セミリタイア

早期退職したあとにやることは健康管理!ダイエットで医療費ゼロ生活

早期退職したあとにやることは健康管理!ダイエットで医療費ゼロ生活

こんにちは、アキラです。

早期退職を実現したら、いよいよ夢のセミリタイア生活が始まります!

しかし実際は家族4人で毎月20万円の生活費で暮らす、貧乏ではありませんが決して余裕のある生活ではありません。
なので少しでも出費は抑えたい!

そこで忙しい方にお勧め:早期退職後に「有名なダイエット」を試した結果でお伝えした通り、退職したあとにやる事としてダイエットに取り組み始めました。

忙しい方にお勧め:早期退職後に「有名なダイエット」を試した結果
忙しい方にお勧め:早期退職後に「有名なダイエット」を試した結果会社員として日々働いていた私は、不規則な生活やストレスなどが原因なのか、30代後半から体重が増え始め、体形もぶよぶよになってきました。 ...

目的はただ1つ。余計や出費を抑える為です。
病気になれば薬代や治療費が必要ですし、ムダな間食やお菓子を減らせば効果大です!

あれから約1ヶ月・・・ダイエットは成功するのか?
無駄な出費は抑えられるのか?
医療費はゼロになるのか?

具体的にはこの記事を読むことで、下記の3点について分かります。

・早期退職した後に行ったダイエットは効果があったのか
・早期退職した後にやることは「規則正しい生活」の理由
・早期退職した後にやるべき具体的な健康管理法

それでは早速始めましょう!

早期退職した後に行ったダイエットは効果があったのか

早期退職した後に行ったダイエットは効果があったのか

残念ながら今回のダイエットでは、あまり目立った効果はありませんでした。

それどころか筋肉量が減り、基礎代謝が落ちたのでダイエットには逆効果です!

早期退職後
(2019年11月)
タニタ
評価
早期退職後
(2019年12月)
タニタ
評価
体重(kg)62.361.1
BMI22.121.6
体脂肪率(%)19.1標準+18.9標準+
筋肉量(kg)47.75標準47.00標準
推定骨量(kg)2.6標準2.6標準
内臓脂肪9標準9標準
基礎代謝(kcal/日)1376標準1352標準
体内年齢(才)3939

前提条件
・早期退職前は退職約1ヶ月前の測定値
・早期退職後は退職約6ヶ月後の測定値
・退職前は暴飲暴食不規則不摂生の生活
・退職後は基本規則正しい食生活(詳細別途参照)
・退職後のダイエットは、つらいガマンはしない
・測定にはタニタBC-314を使用
・参照資料:タニタBC-314取扱説明書

なお今回行った主なダイエット方法は、下記の3点のみです。
前回のような運動は、今回取り入れませんでした。

・暴飲暴食を控えて規則正しい生活を意識
・夕飯から朝食まで12時間以上空ける
・運動はしない

早期退職した後にやることは「規則正しい生活」の理由

早期退職した後にやることは「規則正しい生活」の理由

早期退職をした後はやることも少なくなるので、会社員時代には出来なかった規則正しい生活をするチャンスです。

・朝6時30分までに起床
・朝食は朝10時前後まで食べない
・昼食は普通に好きなものを食べる
・夕食は午後6時30分までに食べ終える
・炭水化物よりたんぱく質を取る努力をする
・暴飲暴食はしない
・運動は基本しない

上記のような生活をしたら、今回の結果になりました。

夕食と朝食の間を12時間以上空ければ、少なくとも太り続けることはなさそうです。

退職したあとにやることは暴飲暴食を減らした生活

早期退職してた後にダイエットで健康管理を行う上で、非常に怖いのがこの暴飲暴食です。

もちろんストレス全開のサラリーマンの方に、暴飲暴食をしないように言ったところで無理なのは、私も元会社員で同じだったので分かります。

しかし出来るだけ暴飲暴食する回数を、減らす意識と努力をまずは始めましょう。
この時点ではまだ暴飲暴食しても構いません(笑)。
まず意識と努力を始める事で、毎日暴飲暴食していた人ならば、例えば2日に1日になり効果が出るかもしれません。

早期退職したあとにやることは食事管理!粗食のススメ

今回ダイエット生活を行う上で、食事を粗食にすることが特に効果がありました。

食べ過ぎない効果

粗食にすることにより、食べ過ぎない効果があります。
以前はメインとなるおかずを3種類前後用意し、それらを堪能する為に大量のお米を食べていました。
しかし粗食にすることで、過度のおかずやお米を食べることが無くなります。

お財布にも優しい粗食効果

また粗食を心掛けることにより、食費を下げることが出来ます。

これはセミリタイア生活である我が家だけでなく、サラリーマン生活を送っている方々にとってもうれしいことでしょう。

浮いたお金はプロテイン購入に回せば、今後更にダイエット効果が倍増しそうです(笑)。

早期退職した後にやるべき具体的な健康管理法

 

今回のダイエット結果を基に、次回から始めるダイエット方法は下記の通りとします。

今後これが「早期退職した後にやるべき健康管理方法」になるのか、次の1か月間で検証していきたいと思います。

・朝好きなだけ寝ててOK。起床後プロテインを飲む
・朝食はお昼まで食べない
・昼食は普通に好きなものを。飲めたらプロテインを飲む
・夕食は午後10時30分までに食べ終える。
・ジャンクフードよりたんぱく質を取るように心がける
・暴飲暴食はせず粗食を心掛ける

これなら無理せずに続けられるはずです。

・プロテインの力を借りる。高いが社会人なら出せる金額
・睡眠時間は減らさない
・朝食をプロテインにする=昼食まで空腹感を抑える(下記で説明)
・夕食から昼食までプチ断食時間を確保(男性は16時間以上はNG)
・ジャンクフードは極力NG
・タンパク質が多い食材=納豆、とうふ、鶏むねささみ、卵など

忙しい人には規則正しい生活や健康管理は無理?

早期退職しても相変わらず忙しく、日々激務で働き続ける人たちに

・朝6時30分までに起きて
・夕飯は6時30分までに食べて
・夜9時までには寝る

といってもほぼ無理かもしれません。
なので来月から実験するダイエットでは、今までの様な不規則な生活のままでOKです。

早期退職したあとにやることはプロテイン摂取!

今ではプロテインを摂取していませんが、途端に筋肉量が落ち脂肪の減少率も下がりましたので、プロテインはやはり取ったほうが良いものだと私は思います。

現在の人体実験が終わったら、来月からはプロテイン接種を再開して、どれくらいの効果があるのかをお伝えする予定です。

プロテインの重要性は、下記のYoutebe動画をご覧ください。

このYoutubeでおすすめされているプロテインはこちら。
味はプレーンの他に、ココアやメロンなどがあるようです。

日本に住んでいる方はこちらから。
1キロ入りです。

アメリカに住んでいる方はこちらから。
全く同じものは手に入りませんが、脂肪分も少なくおすすめです。
5パウンド(約2.3キロ)入って、上記とほぼ同じ値段です。
やはりアメリカはプロテイン安いですね。

退職してやることは支出削減効果があるダイエット

退職してやることは支出削減効果があるダイエット

忙しすぎる会社員の方は、ダイエットや健康管理など構っていられないかもしれません。
よって出来るだけストレスにならず、意識しないでも続けられる方法が必要です。

プロテインは安くありませんが、簡単にダイエットできるアイテムの1つと考えれ購入しましょう。
会社員であれば購入出来ない金額では無いと思います。

あとは上記の内容を出来るだけ守り、日々生活するだけで痩せられます。
「痩せてどうするのか」と聞かれることがありますが、私は

・粗食になることによる食費削減
・肥満からの脱却による病院代薬代の削減
・体系維持による衣服代の削減

と都度答えています(笑)。

そして節約したお金で将来に向けた追加投資や、自分や家族への投資に向けましょう!

将来に向けた追加投資の重要性や、具体的な方法についてはセミリタイアする為の投資について:結局具体的に何をすれば良いの?をご覧下さい。

セミリタイアする為の投資について:結局具体的に何をすれば良いの?
セミリタイアする為の投資について:結局具体的に何をすれば良いの?セミリタイアする為の投資について、結局具体的に何をすれば良いのかについて書いた記事です。どうしても日々の仕事が忙しいと、セミリタイアしたいと思っていても必要な事が何か分からず、結果行動出来ずに何年も時間だけが過ぎてしまいます。セミリタイアをしたい!だから投資を始めたいという方に向けた記事です。...

また自分や家族への投資の一例(例えば英語力をつけて将来の可能性を広げる)については、海外駐在する英語出来ない家族子供向け英会話スクール【移住歴16年】を参照下さい。

家族で海外移住生活:子供と一緒&短期で英語力と英会話学習する方法
海外駐在する英語出来ない家族子供向け英会話スクール【移住歴16年】この記事では海外駐在する英語が出来ない家族や子供向けの英会話スクールについて説明しています。移住歴16年の経験を基に、海外駐在で本当に役に立つ英語力を学べる英会話スクールを紹介します。これから海外移住する方や、家族で子供と一緒に英会話スクールで勉強したい方に読んで欲しい記事です。...

ご清聴ありがとうございました(^^)/

ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。