セミリタイア

早期退職してブログで情報発信:セミリタイア生活成功のコツと注意点

早期退職してブログで情報発信:セミリタイア生活成功のコツと注意点

こんにちは、アキラ(@akirakaigai_com)です。

2019年に約20年間務めた会社を早期退職し、家族とフィリピンの地方都市でセミリタイア(アーリーリタイア)生活を始めてからあっという間に3ヶ月が過ぎました。

ようやくフィリピン地方都市での生活にも慣れ、早期退職後にイメージしていた海外生活のメリット以外に、先日のブログ記事フィリピンの問題点を徹底検証!海外移住して分かったデメリット6点で書いた様なマイナスな部分も徐々に見えてきました。

フィリピンの問題点を徹底検証!海外移住して分かったデメリット6点
フィリピンの問題点を徹底検証!海外移住して分かったデメリット6点海外移住して初めて分かったフィリピンの問題点は6点あり、その中でも排気ガスの問題点が一番大きいデメリットです。このデメリットが受け入れられないと、フィリピンへの海外移住は難しいでしょう。これからフィリピンへ海外移住する方、問題点やデメリット、課題を事前に知りたい方向けの記事です。...

そこで今回の記事では早期退職してブログを始めた既婚者の40代が、実際に家族とセミリタイア生活を始めて分かった成功のコツと注意点についてお話しします。

具体的にはこの記事を読むことで、下記の2点について分かります。

・実際に早期退職して分かった成功するコツ
・実際に早期退職して分かった注意すべき点

それでは早速始めましょう!

早期退職の実情をブログ発信:セミリタイア成功のコツ

早期退職の実情をブログ発信:セミリタイア成功のコツ
実際に40代で早期退職(早期リタイア)して一番初めに気づいたことは、身近にいてくれる人(私の場合は奥様)の偉大さです。

これは早期退職後のセミリタイア生活を成功させる上で非常に重要なので、今回ブログで情報展開しています。

これはセミリタイアに限ったことではないかもしれませんが、もしどうしてもやり遂げたいことがあるならば、まずは自分の一番近くにいる人に味方になってもらうことが成功させるコツです。

例えば30代や40代で早期退職をする場合、世の旦那様はいわゆる働き盛りの年齢です。
給与もそれなりの額をもらっている方が多いと思います。

私の場合40代で早期退職しましたが、家族の稼ぎ頭が「セミリタイアしたい」と言ってきたら奥様は驚きましたし、当然ですが初めだから大賛成してもらえることもありませんでした。

それでも

1.きちんと現在の状況や
2.セミリタイア後の生活などについて
3.分かりやすく説明し
4.自分の一番身近な人に
5.納得してもらい味方になってもらう

上記の5点が早期退職してセミリタイア生活を成功させるコツです。

40代既婚者がセミリタイアをする場合、年齢的に子供への学費や食費などの生活費が増えてくるタイミングなので注意が必要です。

セミリタイアすれば会社員の様な固定給与が無くなりますので、お金に余裕が無い生活ともなれば家族とのケンカが増えて、結果家族が不幸せになります。

そうならない為の具体的な注意点2つについては、セミリタイアしたい!でも家族や親族を不幸にしない為の2大注意点をご覧下さい。

セミリタイアしたい!でも家族や親族を不幸にしない為の2大注意点
セミリタイアしたい!でも家族や親族を不幸にしない為の2大注意点この記事ではセミリタイアする際、家族や親族を不幸にしない為の2大注意点について説明しています。 1つ目は家族や親族に迷惑をかけない方法。2つ目は目標設定の大切さについてお話ししています。これから家族とセミリタイアを目指したい方に、読んでもらいたい記事です。...

ブログで情報発信:早期退職の成功に重要な「身近な人」

例えば多くの夫婦は当初「一緒に幸せになりましょう」との思いで結婚したと思います。

そして旦那(もしくは奥さん)は配偶者(奥さんもしくは旦那さん)と幸せになる為に働き、配偶者は家事に専念したり、時にはパートに出たりして家族としての生活が始まります。

しかしある日突然・・・

会社を早期退職してセミリタイアしたいんだけど

と旦那さんが言ってきたらどうなるでしょうか。

私が妻なら

分かったけど今後の生活はどうするの?

と聞きます。そして納得のいく説明を受けられなければ、

そんな計画じゃ無理!

と言うでしょう。

それでも強引にセミリタイアを主張しようものなら

そんな計画では今後幸せに暮らせるとは思えない。話が違う!

となり、最悪離婚の危機になりかねません・・・。

ブログで情報発信:早期退職の成功に重要な「段取り八部」

昔の人は言いました。「段取り八部の仕事二部」と。

「事前の準備が大切なんだよ」という意味だと思いますが、まさしく早期退職やセミセミリタイア生活にはぴったりの言葉です。

旦那が早期退職をしたいと奥様に言えば、ほぼ間違いなく配偶者(奥様等)はガッカリするでしょう。

理由は上記でお話しした通り

・これから一番給与が増える時期
・これから一番子供にお金がかかる時期

だからです。

しかし配偶者へ丁寧に説明し、セミリタイアすることに賛成してもらえれば、もうこっちのものです(笑)。

・くじけそうなときにも応援してくれ
・早期退職実現に向けて支えてくれる

最強の味方になってくれます。

という訳でまずは

・早期退職したいです
・早期退職をしても引き続き
・家族で楽しく生活出来ます
・その根拠はこれをみて下さい

という事を、自分の一番身近な人に用意した資料と共に具体的に説明することが、早期退職やその後のセミリタイア生活を成功させる上で大切なコツです。

早期退職の実情をブログ発信:セミリタイアの注意点

早期退職の実情をブログ発信:セミリタイアの注意点

実際に体験して分かった早期退職後のセミリタイア生活で注意すべき点は、まず初めにお金に関する心配を無くさないと失敗するということです。

お金については私のブログでも数多く記事として取り上げていますが、それだけ早期退職してセミリタイア生活を始める為には大切なことです。

セミリタイアする為の投資について:結局具体的に何をすれば良いの?

セミリタイアを目指すなら利用すべき資産運用のメリットや福利の力

例えば配偶者(奥様等)は会社で日々働く我々旦那達が、日々大変なのは(おそらく)理解してます。

朝早くから遅くまで働き、週末も仕事だったり接待や付き合いだったり。

でも旦那が辛い仕事をすることで、会社から給与をもらって生活しているのであれば、引き続きつらくても家族のために働き続けてもらわなければ困るというのがホンネでしょう。

我が家の場合も同じです。

朝から晩まで働いている私を奥様は心配してくれるのと同時に、今後の生活に不安が残るようでは決して奥様から早期退職やセミリタイア生活は了承されません。

「きれいごと」では生活出来ませんので当たり前です。

よって我々が早期退職してセミリタイア生活を送る為には

・十分な貯金をして
・会社からの給与が無くても生活出来る

仕組みを作るしかありません。

ちなみに私の場合は

・アメリカ中心の株式で
・30歳前半で資産運用を初めて
・毎月決まった額を追加投資して

5000万円を貯めて45歳目前で早期退職しました。

5000万円を作る為の具体的な方法や必要期間については、独身や既婚が5000万円貯金して確実にセミリタイアする方法を参照下さい。

また自分が早期退職やセミリタイアする為に必要な貯金額について知りたい方は、セミリタイアする為の資金は人それぞれ!必要な資金を貯める方法をご覧下さい。

例えば資産運用を利用して、不労所得を得られる仕組みを作り、奥様や家族にセミリタイアすることを認めてもらう。

そして家族全員で楽しいセミリタイア生活に向けて、投資や節約などの具体的な行動が出来れば最高だと私はこのブログで説明しています。

人生リタイアしたいが具体的な行動はゼロ!残された時間と必要な時間

しかし現実の世界では早期退職やセミリタイアは、反対される可能性が高いでしょう。

・もし失敗したら再雇用も難しいのでは?
・せっかく給与が多いのにモッタイナイ
・定年まで働けば満額の退職金が・・・

反対される理由はおそらく上記のようなものだと思います。

しかし本気で早期退職やセミリタイア生活を目指すのであれば、私のブログやネット上の情報を上手に活用しながら、これらに負けない強い意志と準備&説明で乗り切りましょう!

私のような特にとりえもない、中小企業のサラリーマンでも早期退職出来ました。

早期退職やセミリタイア生活は決して夢の話ではありません。

ご清聴ありがとうございました(^^)/

私が30歳前半から資産運用を始め、45歳目前でセミリタイアした具体的な方法や準備、必要だったお金などの詳細について知りたい方は、まとめ記事【実践済】徹底解説!独身や既婚者が家族とセミリタイア生活する方法をご覧下さい。

【実践中】早期退職して海外移住!独身や既婚がセミリタイアする方法
【実践中】早期退職して海外移住!独身や既婚がセミリタイアする方法独身や既婚者が家族とセミリタイア生活する、具体的な方法についてお話ししています。私は2019年から実際にセミリタイア生活を始めていますが、成功させるためにはまず事前に知っておくべき知識が大切です。次に具体的な行動やその後のセミリタイア生活についても事前に知っておくことで、効率的な方法で目指せます。...
ABOUT ME
Akira
約20年のサラリーマン生活を2019年5月で終え、今後会社員以外のことをして家族4人で生きていこうと決意。 これからは小さな町へ海外移住し、静かに過ごすことを狙っている40代。