海外移住

【独身月10万円の海外移住生活】実践して分かった現実:午前中編

【現在実践中】アーリーリタイアとセミリタイア生活ブログ

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

「物価が安い海外の都市で暮らすと、プチリッチな生活が出来ます!」

ネット上ではそんな情報がたくさん出回っています。

でも本当にそうなのか…

もし本当なら一体どんな暮らしになるのか…。

私自身も海外移住やセミリタイアする前にネットで情報収集しましたが、正直自分が欲しかった「実例が書かれたサイト」を見つけることが出来ませんでした。

白サイくん
白サイくん
ネットって何でも情報手に入るんじゃないのか?
アキラ
アキラ
古かったり間違っている情報も多いので要注意です!

私は2019年から家族(妻と子供2人)とフィリピンの地方都市へ海外移住し、セミリタイア生活をしています。

そして自分が実際に海外移住暮らしをして分かったのは、独身の方なら月10万円で楽しく暮らせる街が日本以外にあるという事実です。

そこで今回は独身の方がもし月10万円の生活費で、海外移住生活を送ったらどんな暮らしになるのかについてお話します。

もちろん1つの記事では書ききれないボリュームになるので、今回は独身月10万円の午前中の活動を中心にお話します。

この記事は具体的に、下記の2点についてお話しています。

・予算内で出来る楽しみ方(午前中編)
・支出と苦しみを減らす為の健康管理

それでは早速始めましょう!

独身月10万円の海外移住:予算内で楽しむ(午前中編)

先日別のブログ記事やYouTube動画でお話しましたが、やはり月10万円の生活となると(当たり前と言われてしまいまそうですが…)ムダ使いは厳禁です。

詳細については【体験談】フィリピンの生活費はいくら?独身や家族持ち向け現地情報や、下記の動画をご覧頂きたいのですが、具体的な予算の概要を簡単にお話すると…

独身生活費月10万円以内の予算
・住居関係(家賃や公共料金等)→4万円
・飲食消耗品関係(自炊外食含む)→約5万円
・通信費その他(移動代等)→約4000円
合計→約94,000円

となります。

独身月10万円の海外移住生活:仕事について

もし私が独身で働きつつ海外で働くなら、日本の企業と在宅勤務しつつフルリモート出来る仕事を選びます。

何故なら日本企業となら日本語で仕事が出来ますし、給与や待遇面もそれほど悪い条件では無いからです。

フルリモートの在宅勤務なら出社する必要も無いので、ある程度なら勤務時間も自分なりに調整できるかもしれません。

その点外資系の企業や発展途上国の企業で働くと、英語などの外国語で意思疎通する必要があります。

そしていきなりクビになったり、文化や考え方の違いで苦労することになるかもしれないので、多少給与は高いかもしれませんが私なら絶対日本企業と働きます。

海外移住先で働くことについて興味がある方は、海外移住後の仕事について:事前に知っておきたい仕事の種類と注意点や、下記YouTube動画も参照下さい。

独身月10万円の海外移住生活:実際午前中にやること

私が独身で月10万円の生活費で暮らすなら、下記のような行動を取ります。

独身月10万円の海外移住でやること(午前中)
・朝7時ごろ起床
・朝食準備(自炊)
・朝の散歩
・仕事
・昼食準備(自炊or外食)

全然キラキラしてません。

華やかでもありません。

でも月10万円で暮らすとなれば、いくら物価が安い海外移住生活でも、私の場合は現実こんな感じです。

私の朝のルーティン詳細については、セミリタイア後のルーティンワーク:ブロガーYouTuberの1日や、下記のYouTube動画も参照下さい。

独身月10万円の海外移住:健康管理はかなり重要

上記で私の独身月10万円生活(午前中編)をご紹介しましたが、この様な正直つまらないと思われがちな生活をする理由は、健康管理が超重要だからです。

白サイくん
白サイくん
健康管理とか…ジジくさいぜ!
アキラ
アキラ
海外移住先の医療レベルや費用は要注意ですよ!

大切なのでもう1度書きます。

月10万円の海外移住生活では健康管理が最重要項目

です。

月10万円の海外移住生活を検討している多くの方は、物価が安い場所を狙っていると思います。

日本で月10万円の暮らしをするより、物価が安い国や都市で生活すればプチリッチな暮らしが出来る!?

そしてそれは間違いでは無く、確かに我が家も日本で暮らすより、このフィリピンの地方都市で快適な生活が出来ています。

なお医療技術は、日本の方が充実しています。

言葉も日本語が通じますし、病院の設備や清潔さも、物価が安い発展途上国は日本と比べるとレベルがガクッと下がる場合が多いでしょう。

【体験談】フィリピンの病院には入院したくない!?医療レベルの実情

例えば私が今住んでいるフィリピンの地方都市なら、外食を増やせば自分で料理する必要もありませんし、費用もそれほど高くは無いので便利です。

でも油や塩分の多い料理が多く、野菜を使った料理が少ない(ほぼ無い!?)ので健康面では不安になります。

下記のYouTube動画を見て頂ければ分かりますが、野菜を使った料理は非常に少ないですし、仮にあっても野菜料理は割高な場合が多いです。

医療費についても、病院に行けば数千円は取られてしまうことが多く、病気になると月10万円生活の私には痛い出費となります。

もちろん現地の方が行くローカル病院なら割安かもしれませんが、現地人の方と一緒に行かないと仕組みが分からず厳しいかったり…。

年を取れば足腰も衰えてきます。

よって特に海外移住する際は、食事管理だけでなく積極的に運動もして、自分の体を自己管理して不要な出費を抑えましょう。

独身月10万円の海外移住:まとめ

私の独身月10万円海外移住生活(午前中編)は、下記の項目を守りながら、日々淡々と暮らすことになります。

要点まとめ

独身生活費月10万円以内の予算
・住居関係(家賃や公共料金等)→4万円
・飲食消耗品関係(自炊外食含む)→約5万円
・通信費その他(移動代等)→約4000円
合計→約94,000円

独身月10万円の海外移住でやること(午前中)
・朝7時に起床
・朝食準備(自炊)
・朝の散歩
・仕事
・昼食準備(自炊or外食)

月10万円の海外移住生活で健康管理は最重要項目

※1フィリピンペソ=2円で試算

自分自身が会社を早期退職して、海外移住しセミリタイア生活をして分かりましたが、独身が海外移住して月10万円で暮らすというのは十分アリな選択肢だと思います。

もちろん「海外移住すれば、誰でも絶対100%幸せになれます!」と私は断言できません。

日々の激務が忙しく、自分の人生について考える時間が無い方も多いと思いますが

・今後
・自分にとって
・物価の安い
・外国の国や都市で
・暮らすことは

本当にあり得ないことなのか、考えてみても良いのではないでしょうか。

私は海外移住暮らしや、セミリタイア生活のリアルな実情を公開しているので、情報の1つとしてこのブログのトップページや私のYouTubeチャンネルもご覧下さい。

ブログのトップページはこちら→アキラ海外ブログ
YouTube動画はこちら→アキラ海外チャンネル

ご清聴ありがとうございました(/・ω・)/

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。