セミリタイア

【ホリエモンに学ぶ】セミリタイアやFIREに不要な家族を捨てるか

【ホリエモンに学ぶ】セミリタイアやFIREに不要な家族を捨てるか

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

先日ネットでFIREやセミリタイアに関する情報を検索していたら、下記の様なYouTube動画を見つけました。

ホリエモンこと堀江貴文さんと、楽天証券経済研究所/客員研究員の山崎元さんがFIREに関してお話されている動画です。

とても興味深いお話もあるので、詳細については是非動画を御覧いただきたいのですが、この中で1つ考えさせられたのが家族に関する考え方です。

堀江さんはこの動画で

・人間的にQOLを高めて
・生きるということ考えると
・俺は家族をやめるとか
・そういうふうに考えられないのかな

とおっしゃっています。

つまりセミリタイアやFIREを本当に達成したいなら、その為にジャマである家族を捨てるのも選択肢の1つという考え方です。

堀江さんの家族に対する考えが書かれている別の記事
堀江貴文「結婚という制度に縛られなくていい」

これは独身に置き換えれば、家族ではなく恋人になるかもしれません。

よって既婚者に限った内容ではありませんね。

そこで今回の記事では、実際に家族4人と現在セミリタイア生活を送っている私が感じた、リアルな感想や現実についてお話します。

それでは早速始めましょう!

大変申し訳無いことですが、私は堀江さんも山崎さんもあまりよく知りませんので、大好きとか大嫌いとかいった感情はゼロでこれからお話します。

セミリタイアやFIREのために恋人や家族を捨てる?

セミリタイアやFIREのために恋人や家族を捨てる?

まず初めにこの記事のタイトル「セミリタイアやFIREに不要な家族を捨てるか?」だけを読むと、「そんなヤツは人でなしでクズだ!」と批判されてしまいそうです。

しかしよく考えれば、我々がよく知る日常の中でも、自分の夢を追いかけるために恋人や家族と分かれるケースは意外とあります。

・一流の役者になりたい
・海外で自分の実力を試したい

これらはドラマや映画などでも、昔からあるストーリーです。

そして時に夢を追いかけて恋人や家族と別れた主人公は、悲しみに耐えた強い信念を持つ善人に見えます。

またある意味捨てられた恋人や家族は、自らを犠牲にして主人公の夢を叶えるために最後まで応援した、悲劇のヒロイン的なポジションになったりもします。

おそらくまだ日本には家族や恋人を捨てるという結果は同じなのに、役者や海外での腕試しは許されて、セミリタイアが目的だとクズと言われてしまう風潮があります。

おそらく堀江さんはストレートな方なので

・自分が本気でやりたいことは
・阻害要因を排除して
・達成すれば良い

という考えだと思います。

そして私もこの考えには100%賛成です。

今回の動画を全部見ると分かるのですが、堀江さんは決して「セミリタイアやFIREには家族はジャマだから捨てましょう」とは言っていません。

もちろん私も深く考えもしないで、家族や恋人と別れるべきだとは思いません。

ホリエモンに学ぶ:本当に自分にとって必要なものは何か?

特にセミリタイアやFIREの場合は、確かに家族がいる既婚者のほうが、独身に比べて達成する為のハードルがかなり高いです。

そして仮に独身だとしても、将来結婚を考えている恋人がいると、やはりセミリタイアやFIREする為のハードルは上がります。

独身1人の場合と比べれば、恋人や家族がいると貯めるべきお金が確実に増えます

ここで大切になってくるのは、もし自分に大切な恋人や家族がいた場合、本当にそれらが自分にとって必要なものなのか考えるという行為です。

大切なのでもう一度書きます。

重要なのは考えるという行為

です。

今お話しているのは

・大切な恋人や
・一度築いた家族を
・何が何でも守るべきで
・実は自分にとって最近
・あまり大切では無くなってきてるが
・そんなこと言ったら世間体もあるし
・捨てる(別れる)なんて絶対出来ない

といった世間に蔓延する、一般的な考え方やきれいごとでは決してありません。

今自分が手に入れている家族や恋人が、やはり本当に自分の人生にとって大切で手放したくないものなのか、今一度考えることが非常に重要です。

ホリエモンに学ぶ:セミリタイアやFIREの優先順位を考える

この記事の冒頭にも書きましたが、堀江さんは

・人間的にQOLを高めて
・生きるということ考えると
・俺は家族をやめるとか
・そういうふうに考えられないんだな

と言っています。

QOLとは(Quality Of Lifeクオリティ・オブ・ライフ)のことで、直訳すると「人生の質」となります。

つまり上記の堀江さんの言葉を言い換えれば

・自分の人生を幸せに生きるために
・今一度本当に大切なものが何か考えて
・こうあるべきといった世間体に流されず
・あらゆる選択肢を考えて行動すべき

となるでしょう。

なのでもしも今の自分にとって、FIREやセミリタイアすることが恋人や家族よりも大切ならば、きちんと相手にお話してお別れするのも選択肢の1つです。

白サイくん
白サイくん
お前オニだぜ!アクマだぜ!!
アキラ
アキラ
自分の幸せを最優先に考えるとこうなりますね!

おそらく恋人や家族からは最低人間の烙印を押されるでしょうが、もし自分がそれでもセミリタイアやFIRE暮らしを優先させる覚悟があれば仕方ないでしょう。

相手には分かってもらえないとは思いますが、一流の役者や海外で修行してビックになると言って別れる人と、最終的な「別れ」という結末は基本同じです。

家族と別れても莫大な慰謝料を請求され、結局セミリタイア出来なかったということにならないよう気をつけましょう!

結局セミリタイアやFIREの為に恋人や家族を捨てる?

結局セミリタイアやFIREの為に恋人や家族を捨てる?

今回堀江さんから学んだことは、家族や恋人がいるから絶対にセミリタイアなんて出来ないと、何も考えずに諦める必要はないということです。

私自身もこのブログやYouTubeチャンネルで、独身なら最低1000万円既婚なら5000万円貯めてからセミリタイアしましょうとお話しています。

つまり独り身の独身と既婚の間には、貯めるべき金額の差が4000万円もあります。

なのでもし家族や恋人の存在が、セミリタイアやFIREするうえでジャマと感じるのならば、それはしっかりと相手と話してお別れした方が幸せになれるでしょう。

しかし世間体や一般的な倫理観て照らし合わせれば、セミリタイア出来る確率が上がるから、別れてくれなんて言えない気持ちも分かります。

よって最終的には自分で覚悟を決めて、どこまで幸せになることにこだわるかでしょう。

人に嫌われたって良い!

俺は幸せになるんだ!

これから1人で暮らしたほうが幸せだ!

そう思えるならしっかり相手に伝えましょう。

もちろんしっかりと考えた結果、やはり自分には家族や恋人が今後も必要だと思えれば、一緒にセミリタイアを目指せば良いだけです。

我が家は家族4人で現在セミリタイア生活中ですが、全く問題なく楽しく暮らしていますよ。

私がセミリタイアする為に行った、具体的な準備や行動についてはまとめ記事【体験談】独身や既婚が早期退職しセミリタイアやFIREする方法を御覧ください。

またセミリタイアする為に必要だった、5000万円を貯めた具体的な準備や方法についてはまとめ記事セミリタイアする為の投資について:結局具体的に何をすれば良いの?を参照下さい。

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。