場合は日本の2倍以上の価格で売られています。

先日私が購入した充電池(エネループ)も、日本で買うより割高でした。

※詳細は下記のYouTube動画をどうぞ

電化製品は安く売られている場合もありますが、そういったものは大抵中国製などの粗悪品で、購入後1ヶ月もしないで壊れることは珍しくありません。

日本で売られている中国製は、まだ品質が良いです。私が現在暮らしているフィリピンで売られている中国製の商品は、本当にひどい品質で多くのものが簡単に壊れます。

また公共料金については大きく2極化していることが多く、例えばフィリピンの場合は

・水道→安い
・ガス→安い
・電気→高い

です。

ちなみに我が家がアメリカに住んでいた時は

・水道→高い
・ガス→高い
・電気→メチャ高い

でした。

もちろん現地の方と同等の暮らしをすれば、公共料金も安くなるでしょう。

しかし下記のような快適応援グッズを使えば、その分公共料金はローカルの方と比べて、間違いなく増えるので注意しましょう。

※公共料金が高くなる原因の一例

・冷蔵庫
・洗濯機
・扇風機
・エアコン
・テレビ
・ゲーム
・パソコン
・その他家電
・広い家(照明)
・夜ふかし(照明)

家族と海外移住セミリタイア生活:欲が出てきた

「海外移住したら現地のものを食べて、日本食なんて食べなきゃいいんだよ」

このようなことを言っている日本人の方も、海外移住者の中には確かにいます。

そして実際に現地の食事のみで、暮らしている場合もあるでしょう。

しかし例えば家族と海外移住したり、独身でも長く住んでいれば、やはり日本食に飢えて来る人が多いですよ。

我が家ももちろんそうですし、周りの日本人(独身&既婚共に)の方々も同じです。

(いいか悪いかは別にして)今の時代は便利になったので、意外と日本食材は海外の地方都市でも売られています。

人間手に入るものは欲しくなります。
手に入らないものはもっと欲しくなりますが…。

今までのような忙しい会社員生活を卒業すると、心にも余裕が出てきて周りが見えるようになってきます。

もちろん収入を得る為に日々働く毎日かもしれませんが、それでも会社で嫌な思いをして働いていたことを思えば1000倍マシでしょう。

そしてそんな状況になると、私の場合は欲が出てきてしまいました。

海外移住体験記:徐々に出てくる「焦りと欲」で生活費が足りない!?

欲が出れば使うお金も多くなり、その結果必要な生活費も高くなってしまいます。

しかしこればかりは、どうしようもないことなのかもしれません。

よって海外移住先で生活費が増えても問題がないように、必要最低限の英語を身に着けることと、現地で自宅からフルリモートで働ける準備を日本で確実に行いましょう。

必要最低限の英語とは?身につける方法は?
※自分向け
英語出来ない海外赴任者向け英会話スクール【海外生活16年で判明】
※家族向け
海外駐在する英語出来ない家族子供向け英会話スクール【移住歴16年】

海外移住先で高給の仕事を日本語でする方法
※海外で高給の仕事をする準備
海外でフルリモート在宅勤務!移住前に日本で転職して一番得する方法

普通のサラリーマンだった私が、40代でセミリタイア出来た準備や方法について知りたい方は、下記のYouTube動画を参照下さい。

ご清聴ありがとうございました(^^)/

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。