海外移住

【各国の英語実力ランキング】海外移住するならおススメはどの国?

【各国の英語実力ランキング】海外移住するならおススメはどの国?

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

SNSなどを見ていると、自分自身や子供の英語力を上げたいと、海外移住や海外留学、親子留学などを真剣に検討する方が多いことに驚きます。
私自身こういった向上心が無い性格なので、正直尊敬してしまいます・・・。

私が海外生活して分かった事は、確かに英語が話せると海外旅行などでボッタクリの被害にあったり、意思疎通が全く出来ずに困るということが断然少なることです。
また子供への英語教育なども、人生の選択肢が広がるので大変有効だと思います。

私もアメリカ移住当初は何をするにも言葉が通じず、大変苦労した苦い経験があります。英語力があると大変便利でラクが出来ます!

そこで今回の記事ではこれから海外で英語を勉強したい方が、どの国や都市に語学留学や親子留学したらおトクか、各国の英語実力ランキングを基に検証したいと思います。先日EF英語能力指数(EF EPI)の2019年度版が発表されましたので、その順位を使って各国の英語力を判定します。

EF英語能力指数(EF EPI)とは、230万人以上の受験者データを集計し、国別にランク分けしたもの。
参考資料:
EF EPI 英語能力指数について
EF English Proficiency Index

また今回は海外移住を検討されている方に向け、どの国で生活すれば言葉で困りにくく暮らしやすいかについてもお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の3点について分かります。

・海外移住するならどの国?各国の英語実力ランキング
・海外移住するならどの国?東南アジア諸国のランキング
・海外移住するならどの国?英語実力以外もおススメな国

それでは早速始めましょう!

海外移住するならどの国?各国の英語実力ランキング

海外移住するならどの国?各国の英語実力ランキング

2019年度版のEF英語能力指数(EF EPI)で発表された、正解主要国の英語力ランキングは下記の通りです。

レベル2019
ランキング
国名2018
ランキング
UP or DOWN
Very high1オランダ2
2スウェーデン1×
3ノルウェー4
4デンマーク5
5シンガポール3×
6南アフリカ6
7フィンランド8
8オーストリア12
9ルクセンブルク7×
10ドイツ10
11ポーランド13
12ポルトガル19
13ベルギー11×
14クロアチア17
High15ハンガリー21
16ルーマニア16
17セルビア18
18ケニア
19スイス15×
20フィリピン14
21リトアニア26
22ギリシャ23
23チェコ共和国20×
24ブルガリア25
25スロバキア24×
26マレーシア22×
27アルゼンチン27
28エストニア26×
29ナイジェリア29
Low52ベトナム41
53日本49×
61インドネシア51
Very Low74タイ64

=前回より順位が5以上良くなった
〇=前回より順位が良くなった
△=前回と順位が同じ
×=前回より順位が悪くなった
✖=前回より順位が5以上悪くなった

予算に余裕がある方は上記のランキングを参照頂き、お好きな場所で英語を勉強すれば良いでしょう。
そして出来るだけ低予算で勉強したい方には、生活費が安く海外移住先として人気のある、東南アジアの主要国を比較することをおススメします。例えば上記の表を見る限り、東南アジア諸国の中では20位のフィリピンが1位で、26位のマレーシアがその次という結果です。

生活費が安く移住先として人気がある東南アジア諸国
・フィリピン
・マレーシア
・タイ
・インドネシア
・ベトナム

海外移住するならどの国?東南アジア諸国のランキング

海外移住するならどの国?東南アジア諸国のランキング

ここでは安い生活費が魅力の、人気東南安島諸国と日本を抜粋して比較します。

レベル国名2019
ランキング
2018
ランキング
UP or DOWN
Highフィリピン2014
マレーシア2622×
Lowベトナム5241
日本5349×
インドネシア6151
Very lowタイ7464

×=前回より順位が悪くなった
✖=前回より順位が5以上悪くなった

東南アジア諸国の英語実力は下落傾向

今回2018年と2019年を比較する限り、すべての国で下落傾向です。

例えばフィリピンですが、前回14位に対し今回は

・ポルトガル
・クロアチア
・ハンガリー
・ルーマニア
・セルビア
・スイス

に抜かれ、20位と大きく順位を落としています。

東南アジア諸国の英語実力は2分化

上記の英語力ランキングを見る限り、東南アジア諸国の英語実力は大きく2つのグループに分かれます。

①英語力が高い「High」グループ
・フィリピン、マレーシア
②英語力が低い「Low,Very low」グループ
・ベトナム
・インドネシア
・日本
・タイ

各国ランキング自体は落としているものの、上位2国(フィリピンとマレーシア)は引き続き、英語能力が高い「High」レベルとの評価を受けています。

よってもし英語力を上げるために、海外移住をするのであれば

・フィリピン
・マレーシア

の2国をおススメします。

海外移住するならどの国?英語実力以外もおススメな国

海外移住するならどの国?英語実力以外もおススメな国

EF英語能力指数(EF EPI)の英語力ランキングで分かった、英語実力が高いフィリピンとマレーシアですが、下記の希望を叶えるならばおススメなのはフィリピンの地方都市です。

・出来るだけ生活費を抑えたい
・出来るだけ移住ビザ費用も抑えたい
・移住後も何らかの形で働きたい

上記のような希望を叶えるのであればフィリピン一択です。

早期リタイア後は海外移住してセミリタイア生活!初めての国と都市

早期リタイア後は安い海外移住先でセミリタイア!初めはこの国と都市
早期リタイア後は安い海外移住先でセミリタイア!初めはこの国と都市英語が苦手でも海外移住出来るのか。海外移住する上で生活費の安い、おすすめの国や都市について説明しています。英語なら我々はある程度話すことが出来ます。よっておススメの海外移住先は英語圏です。そして生活費の安い海外移住先となれば、フィリピンの地方都市を忘れずに選択肢に入れて検討しましょう。...

逆にお金に多少余裕がある方であれば、マレーシアの方がより衛生的で近代的な生活を送れるかもしれません。

現地企業に就職を予定している方は、フィリピンでも大都市であるマニラやセブに住みましょう。地方都市には日本人が満足するような求人はありません。
現地企業で働く必要が無い方は、マニラやセブ等の大都市ではなく、生活費が安い地方都市に海外移住しましょう。

フィリピン地方都市の一例
・イロイロ
・パコロド
・ドゥマゲテ
・バギオ

海外移住後の仕事について:事前に知っておきたい仕事の種類と注意点

海外移住後の仕事について:事前に知っておきたい仕事の種類と注意点
海外移住後の仕事について:事前に知っておきたい仕事の種類と注意点海外移住して仕事をしたいなら知っておきたい、外国での仕事事情について説明しています。海外移住して仕事を探す場合、現地の企業に勤めるのか、自宅などでノマドワーカーとして在宅ワークするかの2択になります。在宅の場合は自営もしくは雇われて仕事をする方法があります。海外移住して仕事をしたい方向けの記事です。...

またフィリピンをおススメする他の理由として、他の国と比べて移住ビザのメリットが大きい点も挙げられます。

・移住ビザ(SRRV)の取得が比較的簡単で
・移住ビザ(SRRV)の費用が他の国と比べ割安で
・就労制限が無い

東南アジアにある海外移住先人気国(フィリピン、マレーシア、タイ)の移住ビザ比較の詳細については、海外に移住したいなら移住ビザが必要:人気3ヵ国のビザを徹底比較を参照下さい。

海外に移住したいなら移住ビザが必要:人気3ヵ国のビザを徹底比較
海外に移住したいなら移住ビザが必要:人気3ヵ国のビザを徹底比較海外に移住したいなら移住ビザが必要です。そこで生活費が安い移住先として人気の、3ヵ国の移住ビザについて徹底比較しています。結論はフィリピンのSRRVスマイルが、取得費用が安く就労も制限が無いのでおススメです。まずはフィリピンで生活して、海外生活に慣れたら他の国を検討するのもアリでしょう。...

フィリピンの移住ビザSRRVの具体的なメリットや費用、取得方法などについてはフィリピンの移住ビザなら何故SRRV Smileがおすすめなのかを参照下さい。

フィリピンの移住ビザなら何故SRRV Smileがおすすめなのか Smileがおすすめなのか
フィリピンの移住ビザなら何故SRRV Smileがおすすめなのかフィリピンの移住ビザなら、何故SRRV Smileがおすすめなのかについて説明しています。SRRVスマイルは一番必要な費用が安く、また出国税なども免除になるお得なビザです。フィリピンに2年以上住むのであれば、観光ビザの延長ではなく移住ビザを取得したほうが安いのでおススメです。...

私は家族とフィリピンの地方都市で生活していますが、日々の生活はすべて英語ですので問題なく過ごせています。もしマレー語やタイ語をこれから覚えるとなれば、正直厳しかったと思います。
子供の学校も基本英語ですので、英語力を身につけるにはとても良い環境だと思います。

もしお値打ちにお子さんやご自身の英語力アップを狙っているのであれば、一度フィリピンでの海外留学や親子留学を検討することをおススメします。

ご清聴ありがとうございました(^^)/

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。