アメリカ生活

海外駐在員生活時代に感じた言葉の大切さと学習方法

海外駐在員生活時代に感じた言葉の大切さと学習方法

皆さんこんにちは。Akiraと申します。

私は45歳を目前にサラリーマン生活を辞め、家族4人で海外に移住しました。

そんな私が思う、海外で生活するために大切なものの1つである「言葉」について、実体験を踏まえて少しお話しいたします。

結論

英語圏の海外で生活するのであれば、相手に自分が伝えたいことや、相手が言っていることを「ザックリ」理解できる力を身につけないと、かなり苦労しますので自分で勉強しましょう。

【旅行やビジネスでも使える英語力】海外移住おすすめ英会話スクール
英語出来ない海外赴任者向け英会話スクール【海外生活16年で判明】こんにちは、アキラです。 海外赴任になって海外で生活をすれば、どうしても英語力が必要になってきます。 そして最低限の英会話は仕事...

1990年代の私

私は高校時代に3年、社会人になって駐在員として約12年ほど海外で生活しましたが、言葉の大切さと便利さを嫌という程味わいました。

学生時代は先生からの宿題がどこなのか分からず、(何をやればよいのか分からない為)やっていかなければもちろん怒られ、それが続けば校長先生から呼び出され、また怒られる。

宿題をやりたくても、範囲がわからないので出来ない。先生やクラスメイトに聞きたくても、言葉がわからず断念

2000年代の私

社会人になってからも、学生時代では使わなかった専門用語がたくさんあり、苦労しました。

海外駐在員の私

例えば私は製造業で働いていましたが、日常よく使われていた単語として「理論在庫」と「実在庫」がありました。一緒に働いていたアメリカ人曰く、それぞれ「Theoretical inventory」「Actual inventory」というらしいですが、そんなの日常会話では使う機会がなく、全く知りませんでした。

私の家族の場合

結婚してから家族(妻、子供2人)が出来ましたが、妻は学校関係の行事や、ママ友との会話、子供が学校の学業で私が経験したような苦労をしていました。

日本語であったら全く問題ないことでも、言葉が通じないことで大変でした。

英語圏で暮らすことだってこれだけ大変

私が海外で生活していた場所は、すべてアメリカでした。
英語ならばほとんどの日本人は基本的な言葉を知っているはずです。「はい」は「Yes」ですし、「いいえ」は「No」。「大きい」は「Big」ですし、「小さい」は「Small」です。

英語を多少知っていてもこれだけ言葉で苦労したということは、もしこれがロシアやドイツ、タイやベトナムだったら・・・冷や汗タラタラです(ちなみに以前出張でベトナムに行ったら、ほとんどの店で英語は通じませんでした。もちろん日本語も)。

ある日会社から「海外駐在としてアメリカに赴任して欲しい」と言われたら、皆さんどう思いますか?
独身ならば自分のことだけ気にすればよいのですが、結婚して奥さんや子供がいる場合は、家族全員のことも考えなくてはいけません。
知らない土地で、友達もいない、日本食とか食べられるのか・・・

いろいろと思うところはあるかもしれませんが、大きな心配事の1つが

英語大丈夫かな?

だと思います。

英語力が全く無い状態で海外駐在した我が家の失敗例

という私も、実は高校生の時に親の仕事の都合で家族でアメリカに引っ越し、その際英語が全くわからずとても困った経験があります。私だけではありません。赴任当初は、両親も苦しんでいました。

そこで私が実体験から学んだことは、下記の2つです。

・英語が分からないと、確実に現地で損をする
・生きていけなくはないが、つらい目にあったり、苦しむ確率が増える。

英語が分からなくて本当に困ったこと

まず学校にいけません。乗るはずのバスが何時に来るのか、来週は特別に時間が変わるなどのお知らせが来ても、まず理解出来ません。お知らせがどのように来るのかすら、分かりません。
学校についても、どこに行けばよいのか分かりません。人に聞こうにも英語が分からないので無理です。

・先生の言っている事が分からない。
・宿題がどこなのかもわからない。
・やっていかない(実際は出来ない)から怒られる。
・先生が英語で何か言っているが内容不明
・でも怒られているのは分かる・・・。

思い出すだけでも、封印したくなる過去です。

実際このような辛い学校生活は約1年続き、それ以降は何とか現地の学校生活にも慣れ、無事現地の高校を卒業出来ました。

海外生活早々に困らない事前準備が大切

海外駐在員として家族も一緒に赴任するとなれば、まずは必要最低限の英語力を身に着けることをお勧めします。

絶対に必要なことではありませんが、大抵駐在員は3年とか5年とか任期が決まっていますので、その限られた期間を楽しく有意義に過ごすには、英会話力があったほうが良いと私は思います。

私が本当に効果がある英語学習法を、下記の記事にまとめましたので、興味のある方は参照下さい。

【旅行やビジネスでも使える英語力】海外移住おすすめ英会話スクール
英語出来ない海外赴任者向け英会話スクール【海外生活16年で判明】こんにちは、アキラです。 海外赴任になって海外で生活をすれば、どうしても英語力が必要になってきます。 そして最低限の英会話は仕事...
ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。