セミリタイア

セミリタイア生活の現実と成功の秘訣【1年やって分かったこと】

セミリタイア生活の現実と成功の秘訣【1年やって分かったこと】

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

実際にセミリタイアしたら、一体どんな生活になるのか。

一般的にはセミリタイアと言えば、)自由で素晴らしく最高な暮らしが出来るイメージを持っている方が多いと思います。

もちろん私もそうでした!

私は2019年に約20年務めた会社を40代で早期リタイアし、家族4人とセミリタイア生活を海外移住して始めています。

そして普通のサラリーマンが40代でアーリーリタイアした場合、どのようなセミリタイア生活になるのか現実を知ることが出来ました。

※我が家のセミリタイア生活の実情について知りたい方は、こちらのYouTube動画をご覧下さい。

そこで今回は(私と同じ)普通の会社員に待ち受ける、セミリタイア生活の現実についてお話しします。

また将来のセミリタイア生活が明るく楽しいものにする、成功の秘訣についても我が家の実例を踏まえて説明します。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の2点について分かります。

・セミリタイア生活のリアルな現実
・セミリタイア生活成功の秘訣

セミリタイア生活を実際に始めている人から、リアルな情報を聞きたい方にはピッタリの内容です。

今からお話しすることを事前に知っておくと、セミリタイア生活が円満に進むのでソンをすることなくトク出来るでしょう。

ちなみに私は知らなかったので、家族内が一時期荒れてソンをしました。

それでは早速始めましょう!

40代で早期リタイア済:セミリタイア生活の現実

40代で早期リタイア済:セミリタイア生活の現実

まず初めにお話ししたいことは、普通のサラリーマンが40代で早期リタイアし、セミリタイア生活を始めるとメリットだけではなくデメリットも多々あるという現実です。

詳細については【体験談】サラリーマンがセミリタイアするデメリットで説明していますが、セミリタイアするということは

イヤでツラい会社員生活を辞めることが出来るメリットと引き換えに、別の苦しいデメリットが始まること

でもあります。

セミリタイア生活の現実:自由な時間が増える

セミリタイア生活を始めると、自由になる時間が増えます。

今まで朝から夕方(夜?夜中!?)まで会社で働いていた生活が一変し、上司や部下もいなくなるので、基本自分が思ったことをする時間が出来ます。

今まで会社員として働くことがキツかった私のような人にとっては、何よりサラリーマンとして働かなくて良くなったことが最大のメリットでしょう。

セミリタイア生活の現実:収入を得るプレッシャーとの戦い

しかし自由な時間が出来たからと言って、遊んでいるヒマはありません。

何故ならセミリタイア生活と言うのは、働いて収入を得る必要があるからです。

そして早期退職後に収入を得る方法はいくつかありますが、もしブログやYouTudeから収入を得ようとすれば

・週7日労働
・1日8時間労働

くらいは覚悟した方が良いでしょう。

もちろん絶対にこれだけ働かなければいけない訳ではありませんが、労働時間を減らせば収入を得られる時期が遅くなるだけです。

一生死ぬまで毎日8時間前後働く必要はありません

しかし実際に結果を出すまで、つまり毎月自分が希望する金額がコンスタントに手に入るまでは、日々コツコツ作業する必要があるのがリアルな現実です。

人に使われるのではなく自分でお金を稼ぐことは大変

もし大変な思いをしたくないなら、バイトをするのも手かもしれません。

そうすれば自分の希望する日数や時間のみ働けば済みます。

しかし50代や60代になると体力的にも、働き続けることはツラくなるかも。

よって40代までに不労所得になる資産を増やしていきたいのならば、有益なブログ記事やYouTube動画を作り貯めることも良いでしょう。

セミリタイア生活の現実:近所の目との戦い

また実際にセミリタイア生活を始めると、ご近所さんや親族/知り合いからの目との戦いも始まります。

戦いと言ってもケンカする訳ではありませんが

・あの人普段何やってるんだろう?
・何で働いてないんだろう?
・なんか変わった怪しいことやってる

といった扱いを受けることもゼロではありません。

40代でセミリタイア生活は(残念ですが)怪しまれます

まさに働かざるもの食うべからず。

実際は私もブログやYouTubeで働いているつもりですが、この様な労働スタイルは世間様では認めて頂けない場合も多々あります。

例えば何かを申し込む際、職業欄に「会社員」と書く場合と「ブロガー、YouTuber」と書く場合、どちらが社会的信用があるかは…誰もが前者だと想像出来ます。

つまりセミリタイア生活の現実は

要点まとめ

・自由な時間が出来るが
・将来不労収入を得たいなら
・人に雇われず
・欲しい収入を安定的に得るまで
・のんびりした生活では無く
・日々忙しく働く暮らし

と言えるでしょう。

私は現在もこの様なセミリタイア生活を送っています。

40代で早期リタイア済:セミリタイア生活成功の秘訣

40代で早期リタイア済:セミリタイア生活成功の秘訣

既婚子連れの私が40代で実際にセミリタイアして分かったことは、具体的な準備をせずにセミリタイア生活に突入すると、まず間違いなくケンカや問題が発生するという現実です。

何故なら

・セミリタイア生活を始めると
・今までの生活スタイルが
・激変する

から。

よってセミリタイア生活を成功させる秘訣は、これらの変化を注視し対策を取ることです。

つまり

・セミリタイア生活を始めても
・イヤな思いをする人が出ずに
・今までより良い環境で
・暮らせるようにする

ことが重要です。

そしてセミリタイア生活が始まることによって、一番影響を受けるのは自分に一番近い人です。

つまり独身であれば恋人や両親/兄弟/親友など、そして既婚であれば配偶者(奥様や旦那様)や子供達となります。

セミリタイア生活のリアルな現実:恋人や両親のメリット

例えば独身の場合であれば、恋人や両親等に我々がセミリタイアしたことによって、多少でもメリットを感じてもらえることが大切です。

そうすれば「セミリタイアして良かったね!」と、心から祝福されるでしょう。

セミリタイアすれば自分自身はイヤな仕事を辞められるので幸せ全開ですが、周りに人がそう思えるかは全くの別問題

例えば恋人や両親が

・会いに来てくれる回数が増えた
・手伝ってくれる回数が増えた

等のメリットを感じれば、セミリタイア生活が円滑に進んで成功する確率が大幅に上がります。

セミリタイア生活のリアルな現実:配偶者のメリット

また既婚者の場合は、特に奥様にもセミリタイアするメリットが無いと、幸せなセミリタイア生活を送れる可能性が低くなります。

具体的な一例を挙げるなら、今までの家事分担の見直しです。

今まで朝から晩まで仕事をしていた生活が一変するので、配偶者(私の場合は奥様)の負担を減らすのは当然でしょう。

これからは収入を得る為の仕事に集中したいので、引き続き家事は全て奥様の担当ではダメ。

これでは配偶者(奥様)とすれば

・セミリタイア生活が始まっても
・今までの収入が激減しただけで
・自分にはメリットが無い

ので、自然とセミリタイア生活はギスギスしたものになるでしょう。

40代で早期リタイア済:セミリタイア生活は共栄共存

40代で早期リタイア済:セミリタイア生活は共栄共存

セミリタイア生活を始めると、恋人両親兄弟や家族と関わる時間が増えます。

そしてこれらの人達は、今までの仕事の同僚とは違い、もっと近い存在です。

だから特に気を使いましょう。

おそらく周りの人は、我々のセミリタイア生活を応援したいと思っています。

しかしそれには少なくとも下記の様なことが、明確になってることが条件です。

・会社を辞めても生活出来る根拠
・セミリタイアするメリット

よって失敗しないセミリタイア生活を送る為には、必要な準備や行動を正しく行いましょう。

普通のサラリーマンが40代でセミリタイアする、具体的な準備や行動については普通のサラリーマンだった私が40代でセミリタイアした方法もしくは、こちらのYouTube動画を参照下さい。

セミリタイアして時間が出来れば、収入を得る為の鬼努力が必要とはいえ、周りの人に対して時間を使うことが非常に大切です。

目に見える形で相手を幸せにする行為をする

結局お互い人間です。

相手を気遣い穏やかな気持ちで暮らせば、ステキなセミリタイア生活になるでしょう。

ご清聴ありがとうございました(^^)/

実際にセミリタイアを成功させる為に必要な、貯金額について知りたい方は【現在セミリタイア生活中】結局セミリタイアに必要な貯金額は?もしくは下記のYouTube動画を参照下さい。

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。