海外移住

アメリカやフィリピンに海外移住するなら知るべき電気ガス水道代比較

アメリカやフィリピンに海外移住するなら知るべき電気ガス水道代比較

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

海外移住を検討する際、まずはネットで情報収集する人が殆どだと思います。
もちろん私もそのうちの1人で、アメリカでの海外駐在員生活時代や、2019年に家族4人でフィリピンに移住する為にいろいろと調べました。

しかし私の場合は電気代や水道代、ガス代などの公共料金について、詳しい情報を見つけることが出来ませんでした。
そこでこの記事では海外(アメリカやフィリピン)の電気代やガス水道料金の実情について、私が経験したことを情報としてお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の4点について分かります。

・アメリカやフィリピンの電気料金
・アメリカやフィリピンのガス料金
・アメリカやフィリピンの水道料金
・アメリカやフィリピンの電気料金等まとめ

特にこれからアメリカやフィリピンに海外移住する予定の方にとって、少しでも参考なる記事になれば幸いです。

それでは早速始めましょう!

今回お届けする情報は我が家が実際各地で支払っていた、公共料金の年間平均値です。また前提条件は下記の通りとします。

・家族4人(子供は中学生と幼稚園)
・中小企業の勤める一般的なサラリーマン家族
・平均気候
※日本
四季あり 夏最高39度、冬最低  0度
※アメリカ
四季あり 夏最高33度、冬最低-20度
※フィリピン
四季なし 夏最高32度、冬最低 25度
・住居は日本とアメリカは一軒家フィリピンはアパート
(日本)   3LDK 約35坪
(アメリカ) 6LDK 約70坪
(フィリピン)2LDK 約30坪
・居住地はすべて地方の田舎町
・冷房
※日本
エアコン(設定温度は27度)と扇風機併用
※アメリカ
基本エアコン(設定温度は27度)
※フィリピン
たまにエアコン(設定温度は27度)
・暖房
※日本
石油ストーブ
※アメリカ
ガス暖房
※フィリピン
一年中夏なのでナシ
・節約の意識をもって日々生活
1ドル110円、1フィリピンペソ2円換算

アメリカやフィリピンの電気料金について

アメリカやフィリピンの電気料金について
私が実際に生活したことがある海外(日本とアメリカとフィリピン)の、電気代と料金比較を下記の表にまとめました。

電気代請求金額
/月平均
日本約10,000円
アメリカ約15,000円
フィリピン約7,000円

日本とアメリカとフィリピンの電気代料金まとめ

簡単にまとめると海外の電気料金は

フィリピン < 日本 < アメリカ

です。

フィリピンの電気代料金は意外に割高?

フィリピンで生活して驚いたのは、水道やガスに比べて異常に高い電気代でした。

水道代金額
/月平均
ガス代金額
/月平均
電気代金額
/月平均
日本約7,000円約7,000円約10,000円
アメリカ約11,000円約17,000円約15,000円
フィリピン約1,500円約400円約7,000円

水道代は日本の約5分の1、ガス代は日本の約17分の1に対し、電気代は2倍以下です。これはフィリピンでは特に貧困層の盗電が多く、彼らの分も我々が支払っているから高いという噂ですが・・・定かではありません。

アメリカの電気代料金は意外に割安?

アメリカの電気代は、日本やフィリピンと比べて一番高いです。
でもアメリカの電気料金、単価としては実は安いんですよ。

電気代が高くなる理由は、アメリカの場合ずばり「家の大きさとエアコン」です。

アメリカの家は基本日本やフィリピンと比べて大きく、セントラルヒーティング(24時間家中を冷暖房)ですので電気消費量(後述するガス代もですが)が多くなります。
よって大量の電気を消費していますが、それでもこれくらいの電気代料金の差しかありません。日本やフィリピンの電気代単価だったら、アメリカの電気代はもっと高いでしょう。

アメリカやフィリピンのガス料金について

アメリカやフィリピンのガス料金について
アメリカとフィリピンのガス代と料金比較を、下記の表にまとめました。

ガス代料金
/月平均
日本約7,000円
アメリカ約17,000円
フィリピン約400円

日本とアメリカとフィリピンのガス料金まとめ

簡単にまとめると海外のガス代は

フィリピン < 日本 < アメリカ

です。

フィリピンのガス料金は激安

フィリピンのガス代は、日本やアメリカと比べ安いです。
しかも後述する水道代とは違い、断トツの安さです。

水道代料金
/月平均
ガス代料金
/月平均
日本約7,000円約7,000円
アメリカ約11,000円約17,000円
フィリピン約1,500円約400円

フィリピンのガス事情

フィリピンでは日本の地方と同じく、プロパンガス(=ガスタンクを建物近くにおくタイプ)が主流です。
大人の背丈ほどのタンク新品1本が、家族4人の家庭だと約1年でカラになります。

日本やアメリカと比べると、断然使用量が少ないと思いますが、これはフィリピンでは料理以外でガスを使わない為です。

フィリピンではガスをあまり使わない

日本やアメリカではガスを暖房や給湯機などで使う為、どうしても使用量が増えます。

ちなみにフィリピンではバスタブ(お風呂)は基本有りません。すべてシャワーで、しかも基本水のみです。料理も炭やまきを使う家庭が、まだたくさんあります。

我々外国人が温水のシャワーが欲しい場合、基本後付けで給湯器を設置しますが、それはガス式ではなく電気式となる場合が多いです。

海外アメリカの冬はガス代料金が高騰する

始めにお話ししておくと、アメリカの冬はガス代の請求がとてつもなく高くなります。
逆に夏は安いですが・・・。

夏と冬に大きな差が出るガス料金

我が家(アメリカ中西部)の場合は、夏のガス料金最安値が月約50ドル(約5,500円)で、冬のガス料金最高値は約300ドル(約33,000円)でした。

この主な理由は、暖房にガスを使っている為です。

特にアメリカの家は日本と比べると大きい場合が多いと思いますので、その分温める範囲が広く結果膨大な請求額になってしまいます。

アメリカでは場所によって、マイナス10度以下の寒波が訪れます。
このような場合は水道管が凍り付く可能性があるので、しっかり暖房を活用して、数千ドルの修理費を払わないようにしましょう(笑)

アメリカやフィリピンの水道料金について

アメリカやフィリピンの水道料金について
アメリカとフィリピンの水道代と料金比較を、下記の表にまとめました。

水道代料金/月平均
日本約7,000円
アメリカ約11,000円
フィリピン約1,500円

日本とアメリカとフィリピンの水道代料金まとめ

簡単にまとめると海外の水道代は

フィリピン < 日本 < アメリカ

です。

海外フィリピンの安い水道代料金と品質について

まずフィリピンの水道代代は断トツに安いです。

また品質についても普通のアパートに住めば、(アメリカや日本では当たり前でしょうが)蛇口をひねれば透明な水が出てきます。
シャワーやお皿洗い用としてなら、問題なく快適に行えます。

ただ日本の水のような品質ではありませんので、日本人が飲めばおなかを壊すでしょう。
事実フィリピンでは飲み水用は、水道水ではなくウォーターサーバーを使っています。

ウォーターサーバー用の水は、1本5ガロン(約20リットル弱)で60円ほどですので、料理や飲み水として気兼ねなく使えます。
無くなれば近所のお店に伝え、新しいボトルを持ってきてもらいましょう。
自分でも設置出来ますが、重い(約20キロ)のでお願いしたほうが無難です。

意外に高い海外アメリカの水道代料金

アメリカの水道代は、今回の比較で結果的に1番高かったです。

なおこの料金は日本と同じく、上下水料金の合計となっています。
(フィリピンの水道料金請求書には、下水道の請求表示が無いので不明)

私はアメリカ生活を始めた当初、公共料金はすべて日本が一番高いと思っていましたがこの水道代だけは違いました。

アメリカやフィリピンの電気等料金まとめ

アメリカやフィリピンの電気ガス水道料金まとめ

最後に今までお話しした日本やアメリカ、フィリピンの電気ガス水道料金を、簡単に下記の表にまとめました。

水道代料金
/月平均
ガス代料金
/月平均
電気代料金
/月平均
日本約7,000円約7,000円約10,000円
アメリカ約11,000円約17,000円約15,000円
フィリピン約1,500円約400円約7,000円

水道代、ガス代、電気代の料金比較結果は、フィリピンが一番安く、続いて日本、一番高いのはアメリカとなりました。
実際日本とアメリカは家の大きさが同じであれば、アメリカの方が割安かもしれませんね。

今回分かったことは、生活費を抑えたいのであれば、やはりフィリピンがベストという事です。
もちろん他の安い国(東南アジアのタイ、マレーシア等)もありますが、海外移住して現地で暮らすことを考えれば、現地語に自信が無い方には英語が一番通じるフィリピンがおすすめです。

公共料金は日々の生活で影響の出る生活費ですので、もし出来るだけ節約してその分今後の人生を楽しく送りたい方には、フィリピンなどの海外移住を検討するのもアリかもしれませんね。
我が家がフィリピンに家族4人で生活した際の準備や費用、具体的な方法等について知りたい方は【実践済】家族で海外移住するには?準備や費用、具体的な方法とはをご覧下さい。

体験談:独身や家族が海外移住するには?初めからその後まで徹底解説
体験談:独身や家族が海外移住するには?初めからその後まで徹底解説家族で海外移住するには具体的にどうすれば良いか、準備や費用、具体的な方法について書いたまとめ記事です。 まず初めに家族で海外移住するには何をすべきか、知っておくべき事の説明と、その後に具体的な準備や方法、費用についても説明しています。これから家族で海外移住を検討する方に読んでもらいたい記事です。...

ご清聴ありがとうございました(^^)/

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。