セミリタイア

【体験談】サラリーマンがセミリタイアするデメリット

【体験談】サラリーマンがセミリタイアするデメリットとデメリット:サラリーマン向け

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

先日下記のようなツイートをしました。


サラリーマンがセミリタイアするデメリットについてはこれからお話ししますが、まず会社からの固定給がゼロになる点は大きいです。

「早期退職したいという人もいるけど、そもそも会社を辞めてセミリタイア生活を送ることはそんなに良いのか?」

この記事はYoutubeで音声読み上げ版も公開しています。
・別の作業をしながら…
・車や電車の中で…
・料理をしながら…
・寝る前に…
音声で聞きたい方はご活用下さい。

私自身2019年に早期退職してセミリタイア生活を始めていますが、せっかく会社から毎月給与をもらえているのに何で辞めるんだろうと思っている方も実際にいらっしゃいます。

もしも皆さんの周りにセミリタイア生活をしている人がいれば、感想を聞いてみたりすると良いでしょう。

しかし残念ながら(私の場合もそうでしたが)実際は、身近に早期リタイアした知り合いなどいないことが殆どかもしれません。

ネット上には多くのセミリタイアに関する記事がありますが、実際にセミリタイア生活中(特に既婚者家族持ち)の人が書いた情報を探そうと思うと、なかなか見つからなかったり・・・。

そこで今回の記事では、現在家族とセミリタイア中の私が感じた、サラリーマンがセミリタイア生活をするメリットとデメリットについてお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の3点について分かります。

・サラリーマンがセミリタイア:メリット
・サラリーマンがセミリタイア:デメリット
・結局サラリーマンのデメリットは環境次第

それでは早速始めましょう!

サラリーマンがセミリタイアするメリットとデメリット

サラリーマンがセミリタイアするメリットとデメリット
サラリーマンが実際にセミリタイアすれば、当然ですが良いこともあれば悪いこともあります。

ここでは会社員がセミリタイア生活した場合の、メリットやデメリットについてお話しします。

サラリーマンがセミリタイアするメリットとは

私が実際にサラリーマンを辞め、セミリタイア生活を始めて分かったメリットは下記の2点です。

もう「会社行きたくない」と思わなくてよい

日曜日の夕方などは、「また明日から会社だ・・・」と気持ちが暗くなる事も多いでしょう。

少なくとも私はそうでした。

これは別に会社がブラックだとかそういった事ではなく

・自分が本当にやりたいことではないが
・生活する為にしなければならない

環境だと、誰でも感じることです。

人間誰でも好きでもないことはやりたくありません。

理不尽なノルマやパワハラ的なプレッシャーから解放される

サラリーマンの中には会社から与えられたやるべき仕事(ノルマ)を日々こなし、時には強烈なプレッシャーを上司などから受けながら働いている方も多いでしょう。

もちろんセミリタイア生活してもノルマやプレッシャーはあります

セミリタイア数年で貧乏生活に!?インフレ対策と基礎知識について

海外移住体験記:徐々に出てくる「焦りと欲」で生活費が足りない!?

セミリタイアはリタイアではありませんので、将来のインフレや収入が発生した場合に支払うべき税金の準備や、もっと豊かな生活の為に収入を得る為の努力と結果が必要です。

セミリタイアとは何か?本来の意味と似た言葉との違いを徹底解説

しかし

サラリーマン時代の様な理不尽なノルマや、パワハラ的なプレッシャーは無くなります。

サラリーマンがセミリタイアするデメリットとは

次に私が実際にセミリタイアして分かったデメリットは、独身の方と既婚者の方で少し違ってきます。

独身の場合:1人の時間が増え老後のリスクが増える

独身者が早期退職やセミリタイア生活を始めると、自分が望まない限り世の中との関わり合いが極端に減ります。

つまり1人ぼっちになり、1日もしくは数日間一言も話さない生活になりがちです。

この環境を寂しいと感じる方にとっては、デメリットとなります。

またサラリーマンを辞めてセミリタイア生活を始めれば、当たり前ですが安定した給与はもう手に入りません。

今後自分で収入を得る必要がありますが、もしうまくいかなかった場合は誰からも助けてもらえない可能性もあります。

サラリーマンでは無いので厚生や国民年金の恩恵も、定年まで働いた方よりは断然少ないです。

よって会社を早期退職してセミリタイア生活を始めれば、貯金に余裕が無ければ老後のリスクは増えるでしょう。

既婚者の場合:夫婦のケンカが増える

早期退職やセミリタイア生活を送ると、少なくとも初めの1年は夫婦ケンカが増えます

「子供が成人したり旦那が定年退職したタイミングで熟年離婚する」などという話を聞いてはいましたが、似たようなことがどの家庭でもこのタイミングでほぼ起こるでしょう(笑)

我が家でもやはり発生しました。

そしてこの原因は多くの場合「働きに出ていた側」にあります。

例えば我が家の場合ですが、奥さんは今まで何十年も同じ環境で自分のペースで生活してきたのに、ある日突然その環境に旦那(=私)が入ってきた。

今まで会社ばかりにいたのに、急にほとんど家にいる。
そして今まで言われていないようなクレームを言われる。

・掃除や洗濯が効率的ではない
・何で今までこんなやり方?
・買うものに無駄が多い。在庫が多い
・何でこんなやり方をしているのか?
・無駄が多い!むだムダ無駄!!

随時このような事を言われれば、配偶者はたまったものではなく結果ケンカになります

我が家の場合このようなケンカはおかげさまで収まりましたが、今後早期退職を目指したり定年後奥様と仲良く過ごしたい方に、私から生意気ですがアドバイスがあります。

それは・・・

・家庭は会社ではない
・家族は会社の部下や後輩ではない

という事です。

こんなこと当たり前だと思うかもしれませんが、会社で部下や後輩に取っているような「厳格かつ厳しい態度」を家族に対して取るのはやめましょう

仕事人間として会社で働いていると、ついつい

・整理整頓だ!
・改善だ!
・ムダをゼロにしろ!

といった習慣が体に染みついています。

今までは仕事で疲れ切って家に帰ってくるので気づきませんでしたが、会社を辞め心に余裕が出来た途端に家の中の「アラ」が目につくようになります。

しかしそれらを奥さんに指摘し、攻めるのはやめましょう!

無利益な争いが生まれ、ケンカになるだけ
です。

無論改善は必要ですがそれは少しづつ行えばよいのです

早期退職した途端に言い争いが増え、家庭トラブルが多発し、結局家族が不幸せになるのでは最悪です。

サラリーマンがセミリタイア!デメリットは環境次第

サラリーマンがセミリタイア!デメリットは環境次第

結局のところセミリタイアするべきサラリーマンは、メリットがデメリットを上回る人です。

つまり

定年までサラリーマンでいることが苦痛な人

です。

もし(私の様に)サラリーマンでいる事が辛く苦痛であれば、下記の記事を参照してセミリタイアする為に本気の行動をしましょう。

もし会社が嫌いなサラリーマンなら、セミリタイアするデメリットなど関係ありません。
会社員を辞める為の行動を今すぐしたほうが幸せになれます。

※独身向け

独身が本気で早期リタイアとセミリタイア生活を目指す方法:準備編

独身が本気で早期リタイアとセミリタイア生活を目指す方法:準備編
独身が本気で早期リタイアとセミリタイア生活を目指す方法:準備編独身が本気で早期リタイアやセミリタイア生活を目指す為の準備方法について書いた記事です。早期リタイアを実現するにはやるべき行動がいくつもありますので、まずはそれらに時間をかけられるような環境づくりが大切です。独身の方におススメの海外勤務と、セミリタイア生活の為の転職活動について説明しています。...

独身が1000万円でセミリタイア!メリットとデメリットを徹底解説

独身が1000万円でセミリタイア!メリットとデメリットを徹底解説
独身が1000万円でセミリタイア!メリットとデメリットを徹底解説独身が1000万円貯金してセミリタイアした場合のメリットやデメリットについて説明しています。独身なら1000万円あれば8年ほどセミリタイア生活が出来ますので、その間に自分なりの収入源を確保すれば、その後もセミリタイア生活が可能になります。1000万円以上貯めれば余裕のある生活になりますが、セミリタイアする時期が遅くなってしまいます。...

※既婚者家族持ち向け

5000万円を分散投資して家族とセミリタイア生活する方法

5000万円を分散投資して家族とセミリタイア生活する方法
5000万円を分散投資して家族とセミリタイア生活する方法5000万円を分散投資して、家族とセミリタイア生活する方法について説明しています。私の場合は5000万円のうち6割を一般的な投資信託と現金で、3割を個人年金&1割を生命保険で運用中です。これにより家族4人のセミリタイアが完了です。これからセミリタイアを目指す既婚者の方に向けた記事です。...

WHOが2018年に発表した資料によると、相変わらず日本人の平均寿命(男女平均)は84歳で世界1位だそうです。

(ちなみにアメリカ79歳、フィリピン69歳、カメルーン59歳)
※参考資料:MEMORVA世界平均寿命ランキングWHO2018年版

男女別では
・女性は87歳で1位
・男性は81歳で2位(1位はスイス)

何歳で早期退職するかにもよりますが、もし定年前にサラリーマンを辞めるならば、少なくとも20~30年くらいは自由な時間が持てそうです。

月並みの言葉ですが、一度しかない人生です。

今後の時間をどう有意義に使うのか、仕事が忙しいとなかなか難しいかもしれませんが、奥様やご家族と話し合ってはいかがでしょうか。

ご清聴ありがとうございました(^^)/

私が会社を早期リタイアしセミリタイア生活を始める為に行った具体的な準備や方法、お金やその他詳細の情報について知りたい方は、まとめ記事【実践済】徹底解説!独身や既婚者が家族とセミリタイア生活する方法をご覧下さい。

【実践中】早期退職して海外移住!独身や既婚がセミリタイアする方法
【実践中】早期退職して海外移住!独身や既婚がセミリタイアする方法独身や既婚者が家族とセミリタイア生活する、具体的な方法についてお話ししています。私は2019年から実際にセミリタイア生活を始めていますが、成功させるためにはまず事前に知っておくべき知識が大切です。次に具体的な行動やその後のセミリタイア生活についても事前に知っておくことで、効率的な方法で目指せます。...
ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。