セミリタイアの目指し方

本当に海外移住してセミリタイア生活します?事前確認すべき2大項目

本当に海外移住してセミリタイア生活します?事前確認すべき2大項目

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

いつか物価の安い海外の地方都市などで暮らし、ゆっくりのんびり生活したい。
日々会社員として忙しく働いていると、こんな夢を持っている方も多いと思います。

私もそのうちの1人でしたが、2019年に会社を早期退職し、現在では家族4人フィリピンの地方都市でセミリタイアを始めています。
そして実際に海外でセミリタイア生活を始めてみると、以前【体験談】若者から高齢者まで:海外への移住に向いている人いない人でお話しした「自分が海外移住に向いているのかどうか」以外にも、移住する前にもっと調べておけば良かったと思う事が見えてきました。

そこで今回は海外移住してセミリタイア生活を検討している方が、事前に確認すべき2大項目についてお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の2点について分かります。

・セミリタイア後に海外移住?目的の再確認
・セミリタイア後に海外移住?現地環境確認

本当に自分(家族)は海外移住して、セミリタイア暮らしをするべきか!?

それでは早速始めましょう!

セミリタイア後に海外移住?目的の再確認について

セミリタイア後に海外移住?目的の再確認について

海外でのセミリタイア生活を目指す前に、まずは自分が達成したい目標を全て書き出してみましょう。
というのも例えば「ゆっくりのんびり暮らしたい」という目標だけだと、全体像がぼんやりしすぎてしまい、本当に海外移住することが正解なのか分かりません。

自分(家族)の目標は?今後どうしたいのか?
・今後いくらで暮らしたい(生活費は?)
・今後仕事は全くしない or 何らかの仕事をする
・人と関わってにぎやかにor 個別で静かに暮らす
・子持ちなので教育環境重視 or 独身は関係なし
・子持ちなので治安重視 or 独身なので必要最小限
・海外移住も選択肢の1つ or 絶対イヤだ

上記の点について、自分(家族)の希望をまとめましょう。
そうすれば本当に海外でセミリタイア暮らしをするべきか、または日本国内で行うべきかが明確になります。

海外に住んでみたい!海外移住して手に入る明るい未来のホントとウソ

https://akirakaigai.com/move-stay-in-oversea-image/

セミリタイア後に海外移住?現地の環境確認について

セミリタイア後に海外移住?現地環境確認
海外でのセミリタイア生活を目指す前に、次はインフラの整備状況について事前確認しましょう。せっかくのセミリタイア生活も、海外に移住した為に快適でないのならば問題です。

確認すべきインフラ環境の一例は、下記の通りです。

自分の要望 移住後の町に必要
なインフラ環境
1 自営/ノマドとして働く ネット環境(最低1M)
2 必要なものを店から買う生活 利便性の良い商店
3 自給自足の生活 土地、畑、田んぼ、狩猟出来る環境
4 人と積極的に関わってにぎやか 移住者に対する町の受け入れ態勢や制度
5 基本1人で静かに暮らしたい 町や住む地域の環境
隣組、町内会への強制加入無き事
6 子供がいるので教育環境重視 学校の種類や質、塾等の有無
7 家族がいるので治安重視 治安、犯罪率、歓楽街の有無
8 海外生活の可否 海外移住先の現地確認

特に海外移住を検討する場合、現地の詳細が分からず苦労するでしょう。私もそうでした。よってそのような場合は、ネットで自分なりに調べることになりますが、間違った情報や古い情報が多々ありますので注意が必要です。

海外に移住するにはインターネットで情報収集!でも誤情報には要注意

https://akirakaigai.com/move-accurate-information/

また現地に住む日本人などに依頼し、自分が知りたい情報を調べてもらう方法もあります。
私も実際に活用し、海外移住初日からアパートに入居出来て快適でした。
費用は数万円ほどかかりましたが、自分ですべてを手配すれば時間もかかりますし、費用も数万円以上必要になる(アパートが決まるまで家族でホテル暮らし)ので頼んでしまった方がおトクです。

結局本当に海外移住してセミリタイア生活します?

結局本当に海外移住してセミリタイア生活します?

快適なセミリタイア生活を海外移住して行うかは、上記の2大項目を考慮したうえで「無理のない生活が出来るのか」がポイントになってきます。

海外移住しても無理のないセミリタイア生活を継続的に行えるか

例えばお金の話にしても、海外移住=お金が掛からない暮らしとは100%言い切れません。
よって移住する前には必要となる生活費や、自分がセミリタイア後に幸せになる為の全体計画を作成して、失敗のないように準備しましょう。

毎月の生活費と人生設計の大切さについて詳しく知りたい方は、本当に早期退職やセミリタイアをする前に確認すべき2大項目を参照下さい。

https://akirakaigai.com/early-retirement-before/

海外の地方都市で暮らすメリットの一例

同じ生活費(例えば月20万円)でも、海外の地方都市で暮らせば、日本より数段良い暮らしが出来る可能性が広がります。
例えば物価が日本の2分の1の国に行けば、その分同じ生活費でも「質の良いもの」や「量を多く」買うことが出来ます。

また通常物価が安い国は人件費も安いので、例えばホテルやレストランに行っても従業員の人数が多いので、その分細かなサービスをしてもらえる確率が高くなります。

海外の地方都市で暮らすデメリットの一例

もちろん海外の地方都市で暮らせば、良いことばかりではありません。
海外移住だからこそ経験する不満や、イライラもゼロも多々あるでしょう。正直私もフィリピンの地方都市で生活して、始めた分かったデメリットもたくさんあります。

フィリピンの問題点を徹底検証!海外移住して分かったデメリット6点

https://akirakaigai.com/move-4months-demerit/

本当に海外移住することになれば、国内で暮らすなら必要のない費用、例えば移住ビザ費用などがいくつもあります。そしてそれらは通常決して安くはなく、国にもよりますが数百万から数千万になります。

我が家がフィリピンに移住した際に必要だった、一時費用の総額について知りたい方は【体験談】海外移住の費用について:必要なお金の総額と内訳を大公開を参照下さい。

海外移住の費用について:お金の総額と内訳(フィリピンの場合)
【体験談】フィリピンドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)への移住費用は?海外移住費用は結局いくらお金が必要なのか。総額と内訳について説明しています。私がフィリピンに海外移住した場合は、約480万円ほどかかりました。但しこの内350万円はビザの預託金なので、実質は130万円ほどの費用です。海外移住を検討されている方で、お金がどのくらい必要か総費用を知りたい方向けの記事です。...

また海外移住向けのビザなどの諸費用は、国によって違うので事前に確認してから移住先を検討しましょう。
生活費が安くて人気がある東南アジア諸国の、移住ビザ取得費用の比較結果について知りたい方は、海外に移住したいなら移住ビザが必要:人気3ヵ国のビザを徹底比較をご覧下さい。

海外移住するならビザはどうするべき?人気の移住ビザを徹底比較
海外移住するならビザはどうするべき?人気の移住ビザを徹底比較海外移住を検討する際、ビザはどうするべきなのか?海外生活17年以上の筆者が、自身の体験談も踏まえてオススメの移住ビザについて徹底解説しています。海外移住するために必要な移住ビザはどの国か?...

ちなみに私もいろいろと悩み、結果フィリピンの地方都市を選びました。
月20万円の生活費で、家族4人日々楽しく(時にはケンカもしながら)暮らしています。

私がフィリピンの地方都市への海外移住を選んだ理由は、我が家が望んだ要望をすべて叶えてくれる街だからです。

我が家の要望 移住後の町に必要なインフラ環境 判定
自営/ノマドとして働く ネット環境(最低1M)
必要なものを店から買う生活 利便性の良い商店
基本1人で静かに暮らしたい 町や住む地域の環境
隣組、町内会への強制加入無き事
子供がいるので教育環境重視 学校の種類や質、塾等の有無
家族がいるので治安重視 治安、犯罪率、歓楽街の有無

◎=とても満足
〇=満足
△=やや満足
✖=不満

我が家が海外移住で失敗しない為に行った対策や、具体的な行動及び方法については【体験談】独身や家族が安く楽しく海外移住!本当におすすめなのか?をご覧下さい。

家族とフィリピンに海外移住中!ドゥマゲッティ生活の全てを徹底解説
家族とフィリピンに海外移住中!ドゥマゲッティ生活の全てを徹底解説家族とフィリピンに海外移住中の筆者が、地方都市ドゥマゲッティ生活の全てについて徹底解説します。具体的に海外移住するとどんな生活になるのか?フィリピンのドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)の治安や医療、必要なお金などについて知りたい方向けの記事です。...

そして最後になりますが、海外移住する為の準備は正直大変です。慣れない作業が多々あり、途中で心が折れそうになるかもしれません。
そうならない為に事前確認すべき事前確認項目については、海外に住むなら必須!外国で生活する前に確認すべき最重要4項目とはをご覧下さい。

https://akirakaigai.com/move-before/

ご清聴ありがとうございました(^^)/

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。