セミリタイア

55歳までにアーリーリタイアする方法:後悔しないセミリタイア人生

55歳までにアーリーリタイアする方法:後悔しないセミリタイア人生

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

「55歳までにアーリーリタイアしてセミリタイア生活出来たらいいな…」

定年より前に会社を辞めセミリタイア生活をスタートし、つらい思いをせずに無理なく働きたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

そして私もそのうちの1人で、30歳を過ぎた頃に本格的なアーリーリタイアに向けて行動していました。

私が実際に行った準備と方法
・資産運用を本格的にスタート
・家族にセミリタイアの意思を伝える
・移住先の選定など


私はアーリーリタイアする為に行っていた資産運用が偶然うまくいって、45歳直前から家族4人とフィリピンの地方都市でセミリタイア生活を始めました。

そして実際に会社を早期リタイアして分かったことは、普通のサラリーマンでも正しく準備すれば55歳までにアーリーリタイアすることは十分可能だという事実です。

早い段階でセミリタイアに向けた投資を始めれば、55歳までにアーリーリタイアしてセミリタイア生活することは十分可能です。

そこで今回は55歳までにアーリーリタイアして後悔の無いセミリタイア人生を送るには、具体的にいつまでに何をしなければいけないかについてお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の2点について分かります。

・55歳までにセミリタイア:何歳から投資?
・55歳までにセミリタイア:いくら投資?

それでは早速始めましょう!

後悔ゼロのアーリーリタイア:セミリタイア準備の期間

後悔ゼロのアーリーリタイア:セミリタイア準備の期間
55歳までにアーリーリタイアして後悔の無いセミリタイア人生を送る為には、年利4%の場合で30歳から投資を始める必要があります。

また仮に30歳から資産運用を始めて、平均年利が3%だった場合は試算上59歳にセミリタイア出来ることになります。

出来るだけ効率よくお金を増やす為には、やはり給与自体を上げる方法が効果的です。

そして給与を上げる為の現実的な方法は、主に下記の2つです。

1・日本国内のものづくり企業へ転職

ものづくりエンジニア

製造業専門のメイテックネクストで転職活動:給与や職場環境を改善!

2・海外駐在員になって給与倍増!?

・年収600万円以下の方向け:JAC Recruitment


・年収600万円以上の方向け
サムライジョブ

40代でアーリーリタイア出来た裏技:アメリカ駐在員の給与大公開!

 

なお前提条件は下記の通りとしました
・頭金200万円で資産運用開始
・毎年100万円を追加投資
・税金は含まず
(居住する場所によって異なる為)

参考記事
・既婚者子連れ:毎月20万円の生活費
【体験談】フィリピンの生活費はいくら?独身や家族持ち向け現地情報

・生活費や学費が安いフィリピンなどの海外に移住
早期リタイア後は海外移住してセミリタイア生活!初めての国と都市

・税金は住む場所や環境によって変わる為考慮しない
セミリタイア数年で貧乏生活に!?インフレ対策と基礎知識について

年数 年齢 運用益 運用益
3.00% 4.00%
1 30 2,060,000 2,080,000
2 31 3,151,800 3,203,200
3 32 4,276,354 4,371,328
4 33 5,434,645 5,586,181
5 34 6,627,684 6,849,628
6 35 7,856,514 8,163,613
7 36 9,122,210 9,530,158
8 37 10,425,876 10,951,364
9 38 11,768,652 12,429,419
10 39 13,151,712 13,966,596
11 40 14,576,263 15,565,260
12 41 16,043,551 17,227,870
13 42 17,554,858 18,956,985
14 43 19,111,504 20,755,264
15 44 20,714,849 22,625,475
16 45 22,366,294 24,570,494
17 46 24,067,283 26,593,313
18 47 25,819,301 28,697,046
19 48 27,623,881 30,884,928
20 49 29,482,597 33,160,325
21 50 31,397,075 35,526,738
22 51 33,368,987 37,987,807
23 52 35,400,057 40,547,320
24 53 37,492,058 43,209,212
25 54 39,646,820 45,977,581
26 55 41,866,225 48,856,684
27 56 44,152,212 51,850,952
28 57 46,506,778 53,924,990
29 58 48,931,981 56,081,989
30 59 50,399,941 58,325,269
31 60 51,911,939 60,658,280

この表の数値を自分なりに変えて計算したい方は、こちらからエクセルファイルをダウンロード出来ますのでお試しください。

アーリーリタイアし後悔ゼロのセミリタイア:投資額は?

アーリーリタイアし後悔ゼロのセミリタイア:投資額は?

今回のアーリーリタイアする為の試算では、下記金額を投資することを前提にしています。

・初期費用  :200万円/初回のみ
・追加投資費用:100万円/毎年

後悔しないセミリタイア:アーリーリタイア向け初期費用

初期費用については「多ければ多いほど良い」と思われがちですが、もし200万円以上用意出来る場合は初期費用ではなく、毎月の追加投資分として分散投資したほうが後悔する可能性が低くなります。

後悔しにくくなる理由は一度に大金を投資するのではなく、分割したほうがリスクを減らせる為です。詳細について知りたい方は、ドルコスト平均法を参照下さい。

55歳までにセミリタイア!アーリーリタイア向け追加投資額

追加投資は資産運用を行う上で、非常に重要です。

上記でもお話ししましたが後悔の無い人生を送る為に、毎月出来るだけ追加投資は頑張って増やしましょう

追加投資の重要性や具体的な効果額について知りたい方は、セミリタイアを目指すなら利用すべき資産運用のメリットや福利の力を参照下さい。

実際には税金の支払いや、海外で生活する為の一時金としての支払いを加味すると、30歳とは言わずにもう少し早く投資を始めるのが現実的かもしれません。

しかし独身の方は5000万円もの大金を貯める必要はありませんので、例えば2000万円貯めるのであれば55歳よりもっと、早い45歳前後でアーリーリタイアが可能になります。

なります。

出来るだけ効率よくお金を増やす為には、やはり給与自体を上げる方法が効果的です。

そして給与を上げる為の現実的な方法は、主に下記の2つです。

1・日本国内のものづくり企業へ転職

ものづくりエンジニア

製造業専門のメイテックネクストで転職活動:給与や職場環境を改善!

2・海外駐在員になって給与倍増!?

・年収600万円以下の方向け:JAC Recruitment


・年収600万円以上の方向け
サムライジョブ

40代でアーリーリタイア出来た裏技:アメリカ駐在員の給与大公開!

いずれにせよ後悔しながら70歳まで働くことを考えれば、今のうちから資産運用を始める事をおススメします。

その結果55歳でアーリーリタイア出来ないとしても、70歳までにはセミリタイア生活が出来る可能性が大幅に上がります。

ご清聴ありがとうございました(^^)/

出来るだけ条件の良い資産運用商品で運用したければ、海外でのみ販売されている商品も候補に入れて検討しましょう。

今の時代日本に住みながら、日本人のエージェントさんから日本語で説明を受け、気に入った商品を購入することが出来ます。

私はこのようなサービスを知らなかったので、正直今から投資を始める方がうらやましいです。

海外の資産運用商品は怪しい?初心者におススメ!後悔しない選び方

海外の資産運用商品は怪しい?初心者におススメ!後悔しない選び方におススメ!後悔しない選び方
海外の資産運用商品は怪しい?初心者におススメ!後悔しない選び方海外の資産運用商品は怪しいのか?初心者におススメな後悔しない選び方について。アメリカ駐在時代に資産運用を始めて分かりましたが、海外には日本で購入出来ないオトクなおすすめ商品がいくつもあります。問題はそれらをどうやって購入するのか。オススメのエージェントさんや商品について説明しています。...

私が実際に行っているアーリーリタイアやセミリタイア生活全般の情報は、【体験談】独身や既婚が早期退職しセミリタイアやFIREする方法にまとめましたので、興味のある方はご覧下さい。

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。