フィリピン生活

フィリピン地方都市に住んでも食べ物は大丈夫?料理や値段を徹底解説

フィリピン地方都市に住んでも食べ物は大丈夫?料理や値段を徹底解説

こんにちは、アキラです。

突然ですがフィリピンの料理って結構謎じゃないですか(・・?

日本にはタイ料理ややインド料理、中国料理や韓国料理のレストランは結構ありますが、フィリピン料理店はあまり見かけません。東京などにはあるのでしょうが、私の住んでいた北関東の地方都市には1件もありませんでした。
そしてこれはアメリカでも同じで、日本で見かける各国のレストランはありますが、私がアメリカ地方都市に住んでいた約15年の間で、フィリピン料理は1度も見かけませんでした。

我が家が2019年にフィリピンに家族4人で海外移住する際、事前にフィリピンフードについてネットで調べましたが、残念ながらここでも現地で食べられる食事の内容や値段などの詳細情報を見つけることが出来ませんでした。

そこで今回の記事では我が家が実際にフィリピンで暮らしてようやく分かった、フィリピンの料理の詳細と外食した場合のレストランでの値段や食べ物についてお話しします。

具体的には今回の記事を読むことで、下記の5点について分かります。

・フィリピンの食べ物:料理の特徴
・フィリピンの食べ物:料理の値段
・フィリピンの食べ物:ヘルシー料理
・フィリピン料理以外の食べ物
・結局フィリピンの料理はおいしい食べ物?

フィリピン料理やそれ以外(日本、イタリアン、韓国、シーフード等)の食べ物についても、実例や写真を出来るだけ多く取り入れて説明します。

なお今回の前提条件は、下記の通りとします。

今回の前提条件
・場所はフィリピンの地方都市(人口約10万人)
・フィリピン庶民が食べているものを中心に
・おなか一杯になる事

それでは早速始めます!

フィリピンの食べ物:料理の特徴について

フィリピンの食べ物:料理の特徴について
フィリピンの料理は肉と米が中心で、野菜が少なく濃いめの味付けが特徴の食べ物
です。

フィリピンフードは外食した場合でもそれほど高くないので、現地の方にも大変人気のある食べ物です。

フィリピンの料理一例
・アドボ(豚肉の煮込み)
・豚の丸焼き
・豚の皮
・汁あり汁なしの麺料理
・魚料理
・おかゆ
・タホ(豆腐&黒蜜&タピオカ)
・ウベ(紫芋)アイスクリーム

・野菜が少なく「肉とご飯」が主役
・味が濃く油多め

野菜が少なく肉とご飯が主役の料理

フィリピンフードの基本は、豚肉と鶏肉とご飯(白米)です。

もちろん野菜の料理もありますが、現地のフィリピン人が実際に食べているものは上記写真のような「ご飯とおかずのみ」の食べ物が多いです。もちろん野菜を使った料理もありますが割高になる場合が多いです。
※価格については別途下記でお話しします。

フィリピンの料理は味が濃く油が多めの食べ物

フィリピンの料理は、基本味が濃く油多めな食べ物です。
これはフィリピン人は日本人のように、白米をこよなく愛す人種である為

・出来るだけ出費を抑えたいが
・いかに白米をお腹いっぱい食べるか

を追及すると、必然的に味はコッテリ濃いめになるのでしょう。

米の種類は日本のようなもっちり系ではなく、ぽろぽろ(パラパラ)系

フィリピンの食べ物:料理の値段について

フィリピンの食べ物:料理の値段について

フィリピンのレストランで食事をする場合、特にフィリピンフードは値段も安くおススメの食べ物です。
例えば独身の方であれば、自炊するより外でフィリピン料理を食べたほうが安上がりかもしれません。しかし家族4人分の値段で考えれば、自炊より外食の方が安いという事は基本ないでしょう。

・独身だったら外食でも安上がり
・家族4人だと自炊の方が断然安い

自炊の場合外食の場合
1食あたり
の料金
250ペソ
約500円~
700ペソ
約1,400円~
家族
満足度
(味)
お手軽度

※自炊(家族4人分)
一般的な日本食例:生姜焼き定食(豚肉700g、キャベツ、ご飯、調味料)
※外食(家族4人分)
一般的な現地食例:鶏肉炭火焼き(上記写真参照)

自炊は作る手間がかかりますが、外食の外に出る手間やコスト&味の満足度を考えると、断然自炊に軍配が上がります。

フィリピンの食べ物:ヘルシー料理について

フィリピンの食べ物:ヘルシー料理について

フィリピンで食べられる料理には、もちろんヘルシーで健康的な食べ物もあります。
しかしフィリピン料理の多くは

・肉とご飯ばかりで
・野菜が少ない
・味が濃く
・油も多い

食事ですので不健康になりがちです。

特に

出来るだけ値段が安い料理で体に良いものはほぼ無い

と思えてしまうほど、低コストの食べ物は体に悪そうです。

Philippines cheap food 1Philippines cheap food 2

これらは現地の方がよく使っているお弁当屋さんのフィリピンフードですが、すべて70ペソ前後(150円)で野菜ゼロですがよく売れています。

もちろん健康に良さそうなものもありますが、それらは若干高めの価格です。
少し値段は高くなりますが、下記のような料理もあります。

フィリピンの外食2フィリピンの外食3

高いと言っても1品数百円高くなるだけですので、週に数回の外食であれば家計への影響は少ないはずです。

野菜炒め 700円前後
ポークアドボ(豚肉煮込み)700円前後
サラダ 600円前後
野菜スープ 500円前後
チキンイナサル(焼き鳥ご飯付き)は1人前200円前後

フィリピン料理以外の食べ物について

フィリピン料理以外の食べ物について

フィリピンの地方都市でも、フィリピン料理以外の食べ物はたくさんあるので安心です。
もちろん地方都市の規模にもよると思いますが、私の住んでいる町(人口10万人強)には

・日本料理
・中華料理
・アメリカ料理
・イタリア料理
・韓国料理
・インド料理
・シーフード、アジア料理

などを扱っているレストランがあります。

我が家はアメリカの地方都市に15年間ほど住んでいましたが、アメリカのレストランより価格は2~3分の1味は何倍もおいしく感じます。

フィリピン料理以外の食べ物:日本料理

・ラーメン(約400円)
・焼き肉家族4人(約4000円)

フィリピンの日本食1 フィリピンの日本食3

1人1000円前後の予算で、日本食レストランで寿司や刺身も食べられます。

フィリピン地方都市の日本食レストラン事情については、【フィリピンの日本食レストラン】地方都市の実力とメニュー及び【フィリピンの日本食レストラン】地方都市の価格や味は大丈夫?を参照下さい。

フィリピン料理以外の食べ物:イタリア料理

・パスタ(約600円)
・ピザ2~3人分(約700円)
・タコス(約600円)

フィリピンでのイタリアン料理1   フィリピンでのイタリアン料理4
イタリアンレストランは、毎日西洋人の方でにぎわっています。
私の様な一般的な舌を持つ男だけでなく、東京から来ているグルメな方々にも好評なレストランが数件あります。

フィリピン料理以外の食べ物:韓国料理

・スンドゥブやチャプチェの韓国料理各種(約650円)
・冷麺などの1品物は約650円
・サムギョプサル焼き肉食べ放題は1人約800円
※基本小鉢食べ放題付き

フィリピンでの韓国料理1 フィリピンでの韓国料理2
フィリピンには韓国からの留学生や移住している人が日本人より多いので、韓国料理店も日本食レストランよりたくさんあります。
韓国人の方がオーナーの場合が多く、本格的な料理が650円前後で楽しめます。

フィリピン料理以外の食べ物:シーフード、アジア料理

・タイカレー(600円)
・エビのガーリック炒め(650円前後)

フィリピンでのアジア料理1 フィリピンでのアジア料理2
フィリピン料理外国料理
予算/人170ペソ
約350円
350ペソ
約700円
満足度

フィリピン料理も確かにおいしいのですが、やはり日本食を始めとする多国籍料理もたまには食べたくなります。しかしながら値段を考えると、行くのに躊躇してしまいます。
残念ながら毎月20万円の生活費では、外国料理のレストランには毎月数回行ければ良い方です。

フィリピンに海外移住する場合に必要な生活費や、詳細の内訳について知りたい方は、【体験談】フィリピンの生活費はいくら?独身や家族持ち向け現地情報をご覧下さい。

結局フィリピンの料理はおいしい食べ物なのか

結局フィリピン料理はおいしい食べ物なのか

フィリピンの地方都市にはどんな料理があり、我々日本人の口に合う食べ物があるのか。移住前に心配していた懸念点は、実際に住んでみると吹き飛んでしまうほど文句のない環境でした!

しかしフィリピン料理がおいしいからとはいえ、安いフィリピンフードばかり食べていると健康に支障が出てくるでしょう。フィリピンでは「安いから」という理由だけで食べ物を決めると、野菜不足になり油の接収量が増え脂肪が蓄積されるので注意しましょう。

フィリピンで健康に過ごす為には
・肉    <  魚
・油多め  <  油少な目
・味濃いめ <  味うす目
・フルーツを多くとる
・野菜を多くとる

このような事を意識すれば、日本より割安で健康に暮らせます。
多少食費が上がるかもしれませんが、1ヶ月数千円のレベルです。
「安いが不健康な食生活」を送り、あとで医療費として払うのも不本意だと思いますので、かけるところにはしっかりお金をかけることをおススメします!

ご清聴ありがとうございました(^^)/

なお我が家が現在家族4人で実践中の海外移住について、具体的な方法や必要な費用などを知りたい方は体験談:独身や家族が海外移住するには?初めからその後まで徹底解説をご覧下さい。

体験談:独身や家族が海外移住するには?初めからその後まで徹底解説
体験談:独身や家族が海外移住するには?初めからその後まで徹底解説家族で海外移住するには具体的にどうすれば良いか、準備や費用、具体的な方法について書いたまとめ記事です。 まず初めに家族で海外移住するには何をすべきか、知っておくべき事の説明と、その後に具体的な準備や方法、費用についても説明しています。これから家族で海外移住を検討する方に読んでもらいたい記事です。...
ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。